9月26日(土) 何もないお昼時など、これが良い、味もそこそこまあまあである!    

何もおかずがない、また、ご飯もない時など、これがあれば便利である。インスタント袋めんやカップラーメンなどは、どうも健康に悪そうだ、でも、蕎麦ならば・・・。ヘルシーである。

この袋めんの蕎麦は、麺も油で揚げておらず、自然乾燥させた蕎麦なので、健康にも良い。麺は、風味、味こそ、蕎麦本来の味とはほど遠いが、食感と滑らかさで勝負していて、食べやすく、ツルツルと美味しい。しかも、液体の濃縮汁が美味しくできている。

コンビニにおける小割蕎麦もそうだが、このようなインスタント袋蕎麦など、概ね、汁が美味しく出来ている。いや、汁を美味しくしなければ、商品価値などなかろうが故の、汁を美味しくしている訳なのである。

棚にひとつストックしておくだけで、何もない時のお昼ごはんも有意義なものになるものである!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
9月25日(金) 真壁伝承館前・宮本肉店のとんかつ、アジフライ、コロッケなどなど    

真壁伝承館前の宮本肉店は、注文してからとんかつかとかアジフライだとか、コロッケなどを揚げてくれる。

店のおばちゃんが、愛情、真心こめて丹念に揚げてくれる。お昼前に行って、揚げ立てのとんかつやアジフライのどをおかずに、炊き立ての新米などを食べると、もう何物にも代えられない美味しさと満足と悦びを得ることができる。

2月の真壁の雛祭り時に、そんな宮本肉店の揚げものを是非とも味わっていただきたい!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
9月24日(木) 浜寿司下館店    

回転ずしはとても便利である。空いているときに行けば、ものの3分で食事にありつける。寿司はもちろん、一品料理、そして、〆の麺類までもある。

でも、あくまでも空いている時に行くのが第一の条件である。私は並んででも混雑店に入る・・・と、こういうことは嫌いなので、自然と並んでいればその店は避ける。並んでまで食べることはないと思っているからだ。

さて、そんな意味で、空いている時の浜寿司などは、とても便利なのである。〆のラーメンなど、専門店に勝るとも劣らない味なのである。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
 
9月23日(水) シルバーウイーク最終日、バテたので肉を食らう!    

きょうはシルバーウイークの最終日。こんなシルバーウイークなどは私個人的に言えば、もっての他で、5月のゴールデンウイークだけで十分だ。

さて、そんなシルバーウイークの最終日、宮ステーキ下館店で肉を食らってきた。シルバーウイーク自体、数年に一回(前回は2009年か)のことなので、まだまだ世の中にはそんなに浸透しておらず、よって、弊社の得意先も弊社が営業していると思い、注文の電話が入る。

社員は世の中と同様、休みにしてしまったので、私自身が20日の日曜日以外は、急ぎの配達でてんてこ舞いだった。

でも、普段何かと顔を出せていないお得意さんにも今回、配達でお邪魔させていただき、数年振りにお会いした、とある蕎麦屋の主人などとも、珈琲をいただきながら話し込めて、昔話に花が咲いたものである。そういう点ではよかったかな?とも思った。

さて、話は横道に逸れてしまったが、お陰さまで有意義なこの4日間でもあり、また、体も少々バテ気味というわけで、宮のステーキで精を付けるということに相成った訳である。

ご馳走様でした!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
9月22日(火) 蕎麦の白い綺麗な花が咲いた・・でもこれからが大切なのだ!    

蕎麦の綺麗な白い花が咲いた。もう少し経った頃が見頃である。蕎麦の白い花はいろんな印刷物などに使用されているが、(かく言う弊社もパンフなどには使用している)蕎麦と言ったら、その白い花がもっともインパクトが強く、一般受けしやすいのも事実なのだ。

でも、蕎麦の白い花はどういう場所にでも咲く。弊社の倉庫の前のアスファルトの切れ目の少しの土の部分にも咲く。溝の水に触れていない土の部分にも咲く。

白い花が咲いたからと言って豊作になるとは限らない。昨年も見事な綺麗な花が咲いたが、10月中旬に来襲した二つの台風によってペケ、台無し。

インパクトの強い蕎麦の白い花に騙されてはいけない。見た目、同じような蕎麦の実でも、大体、不作の年程、実の付きが悪いものが多い。蕎麦のいちばん外側の殻だけ異様に成長してしまった鬼殻蕎麦などは昨年の蕎麦の特徴だ。殻だけ膨らんでしまって中身の伴っていない蕎麦になってしまっているのだ。また、中身が空洞に近い蕎麦なども不作の年には多い。さらには、胚芽だけ異常に成長してしまったものなど。 胚芽だけ成長してしまったものなどは、粉にしてからでないと分からないことが多い。思い付く原因がないのに、蕎麦が切れやすい粉などは、この胚芽が異常に成長してしまうことが原因なのでは、と、私個人的には考えている。

まあ、胚芽だけ異常に成長してしまった蕎麦以外は、精選段階で除去されてしまい、粉にはならないから製品として出荷されることはないが、我々のような製粉業者は45キロの重さで価格が決定されるのでたまったものではない。上記のような製品にならないような原料に対してでもお金を払っているのだから・・・。

いずれにせよ、綺麗な白い花が咲いた、そして、これからの10月期が良い蕎麦になるかならないか、それが大切なのだ。言わば、それは神のみが知ることなのである!!期待しようではないか?

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
   
9月18日(金) 第一弾、レラノカオリに続き、第二弾雨竜産を石臼製粉しております。    

第一弾の北海道産新蕎麦、レラノカオリに続き、第二弾、雨竜産を只今現在挽いている。レラノカオリは新品種ではあるが、雨竜産は、キタワセ種である。

どちらも、産地的には、北空知管内である。北空知といえば、いちばん最初に思いつくのは、幌加内ではあるが、蕎麦の産地、何も幌加内だけではなく、上記のように、雨竜町や深川市なども、その北空知に含まれる。

以前、北海道の蕎麦畑の視察に行ったことがあるが、北海道は土地が広大なだけに、蕎麦畑の規模もこちら本州とは規模が違う。遥か一面、見渡す限り、地平線の果てまで蕎麦の白い花で埋め尽くされている。

我が住む北つくば管内には、そのような蕎麦畑は、1、2箇所あるかどうかである。(今度、紹介させていただくが・・・。)

まあ、いずれにせよ、雨竜産が予想に反して、緑濃き甘皮のむき実(丸ヌキ)であったので、写真に収めて紹介させていただく。

※なかなか近年稀にみる緑濃き丸ヌキです。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
9月16日(水) 鬼太郎蕎麦の天もり蕎麦(桜川市真壁町)とたもん庵のうどんセット(下妻市)    

鬼怒川の堤防決壊による行方不明者15人がいたが、それも誤報というか、間違いであって、ただ、連絡がつかなかったということだけで、無事であったので、関係者の方々は胸を撫で下ろしたことだろう。

でも、二名の方がお亡くなりになられた。甚だ、残念である。我が家からも直線距離で20キロ足らずのところで起きた今回のことは、他人事のようには思えない。

さて、きょうは、時々私が利用するお店をご紹介させていただく。そのひとつは、桜川市真壁町内の『鬼太郎』蕎麦店である。ここの天もり蕎麦が美味しく、ときどき利用させていただいている。ふわっと揚がった天ぷらが美味しく、また、蕎麦も甘めの汁とのバランスがよく食べやすい。天ぷらのふわっと揚がった食感は、薄力粉のみの使用で、卵だとかコンスターチの入っていない、いわゆる天ぷらミックス粉使用ではないので、そのような食感になっているのだろう。

もうひとつは、下妻方面から先の方へ出掛けるときによく利用する店だ。それはイオン下妻内の『たもん庵』といううどん専門店だ。丸亀製麺方式で、いつもそんなにこのたもん庵は込んでおらず、5分で食事にありるつけることが有難い。

大体、私はうどんは乾麺派で、蕎麦屋さんへ入っても、まず、うどんは注文しない。じゃあ、何故うどんなの?と、問われれば、イオン下妻店内には蕎麦店がないからである。まあ、いずれにせよ、このたもん庵はそこそこの味なので、空腹を満たすには十分である。

※写真1枚目は、鬼太郎蕎麦の天もり蕎麦。2、3枚目は、たもん庵の海老天、玉ねぎ天乗せうどんとカツ丼のセット。たいへん、美味しゅうございました。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
9月13日(日) この度の鬼怒川の堤防決壊による浸水被害    

この度の鬼怒川の堤防決壊により被害に遭われた旧石下町、水海道市、並びに下館市、関城町の方々に心より御見舞い申し上げます。まだ行方不明者も15名ほどいらして、関係者の方々は心配で眠れない日々が続いていることと思います。重ねて御見舞い申し上げます。

当日、栃木県内に降った600ミリの強い雨、そして、このへんの鬼怒川流域に降った300ミリの雨が、一気に大河、鬼怒川に流れ込んでしまったので、その堤防も水の勢いを防ぐことが出来ずに決壊してしまったと思われます。

また、ご心配をお掛けしております弊社についてですが、お陰さまで、弊社については何ら被害はなく無事でありました。お気遣いいただき、どうもありがとうございました。

また、農作物等への被害についてですが、浸水地域は収穫前の水田が多いと記憶していますが、どうでしょうか、いろいろ考えると心が痛みます。また、蕎麦畑への被害は、まだよく分かりません。もう少し時間が経てば農作物等への被害状況も分かってくると思います。

以上、取り急ぎ近況報告をさせていただきました。先ほども書きましたが、弊社への影響はなく、通常通り営業させていただいておりますのでどうぞご安心ください。今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

※平成27年産北海道産新蕎麦が入荷しましたので18日(金)より出荷させていただきます。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
9月8日(火) 那由多(つくば市)    

TXつくば駅まで来客を迎えに行ったので、昼時間も近いし、久し振りに食べてみたくなり、この那由多という店に寄ってみた。

蕎麦の店の特集では必ずと言っていい程、取り上げられる店だ。とにかく、提供される蕎麦が良いのは当たり前だが、運営自体も私などに言わせれば変わっていると言ってよい。

店を入ったところに、店主は気まぐれなので、その日、その日で多少、バラつきが出ます。それでも良かったらどうぞ・・・。的なことが破れ掛かった紙にマジックで書かれている。来客も一瞬、それを見て変わっていると思ったことだろう。

メニューの価格も高い。ひとり千円以上は覚悟しないといけない。大体、私はこれを声を大にして言いたいのだが、蕎麦という、江戸時代からの庶民的な食べ物、あんまり高いのでは庶民的でなくなる。

懐石料理ではないのだから、どうなのかな?とは思うが、それぞれその店のやり方でもあるし、風格を出しているのだから、あんまりそんなことを言っても仕方がない。余計なお世話になってしまう。

まあ、それぞれ賛否両論あろうが、提供されている蕎麦は確かで、レベルも特A級なのは確かであるので、是非、一度は行ってみて美味しい蕎麦を啜ってきてみてはいかがだろう。

※看板も出ていませんので分かりづらい場所ですが、それでも開店と同時に客が流れ込んできます。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
9月6日(日) かに甲羅本店(つくば市)    

思い切り蟹が食べたくなったら、迷わずここへ行く。というか、大体、我が家の近隣には蟹料理専門店など、まずない。

当日、5000〜6000円のコース料理を食べたが、一度に全部出てくるのではなく、食べ終わるのを見計らって後のを届けてくれる。懐石風でとても良いなぁと思った。

お客様の接待などに最適だ。TX研究学園駅から約クルマで5分と、立地も良い。商売的に言うと、蟹料理の〆に、手打ちの二八蕎麦などあると最高なのだが・・・。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
 
9月4日(金) 今朝の蕎麦畑の様子    

日照不足が多少気になるが、今朝の弊社近くの蕎麦畑の様子を写してきてみた。

8月25日時より、茎も20〜30センチになり生育しているのが分かる。我が子が成長していくように、日々、蕎麦が生育していくのを観察するのも楽しいものである。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
9月2日(水) 親子丼セット(にしむら蕎麦店)    

都内問屋さんが来社したので、近くのにしむら蕎麦店へ向かう。久し振りに、親子丼セットの冷たい蕎麦を注文した。

親子丼やカツ丼などの丼物、何といっても、蕎麦屋さんで丼物と言ったら、これらが定番だ。ホクホクの鶏肉を甘辛の醤油ダレをまとい食べる。至福のひと時である。蕎麦も美味しい。

こんな食事を、いろいろ情報交換しつつ食べる。有意義な時間。こんな時耳にした情報が、我が商売魂の血となり肉となる。

どうもご馳走様でした!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
   
9月1日(火) 冷やしめん    

きょうから9月。猛烈な残暑も一休みし、なんとなく朝晩は秋の気配が漂う。

さて、そんな秋がそこまでやってきている今日この頃、せめてもの、夏の名残りを惜しむべく、中華の冷やし麺の食べ比べを行う。

ひとつは弊社の乾麺の冷やし中華。茹で時間が2〜3分掛かるが、麺がコキコキとしていて、酢醤油が麺に絡み美味しい。

ところが、猛暑だったこの夏、販売数量を間違えてしまい、造り過ぎで余ってしまいトホホ。なかなか上手くいかない。

もうひとつはコンビニで買ったピリ辛つけ麺。いつも思うが、この手のタイプの麺は、茹でてから時間がかなり経過しているために、くっ付いているのが難点。それを水でほぐすというやり方。でも、これでも購入する人がいるからこういう商品がある。いずれ淘汰されるとは思うが・・・。

そんな麺を夏の終わりに食べたという訳だ。とりあえずはご馳走様!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
TOP
カレンダー
2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
             
 前月   翌月 
過去の記事
 2015年08月 
 2015年07月 
 2015年06月 
 2015年05月 
 2015年04月 
 2015年03月 
 2015年02月 
 2015年01月 
 
 2014年12月 
 2014年11月 
 2014年10月 
 2014年09月 
 2014年08月 
 2014年07月 
 2014年06月 
 2014年05月 
 2014年04月 
 2014年03月 
 2014年02月 
 2014年01月 
 
 2013年12月 
 2013年11月 
 2013年10月 
 2013年09月 
 2013年08月 
 2013年07月 
 2013年06月 
 2013年05月 
 2013年04月 
 2013年03月 
 2013年02月 
 2013年01月 
 
 2012年12月 
 2012年11月 
 2012年10月 
 2012年09月 
 2012年08月 
 2012年07月 
 2012年06月 
 2012年05月 
 2012年04月 
 2012年03月 
 2012年02月 
 2012年01月 
 
 2011年12月 
 2011年11月 
 2011年10月 
 2011年09月 
 2011年08月 
 2011年07月 
 2011年06月 
 2011年05月 
 2011年04月 
 2011年03月 
 2011年02月 
 2011年01月 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロフィール
【名前】 柿沼 勝雄
【血液型】 A型
【星座】 いて座
【趣味】 野球・仕事
【性格】 まじめ・頑固
【好物】 麺類・イカの塩辛