3月30日(水) 生醤油ぶっ掛けうどんならぬ、地獄うどん    

澱粉の入っていない小麦粉と食塩水のみで造られた乾麺のうどんを、少し硬めに茹で上げて、そのまま水洗いせずに丼に盛る。けして水にさらしてはいけない。

丼に盛られた熱々のうどんは、心地よく湯気を出している。そこへ、削り節、そして、七味、さらに醤油を程良い塩梅でたらして、よくかきまぜ熱々のうちに啜り上げる。

これぞ、麺そのものの味を堪能するうどんの食べ方である。筑波山北西部のこのあたりでは、その食べ方を、『地獄うどん』という言われ方をしている。俗に言う、生醤油ぶっ掛けうどんという食べ方である。

子供の頃、乾麺製造所でもあった我が家は、よくこの食べ方で乾麺のうどんを食べたわけなのである。時々、無性に、その地獄うどんが食べたくなり、昨夜も食べた。

乾麺のうどんと、削り節(別になくても良い)醤油、これさえあれば、うどんの最高に美味しい食べ方が出来るという訳だ。

是非、お試しあれ!!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
3月29日(火) がってん寿司    

キチンとした寿司店はどうも苦手、でもそこそこ美味しい寿司が食べたい!!そんな時は、迷わずここへ駆け込む。

近くの浜・・・よりは、同じ感覚でオーダーしても倍の価格になるけど、それは美味しいのだから仕方がない。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
   
3月28日(月) とちおとめサンド・・北関東限定    

栃木県の真岡市、益子町、茂木町あたりは、イチゴのブランド品である『とちおとめ』の産地であるが、そのとちおとめを使用した『とちおとめサンド』なるものを発見。そして、ついつい購入してしまう。

パンはココアパンを使用しているので、パンの甘みと、とちおとめの酸味とが絶妙なるハーモニーを醸し出している。

珍しく、新しいものを見掛けると、つい買ってしまう・・・致し方ない商人の性といったら、言い過ぎだろうか?

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
3月27日(日) 晩酌のあとに・・・。    

晩酌でそれなりにツマミを腹におさめてあるので、ほとんどはその後の、ご飯だとか麺類だとかの炭水化物は控えている。お陰で体調もすこぶる良い。体重は、目標の75キログラムまでもう一息といったところ。

ところが昨晩は、19日製造の弊社のなまそばが、冷凍ストックしてあったので、、その食味試験がてらの、〆の蕎麦を味わった。

七味、揚げかすを汁の中に落として、思い切り蕎麦を啜り上げると、これがまた、何とも良い蕎麦喰いの絶妙なパフォーマンスとなる。

どうもご馳走様でした!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
   
3月26日(土) 種物蕎麦が食べたい、しかし・・・・。    

蕎麦屋さんに行きたいが、忙しくてなかなか行けない。だが、どうしても温かい種物蕎麦が食べたい!!そんな時は、これに尽きる。ヤマダイのカップ天ぷら蕎麦。

油で揚げていない蕎麦は、おそらく、麺をα化加工させた後、低温熟成乾燥させた製法だと思うが、麺そのものが生きている為に、自然と蕎麦屋さんの麺に近くなっている。それなりに風味とコシもある。

また。鰹だしの利いた汁は言わずもがなの旨さ。天ぷらもそれなりにパリッカラッ感がある。

蕎麦屋さんに行きたいけど行けない・・そんな欲求不満の解消には、うってつけの製品である!!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
   
3月25日(金) 懐かしのカレーだし・・麺のスナオシ・・・カレー南蛮蕎麦    

とても懐かしいカレー南蛮ダシ。スナオシのカップ麺のカレー南蛮蕎麦。格安価格で販売されている。

何もない時の軽食として、また、小腹が空いた時に、棚にストックしてあると重宝である。また、味噌汁替わりに、ご飯のお供にも最高の一品である!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
3月24日(木) もとしろ蕎麦屋の天丼セット    

昼時、下妻市方面へ出掛けたので、もとしろで食事。

天丼セットを冷たい蕎麦でオーダーしてみる。蕎麦屋さんの技術レベルを図るには、天丼セットをオーダーすると、一目瞭然だ。

冷たい蕎麦を食べることで、蕎麦そのものと汁との出来具合を読み取ることができるし、天丼を食べることで、天ぷらの揚げ具合、天つゆの良し悪し、それから、ご飯の炊け具合と、読み取ることが出来る。

年に数回、この店は訪れるが、来る度に、確実に技術レベルがアップしていることが分かる。近い将来、この近隣では繁盛店として君臨することとなるだろう!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
   
3月23日(水) 龍神麺のまぜ蕎麦と塩ラーメン    

知人が昼時に来社したので昼ご飯を一緒に食べに行く。向かった先は、細芝のラーメンの名店、『龍神麺』。この知人は、ラーメンが好物に付き、迷わず駆け込む。

知人、まぜそば、私、塩ラーメン。知人の注文したまぜそばが、いかにも美味しいそう。塩ラーメンが美味しいのは、以前に何回も食べているので、それは分かっている。

前でまぜそばを食べている知人の顔がいかにも幸せそうである。生卵や魚介粉なども麺の上に乗っていて、それをぐちゃぐちゃに混ぜて食べている。汁のないラーメンだが、それがまた良いところ。

よし、次回は私も、そのまぜそばとやらをいただいてみることとしよう!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
3月22日(火) 弊社第二工場直売所    

平成13年秋のオープンだったから、今年(平成28年)で15周年を迎える。一口で15年というと、短いようだが長い。また、長いようで短い。

東日本大震災の時は、一部、傾き、また、建物にヒビなど入り、少なからずとも被害を被ったが、どうにか、無事、切り抜けた。

15周年迎えたからといって、何か特別、イベント等、考えているわけではないが、(あまりお祭りごとが好きではない)まだまだ、蕎麦粉、麺、麺の関連商品などなど、蕎麦を愛する人たち、乾麺ギフトなどなど・・・・そんなお客様のお役に立てる様、20周年、25周年、30周年へ向けて邁進したいと考えている所存である。

皆様、どうぞ柿沼製粉第二工場直売所を引き続き、お引き立ての程、よろしくお願い申し上げます。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
3月21日(月) 蕎麦屋で憩う・・もとしろ・・・下妻市    

下妻市に所在する蕎麦屋さん。焼き鳥を日本酒で胃に流し込み、〆に山菜蕎麦。 何となく無性に種物が食べたかった。

鰹だしたっぷりの汁は、みりんとかえしとのバランスもよく、とても美味しい。

これなら、下手な居酒屋さんに行くこともなく、この店がちょうどよい。いろいろツマミのメニューも豊富だし、蕎麦も美味しいし、言うことなし! ご馳走様でした!!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
   
3月20日(日) 贅沢ざるそば・・千葉・・・茂野製麺製    

茂野製麺さんの乾蕎麦の新製品。蕎麦粉の配合率も6割とかで、乾麺の蕎麦としては高配合率となる。

かなり食感のよい蕎麦で、星粉も散りべまれ、なかなか良い感じ。因みに、蕎麦粉に関しては弊社の物を使用していただいている。

ご馳走様でした!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
   
3月19日(土) 口が曲がってしまう程のしょっぱい汁    

昨年できた蕎麦屋さん。弊社からもクルマで5分と近い。

都内問屋の常務さんが見えたので、誘って初訪問。

天盛り蕎麦をオーダーする。大盛りにしても1000円で余裕でお釣りがくるというリーズナブルさ。

ところが、汁がいただけない。表題のような表現がふさわしい汁。(ダシの旨味がまったく感じられない)

このあたりを改善しないと、存続は厳しいかもしれない。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
3月18日(金) ごほうの桜蕎麦と野菜寿司のセット    

季節感満載のセット物を食べてきた。ごほう下館本店。

桜蕎麦と野菜握り寿司のセット物。今年の春は、温かさも相まって、桜の花も普段よりは早く咲くだろう。

そんな季節感を先取りしたメニューだ。とても美味しくいただき、どうもご馳走様でした!!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
3月17日(木) 龍神麺のパーコー麺    

何となくガッツリとしたものが食べたく、パーコー麺をオーダーする。パーコー麺とは、醤油ラーメンの上に豚肉の揚げたものが乗っているものだ。

とても美味しくいただき、どうもご馳走様でした!!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
3月16日(水) 元気アップNO1・・にしむら蕎麦店・・・天ザル蕎麦    

都内玄蕎麦問屋営業マンが来社。蕎麦粉の星粉その他の件で。

いつものにしむらさんでお食事。最近はもっぱら天ザル蕎麦。これのみ。

玄蕎麦の状態が良いのか、はたまた、水回しその他、打ち具合も良いのだろうか、1月以来、何度か来ているが、いつも天ザル蕎麦を注文する。それだけ出来栄えがよく、美味しいという証しだ。

なんやかんかと、にしむら蕎麦店から帰ってきても14時半くらいまで、業界の話で盛り上がり、時間の経過を忘れて話し込む。貴重で有意義な時間を過ごせた次第である!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
3月15日(火) ラーメン専門店のような味・・ハマグリラーメン・・・浜寿司    

白味噌ラーメン、煮干しダシラーメン、そして、このハマグリラーメンと、浜寿司のラーメンシリーズは、なかなかの味でラーメン専門店よりも上かな・・というくらいに、よく出来たラーメンだ。

寿司はちょっと(日光の手前?)あれだが、このラーメンはわざわざでも食べに行きたいくらいの味だ。

寿司を食べた後に、〆としてはうってつけのラーメンである!ご馳走様でした!!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
3月14日(月) 25年前に訪れた記憶をもとに・・とん喜・・・旧下館市    

25年くらい前に何かの会合で訪れた記憶をもとに再訪。少し奥まったところでの営業ではあるが、根強いファンに支えられている。

ロースかつ定食を食べたが、肉の柔らかさ、ご飯の炊き具合、味噌汁も旨さ、キャベツの量とも、すべてが素晴らしい。

また行ってみよう。ご馳走様でした!!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
3月13日(日) 客を唸らせる味・・龍神麺・・・桜川市真壁町細芝    

どこへ出しても恥ずかしくないっていうか、誇らせる味。龍神麺。

久々に食べたが、感動する味。海老つけ麺は圧巻の美味しさ。

時間によっては順番待ちの行列ができる。こういうことは、ココ真壁ではあり得ないこと。それくらいに人気があるということだ!!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
3月12日(土) いつ食べても納得の味・・割烹小島・・・下妻市小島    

旨いっ!! いつ食べても納得の味と安さ。

近くにあれば2日に1回くらいは行きたいところだが、クルマで30分ではちょっと。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
3月11日(金) 大衆中華・・香味鮮・・・桜川市真壁町飯塚    

格安、デカ盛りで有名な香味鮮。

久々に行ったが、味の方もランクアップされていて美味しかった。また行ってみよう!!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
3月10日(木) ドイツ料理・・エルベ・・・筑波西武7F    

ドイツ料理を食べに行ってきた。筑波西武内のエルベというレストラン。

ドイツ料理と言ったら、ソーセージとビールである。大体そんなもんである。ここもまさしくその通り。

和食好きの私にとってみれば、少々物足りなさは否めないところだが、2対1の多数決で店選びも決まったことなので、それに従うしかない。

まあでも、たまには・・・・。

※ソーセージとビールは取りとめて、『まあこんなもんだろう』と、いったところですが、豚肉の煮込みみたいなのは、絶品の味でした。相当、柔らかく煮込んであるので、手間暇が掛かっているのでしょう。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
3月9日(水) 埼玉・営業部長氏来社    

埼玉は粉問屋産の営業部長氏が来社されたので、早速、にしむら蕎麦店へ。

最近はもっぱら天ザル蕎麦、これのみ。きょうのも美味しかった。ご馳走様でした!!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
 
3月8日(火) ラーメンだい友    

桜川市椎尾に所在する『ラーメンだい友』。 久々に出掛けて食べてきた。

私、ハーフ醤油ラーメン、同行者、ネギ味噌ラーメン。いといろと注文した後、〆に食べたので、ハーフとした。(食べ過ぎ注意!)

ネギ味噌ラーメンも少しもらい味見させてもらったが、なかなか良い味!

やるな!だい友!!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
 
3月7日(月) 群馬県産小麦使用・・・うどん    
心なしか、モチモチ感に秀でた感じのうどん。まあまあの出来具合かな?
 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
 
3月6日(日) 伊香保温泉・・松本楼・・蕎麦バイキング    

伊香保温泉へ日帰り入浴に行ってきた。

目指したホテルは松本楼というホテル。何故なら、2000円弱で、蕎麦バイキングが食べられるという。ただの蕎麦バイキングならば見送ったかもしれないが、なんと、蕎麦は十割蕎麦なのだという。

これを聞いたら、行くしかあるまい。桜川市からも北関東道を使うと2時間余りで行ける。以前ならば、4時間覚悟であったが、高速道路のお陰で、時間も半分に短縮された。

着くや否や、まず温泉を堪能し、その後、蕎麦バイキング会場へ。おそらく、押し出し式製麺機によるものだとは思うが、しっかりと蕎麦の味もするし、こんな温泉旅館にしては、十二分に満足出来る蕎麦であった。天ぷらも目の前で揚げてくれるのもなかなか良い感じである。

その後、伊香保名物の石段散策、さらには、少し奥の榛名湖までドライブして、なかなか充実した休日を満喫した次第である!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
 
3月5日(土) 熟れた蕎麦の試食    

2月18日製造の弊社のなま蕎麦を試食してみた。およそ、製造後、2週間以上経過した蕎麦である。

色こそ、少し黒みが濃くなってしまっているが、甘み、コク、風味、これはなかなかのものであった。

でも、いくらなんでも、多少、品質保持の添加物を使用しているものの、きょうあたりが品質的には、限界ぎりぎりで最後の食べ時であったろう。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
   
3月4日(金) 抜群のパフォーマンス・・天ザル蕎麦880円    

昼時、この店の近くを通ったので、寄り、食べてきた。

しかし、これが880円とは安い。天ぷらも揚げ立てだし、蕎麦こそ、どこかの製麺所のものだが、キチンと冷たく水切りされているし、天つゆとそばつゆも別々の容器に入れられているし、(そば専門店でもこれが出来ていないところが多い)・・・。数え上げたらきりがない。

下妻市の割烹小島。 定食類なども豊富だし、メンチカツ定食など、なんと550円と、いまどき600円以内で定食が食べられる。魔法のような店。家から遠いのが難点である!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
3月3日(木) かまや食堂の宴会料理・・〆の山菜うどん抜群の旨さ    

先日、桜川市真壁町亀熊の名店、かまや食堂へお呼ばれ事に招待され出掛けてきた。

いろいろな料理を冷たいビールで胃に流し込み、やはりお酒が入ると、〆には汁物が恋しくなる。

そんなことを分かっていたかのように〆には種物の山菜うどんが出てきた。ラーメンではちと、きついかなぁ〜と考えてたところ、山菜うどんとは嬉しい限りである。

あまりに美味しかったので、血圧も考えず、汁もほとんど飲み干してしまった。

ご馳走様でした!!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
3月2日(水) 骨までボリボリ、濃厚な旨さ・・鰈からあげ&モツ煮込み    

10日に1回くらいは行き、堪能してくる。クルマで30分近く掛かるが、それでも余ってお釣りがくるほどの旨さ。

下妻市、割烹小島の品々。ご馳走様でした!!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
3月1日(火) 駅前居酒屋・・下館駅北口・・庄屋    

下館駅北口、庄屋で食事。

いろいろ種類注文しても、驚くような安さ。栄養も偏らないし、近所ならば2日に1回は通いたくなる店。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
TOP
カレンダー
2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
             
 前月   翌月 
過去の記事
 2016年02月 
 2016年01月 
 
 2015年12月 
 2015年11月 
 2015年10月 
 2015年09月 
 2015年08月 
 2015年07月 
 2015年06月 
 2015年05月 
 2015年04月 
 2015年03月 
 2015年02月 
 2015年01月 
 
 2014年12月 
 2014年11月 
 2014年10月 
 2014年09月 
 2014年08月 
 2014年07月 
 2014年06月 
 2014年05月 
 2014年04月 
 2014年03月 
 2014年02月 
 2014年01月 
 
 2013年12月 
 2013年11月 
 2013年10月 
 2013年09月 
 2013年08月 
 2013年07月 
 2013年06月 
 2013年05月 
 2013年04月 
 2013年03月 
 2013年02月 
 2013年01月 
 
 2012年12月 
 2012年11月 
 2012年10月 
 2012年09月 
 2012年08月 
 2012年07月 
 2012年06月 
 2012年05月 
 2012年04月 
 2012年03月 
 2012年02月 
 2012年01月 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロフィール
【名前】 柿沼 勝雄
【血液型】 A型
【星座】 いて座
【趣味】 野球・仕事
【性格】 まじめ・頑固
【好物】 麺類・イカの塩辛