12月29日(火) 年末限定、太切り田舎蕎麦の試食    

年末限定の太切り田舎蕎麦の試食をした。年末は年越し蕎麦で、弊社第二工場直売所においても生蕎麦の需要もそれなりにはある。

そこで、この時期だけ、田舎蕎麦粉を使用した太めで黒い蕎麦も製造している。何せ、この太めの黒い蕎麦は、年に一回しか製造しないので、失敗は許されない。

きょうは先日製造したそんな田舎蕎麦を試食した。茹で時間こそ、5〜6分掛かるが、食感、歯応えとも、我ながらよくできた蕎麦だと思う。

おすすめは、温かいけんちん汁や、または、鴨汁などをつくり、冷たく冷やした太めの蕎麦を、そんな熱々の汁で食べるのが、もっとも美味しい食べ方である。是非とも!!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
12月27日(日) がってん寿司・・・旧下館市    

がってん寿司が最近私のお気に入りでもあり、またまた出掛けて晩酌がてら食事をしてきた。(本日で3回目の訪問)

ツマミを頼み、酒を少々呑み、〆に好きな握りを少々。満足。

腹八分目でどうもご馳走様でした!(最近は食事も健康を考えて、腹八分目としている。)

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
12月26日(土) 焼肉一喜の手打ち蕎麦・・・桜川市    

同じ桜川市真壁町内の焼肉一喜へ行き、焼肉で精を付けてきた。焼肉と言っても、私の場合、タン塩などを軽くつまんで終わりだが・・・。

日本酒、マッコリなど酒を堪能するのが、第一の目的でもある。そして、ここ一喜は、マスターの打った蕎麦も美味しい。

肉、腹五分目、そして、蕎麦。ちょうど腹八分目にて終了。すべてが美味しく、ご馳走様でした!!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
   
12月25日(金) 居酒屋・天城・・JR下館駅北口    

本当はこの近くの庄屋という居酒屋に行ったのだが、あいにく満席にて入れなかった。なので、隣のここへ流れた。

個人経営の居酒屋のようだが、返ってそれが当たりだった。酒も豊富にあるし、料理も品数が多い。それより何より、価格がリーズナブルだ。

モツ鍋など本場博多顔負けの美味しさ。また来てみよう!ご馳走様でした!!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
12月24日(木) 弊社、生蕎麦の試食    

きょうの晩酌後の〆の麺。弊社の生蕎麦。蕎麦粉の状態を見る為にも、時々試食しないといけない。概ね、良い状態で製麺されていると思う。

※めんつゆは、最近ハマっている創味食品の物です。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
 
12月23日(水) 味川柳ざるうどん    
きょうの晩酌後の〆の麺。 滑らか且つ、シコシコ。とても美味しかった!ご馳走様でした!!
 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
12月22日(火) 弊社、生ラーメンをつけ麺にて食す!    
きょうの昼ごはん。プリップリの麺が美味しかった。ご馳走様!
 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
 
12月21日(月) 佐野ラーメン・・・コンビニ麺    
なかなか美味しいコンビニのラーメンだ。今から30年前では信じられないような、美味しさの進化。ご馳走様!
 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
   
12月20日(日) お歳暮商戦最終週    

きょうあたりでお歳暮商戦も最終週で、きょうは朝からそんな乾麺の箱詰め作業でてんてこ舞いだった。これで今年のお歳暮もほぼ終わり、こんどは年末商戦へ向けての最後の追い込みである。

さて、そんなことで、きょうの晩酌後の〆蕎麦は、写真の通り。 黒目のやぶ風蕎麦と、白目の更科風蕎麦の二品茹でて食べてみた。メーカー名は忘れてしまった。(スーパー、エコスで買ったもの)

どちらも特徴のよく出た蕎麦で、それぞれ白目、黒目の相反するのど越し、食感を堪能した次第だ。

どちらが美味かったかと問われれば、どちらも甲乙付けがたい。 両方に軍配が上がると言っていいだろう。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
12月19日(土) 憂さ晴らしその2・・・常陸秋そば・・・弊社製    

きょうも蕎麦屋さんには行けなかった。そんな本日の憂さ晴らしは、晩酌後の乾麺の蕎麦、弊社の常陸秋そばを茹でて食べた。

めんつゆは、最近は創味食品のものに凝っているので、その汁を使用した。のど越し、食感、ほのかな蕎麦の味、まあ、晩酌後ともあって、十二分とはいかないが、八分目程で満足した次第である!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
12月18日(金) 時期的に工場内仕事多く、蕎麦が食べられない!    

昼飯を外に食べに行くことも、また、ちょっとした外出仕事もなかなかできず、工場内作業に掛かり切りで、蕎麦屋さんに蕎麦を食べに行くこともできない。なので、ストレスもほぼMAX状態にある。

そんな時は、自社他社問わず、乾麺の蕎麦などを食して、ストレスの発散、憂さを晴らしている。

きょうはそんなことで、近所のスーパー、エコスで買ってきた茂野製麺さんの味川柳ざる蕎麦を食べてみた。のど越し、コシ、独特の歯応えを堪能した次第だ!ご馳走様でした!!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
   
12月17日(木) 笠間市・小田部氏    

笠間市の米穀卸、並びに、蕎麦の仲買人兼検査員の小田部氏には、大変お世話になっているところでもある。

今年もいち早く、笠間市以北の良質な蕎麦を納入していただき、また、弊社の契約栽培の谷貝蕎麦組合の蕎麦も、キチンと検査していただき、小田部氏なしでは、弊社の営業は成り立たないところでもある。

まだ少し早いが、来年もよろしくお願い申し上げまする。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
12月16日(水) 弊社生冷凍蕎麦試食    

11月30日製造の弊社のなまそばを冷凍してあったものを試食してみた。

凍ったままでも茹でられるのだが、きょうは時間もあったことだし、自然解凍したものを食べてみた。

最近、妙に気になっている熟成蕎麦にも関連することなのだが、(まあ、冷凍ということで、熟成でもなんでもないのではあるが・・・)どうも味の深みは、少し時間をおいた方のがよく出るようだ。

マグロにしても然り、牛肉にしても然り。蕎麦も同様、打ち立ても良いが、時間が経ったのもなかなか良い味を出しているように思う。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
   
12月15日(火) 関西某メーカー並びに問屋さんとにしむら蕎麦店へ・・・。    

12月も中旬を迎え、何かと忙しなくなってきた。

さて、そんな中、関西某メーカーと都内問屋さんが見えたので、久々ににしむら蕎麦店へ昼ご飯を食べに行ってきた。

2か月ぶりくらいになるだろうか? 久々の天ザル蕎麦は、きょうは大当たりで、とても美味しかった次第である! どうもご馳走様でした!!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
   
12月14日(月) 手前味噌だが、なかなか美味いラーメンである!    

弊社の生ラーメン。その名も、粉屋が造った生ラーメン。

プリプリコキコキ、なんとも言えない食感。また、ラーメン独特のかん水の香り。マルちゃん醤油スープで食べれば、そこはバラ色のパラダイス。こんな表現がふさわしいラーメンである!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
   
12月13日(日) ごほう・下館店で海鮮料理を食してきた!    

ごほう下館店で海鮮料理を食べてきた。本当はがってん寿司下館店へ行ったのだが、異様な程に混んでいて、そちらは諦めてこちらへ流れてきたという次第である。

でも、なかなか質の良い海鮮系を、これでもかというくらい堪能してきたので、満足である。

どうもご馳走様! 久々のごほう、とても美味しかった!!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
   
12月12日(土) つけけんちん汁蕎麦    

セブンの新製品のようである。特にけんちん汁は良く出来ている。ただ、いつものように、蕎麦は、ほぐし水なるものを掛けて、ほぐして食べないと、とてもじゃないが、くっ付いていて上手に食べられる代物ではない。

まあでも、概ね、良く出来ている製品だと思う。 ご馳走様!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
12月11日(金) せいろ、究極はコクと甘みを、色目は特うす、丸うす、丸うすあら挽きで・・。    

弊社の蕎麦粉と、某直売所にて販売されていた蕎麦粉で、それぞれ粉の状態を見る為の手打ち試験、並びに、食味検査を行った。

弊社の究極の蕎麦粉並びに、せいろ蕎麦粉は、甘皮部分も極端に微粉に仕上げてあるので、水捏ねの十割蕎麦が簡単に打てるように開発した蕎麦粉だ。

反対に、特うす蕎麦粉や、丸うす蕎麦粉、丸うすあら挽き蕎麦粉などは、甘皮の色目を残しつつ、製麺業者、手打ち蕎麦店向けの、いわゆる、プロ向き、業務用仕立てに開発した蕎麦粉で、いわゆる、打ちやすさよりは、一工夫、二工夫しないとなかなか上手く打てない蕎麦粉でもある。

究極、せいろ蕎麦粉は、上下の石臼の溝で、蕎麦を練るように挽き上げている。なので、多少、色目は微粉にする際、焼けが進む。でも、上下の石臼で練るようにして蕎麦の旨味を引き出している。俗に言う、甘みとくコクというものである。粉の状態で舐めてみると、そこにはピーナッツクリームのような甘さを感じることができる。

以上のように、弊社の蕎麦粉も、ラインナップ的には、それぞれ多種多様に取り揃えてある積もりであるので、それぞれの特徴を出した蕎麦打ちライフを堪能していただきたいと思うきょうこの頃である。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
12月10日(木) 千葉・小麦粉メーカー並びに埼玉・問屋と丸三蕎麦店へ    

きょうは千葉の小麦粉製粉メーカー並びに埼玉問屋といっしょに、真壁町内、丸三蕎麦店へ昼ご飯を食べに・・・。

久々の丸三蕎麦店。 天鶏蕎麦大盛りにて。 蕎麦、汁、かき揚げ、鶏肉の四味一体のハーモニーを満喫してきた次第である!

どうもご馳走様でした!!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
12月9日(水) 都内の居酒屋はレベルが違う!    

先日の都内出張の時、打ち上げにとある駅前の居酒屋さん、いや、カテゴリー的には、割烹店になるかもしれないが、そんなところに行ったわけなのである。

普段は、私は田舎の居酒屋さん、とは言っても、居酒屋チェーン店が多いのだが、やはりそんな都内の個人店の居酒屋さんは、出てくる品が、みな本格的で、田舎のチェーン店の品とは比べ物にならないほどの品であったということだ。

まあ、イカの刺身などは活き造りで、あまった部位は揚げ物にしてくれるし、刺身全般、他、諸々、出てくる品の良さに驚嘆したほどである。

蕎麦という(うどんも)食材を扱っている我が身、時には一流の食材、品、メニューを味わい、本物の味を嗜み触れておかないと、と、こう思った次第だ。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
 
12月8日(火) 近所のラーメン屋さん    

鶏だしベースに中太のちじれ麺。チャーシューは、これまた鶏肉のチャーシュー。こんな下館ラーメンの王道をいくラーメン店、いや、実際には大衆食堂が、弊社の近くにある。

きょうの昼ごはんは、そんな下館ラーメンを満喫してきた次第である!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
12月7日(月) がってん寿司    

隣の下館に、がってん寿司という埼玉に本部を置く回転寿司店がこの度、オープンした。

カテゴリー的には高級回転寿司店に入るのだろうか。

酒も豊富に揃えてあるし、ツマミ類も充実している。もちろん、メインの寿司も充実していて、ネタも良い。何より、シャリを機械ではなく、人間が実際に握っているのがよい。

浜寿司愛好家である私ではあるが、しばらくは、こちらに鞍替えとなりそうだ!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
   
12月6日(日) これも蕎麦、あれも蕎麦!    

どん兵衛の袋物のインスタント蕎麦。きょうはこれで簡単な昼ごはん。なかなか旨し!

マルちゃんインスタント袋物蕎麦が、懐かしい昔ながらの味に対し、こちらどん兵衛は、進化したインスタントの袋物の蕎麦といったところだろうか?

どちらも甲乙つけがたい袋物インスタント蕎麦である!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
12月5日(土) 食研カレー    

なんでもレトルトカレーグランプリNO1の製品だそうである。

食べてみると、確かに美味しい。レトルトカレーというと、どういうカレーであれ、いくぶんのレトルト臭というものがするのだが、これはまったくしない。

玉ねぎや肉などもルーの中に溶け込んでいて、濃厚である。なかなかの逸品。お奨めである!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
12月4日(金) けんちん蕎麦・・常陸秋そば・・・コンビニ調理蕎麦    

先月29日の日記に続き、出た!常陸秋そば仕立てのけんちん蕎麦。

差別化は図れるかどうか、果たしていかに?

でも、こちらのほうのがザル蕎麦タイプより種物なので、いくぶん美味しく、何となくではあるが、蕎麦の味を噛みしめると若干だが、甘みが強いように感じられる。

このように大手業者が、産地指定で商品開発をしてくると、ただでさえ、弱小たる身である弊社のような家内工業業者が、原料高騰という現実にさらされ、益々、厳しく、苦しくなってくるというものだ。

でも、頑張るのみだ!!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
12月3日(木) 乾麺の蕎麦、常陸秋そば・・弊社製    

きょうは自社製品でもある、乾麺、常陸秋そばを、試食を兼ねての食事である。

乾麺の蕎麦に風味や香りを求めてはいけない・・・これが私の持論であるが、そうは言いつつも、いくら乾麺でも香りや風味があるのに越したことはない。

弊社の強みは、挽きたて蕎麦粉を使用して乾麺を製造しているので、そういう観点からすると、まだ他社よりはいくらかは恵まれているのだろうと思う。

まあ、それなりに出来栄えのよい、弊社の乾麺の蕎麦だった。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
12月2日(水) 割烹小島(下妻市)でお食事    

きょうは下妻市の割烹小島まで食事に出掛けた。私は、美味しいものを食べることで、モチベーションを上げ、また、日々の生活が上手くいくようになると思っている。

さて、そんなきょうの夕餉は、割烹小島名物の、生姜焼き定食だ。懐かしい、おふくろの味を堪能してきた次第である! どうもご馳走様でした!!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
12月1日(火) きょうから12月、早いもので今年も一か月を残すのみ    

きょうから12月である。早いもので、今年も今月1カ月を残すのみだ。

さて、そんな12月初めの晩御飯は、きりたんぽ鍋と日本酒の大吟醸でもって英気を養った。

どちらも、とても美味しく、12月初めの夕餉にふさわしいもので、これで怒涛の12月も乗り切れるであろうと、確信した次第である!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
TOP
カレンダー
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
             
 前月   翌月 
過去の記事
 2015年11月 
 2015年10月 
 2015年09月 
 2015年08月 
 2015年07月 
 2015年06月 
 2015年05月 
 2015年04月 
 2015年03月 
 2015年02月 
 2015年01月 
 
 2014年12月 
 2014年11月 
 2014年10月 
 2014年09月 
 2014年08月 
 2014年07月 
 2014年06月 
 2014年05月 
 2014年04月 
 2014年03月 
 2014年02月 
 2014年01月 
 
 2013年12月 
 2013年11月 
 2013年10月 
 2013年09月 
 2013年08月 
 2013年07月 
 2013年06月 
 2013年05月 
 2013年04月 
 2013年03月 
 2013年02月 
 2013年01月 
 
 2012年12月 
 2012年11月 
 2012年10月 
 2012年09月 
 2012年08月 
 2012年07月 
 2012年06月 
 2012年05月 
 2012年04月 
 2012年03月 
 2012年02月 
 2012年01月 
 
 2011年12月 
 2011年11月 
 2011年10月 
 2011年09月 
 2011年08月 
 2011年07月 
 2011年06月 
 2011年05月 
 2011年04月 
 2011年03月 
 2011年02月 
 2011年01月 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロフィール
【名前】 柿沼 勝雄
【血液型】 A型
【星座】 いて座
【趣味】 野球・仕事
【性格】 まじめ・頑固
【好物】 麺類・イカの塩辛