11月30日(日) 居酒屋の〆の蕎麦・・JR下館駅北口・『魚民』    

さて、JR下館駅北口、居酒屋蕎麦シリーズも、とりあえずはきょうで最終回としようではないか。

きょうは、北口を出て、すぐ左側に所在する魚民だ。これも大手チェーン店となる訳だ。下館駅北口には、この3軒の居酒屋チェーン店がある。

今回で魚民の蕎麦を食べて、とりあえずは制覇したことになる。

さあ、ひとしきり呑み食いしてお腹も満たされてきたら、ここでもやはり〆は蕎麦。ここはザル蕎麦などのシンプルなメニューはなく、鶏せいろ蕎麦なるものがあった。

よって、迷わずそれを注文する。冷たいザル蕎麦に、温かい鶏汁という組み合わせになっている訳だ。いわゆる俗に言う、ひやあつという食べ方。(讃岐うどんではないが・・・)

茹で冷凍蕎麦に、温かい鶏汁。そこそこに鶏のダシも利いていて、ここの蕎麦がザル蕎麦というシンプルではないメニューであったので、いちばんの工夫をしていることに好感が持たれる。

20代や30代と若い頃は、呑んだ後の〆はラーメンということが多かったが、今の私にはそれは胃袋に負担が掛かる。やっぱり、今の私には、呑んだ後は蕎麦・・・これに限る。

ご馳走様でした!

※太めのゴワッとした田舎風の蕎麦でした。汁が温かいので、この蕎麦との相性は良いですね。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
11月29日(土) 居酒屋の〆の蕎麦・・JR下館駅北口・『庄屋』    

さて、きょうの居酒屋の蕎麦は、花の舞から西へ50メートルほどのところに所在する「庄屋」だ。ちょうどJR下館駅北口のロータリーを挟んで花の舞とは反対側になる。

もちろん、ここでも少し呑み食いした後は、やはり、〆は蕎麦。ざる蕎麦だ。それこそ本当にざるの上に蕎麦が乗ってくるので、これぞまさしくざる蕎麦になる訳なのである。

花の舞に比べて、麺線は細く、色も白目である。喉越しは良いが、蕎麦の味は乏しい。私個人的には、この蕎麦よりも、ゴツゴツ、ワシワシ、又は、モサモサと食う蕎麦のほうのが、実は好きなのである。

これもやはり侮れない居酒屋の蕎麦である。ご馳走様でした!

※いわゆる普通の蕎麦でした。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
11月28日(金) 居酒屋の〆の蕎麦・・JR下館駅北口・『花の舞』    

時折だが、メニューが豊富で、野菜類もふんだんに摂れるので、居酒屋に食事に出掛けることもある。

我が町、真壁町には気の利いた居酒屋がないので、必然と隣の下館(現筑西市)まで行くことが多い。

駅前には気の利いた居酒屋(大体がチェーン店だが)が2〜3軒あるので、その時の気分で、どこに入るかは決めている。

今回は、個別の座席ごとにテレビが付いている「花の舞」にて。一通り注文して、ある程度お腹も満たされてきたら、〆は蕎麦である。大概の居酒屋にはメニューに蕎麦はある。

さて、太めのそのザル蕎麦は、(いや、乱切りになっているのかも)茹で冷凍蕎麦ではあるが、そこそこに蕎麦に味もして、しかも汁もかなり美味しいので、中々満足のいく蕎麦であった。

けして侮れる蕎麦ではない。いや、それなりに美味しく出来ているので、蕎麦文化の普及のためには、ザル蕎麦以外に種物もひとつおいてもらいと思うところでもある。

ご馳走様でした!

※乱切りタイプの蕎麦でした。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
11月26日(水) 焼き鳥・一平・・・真壁伝承館前    

真壁伝承館前の焼き鳥一平で、軽く晩酌を。

ここはお手頃価格で、美味しい焼き鳥が食べられる。焼き鳥の他にも、おでん等々、いろんなメニューもある。

〆は、この店では、何といってもラーメンだ。ここには、醤油ラーメンとワンタン麺のみしかない。塩や味噌はもちろんない。

でも、そのラーメンの味は、専門店にも勝るとも劣らない味である。

また行きます。どうもご馳走さま!!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
 
11月25日(火) ニラチゲ鍋・・疲労回復にはもってこいだ!    

朝晩が、かなり寒くなってきた。こうなってくると、自ずと鍋ものが恋しくなってくる。

温かい美味しいものを食べれば、昼間の疲れも取れるし、翌日の英気も養える。そんなことで、ニラチゲ鍋を食べた。ニラは食欲増進、疲労回復にはもってこいの食材である。

〆は、目玉焼きとチャーシューの、のっけご飯だ。市販のタレで食べると、目から鱗が落ちる程の美味しさとなる。

ご馳走様でした!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
11月24日(月) 蕎麦と言ふ食べ物・・江戸蕎麦    

蒸してα化させた蕎麦を冷風乾燥させて出来上がった蕎麦。50も中盤くらいに差し掛かってくると、油で揚げた麺はチトきつい。

このような自然乾燥させた蕎麦ならば、胃もたれせずにすんなりと食べられる。この江戸蕎麦も、汁が美味しく出来ているので、かけ蕎麦などで食べると美味しい。

蕎麦と言ふ食べ物は、まったく奥が深いものである!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
 
11月23日(日) やってみよう!    

日清食品の鴨ダシ蕎麦。カップ麺だ。先日、この大メーカーへ、蕎麦粉を納めている製粉会社の営業マンが弊社に来社したので、そんなことが理由であるのかどうかは別として、何となく食べたくなり、近くのコンビニで買って来た。

ただ、お湯を注いで定番の食べ方でも面白くないと思い、そうだ!お湯を注ぐ前に生卵を落として食べてみようと、ふと思い付いた。

そうしたならば、出来上がりは、生卵の影響からか、汁、麺とも滑らかになり、旨さが倍増したように思えた。ちょっとしたことで、ただのカップ麺も、一手間掛けることにより美味さがランクアップする。

皆さんも是非やってみよう!味気ないカップ麺も本格蕎麦のように思えてくる。

※後記訂正・・この鴨ダシ蕎麦は、日清ではなく、マルちゃん(東洋水産製)でした。勘違いしてました。スミマセン。日清にも同じようなタイプのものがあったと思いますが、今度はそれを食べてみます。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
   
11月22日(土) ごほう下館店    

連チャンでの外食。ごほう下館店。海鮮料理を中心として和食全般になかなか美味しい逸品が多い店。

こういう店で食事をすること自体、とても楽しくなってくる。我が家では、来客があった時などは、ここへ出掛けて食事をしてくることが多い。ここで食事をすると、ファミレスには行きたくなくなってくる。ファミレス派の人には申し訳ないが・・・。

いろいろ食べて満腹満足で、どうもご馳走さま!!

※どれもこれもよく出来ていて美味しいです。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
11月21日(金) 龍神麺    

桜川市真壁町細芝の龍神麺へ食事に行って来た。いつもながらの美味しいツマミとラーメンに満腹、満足で、どうもご馳走さま!!

※写真、上段左から・・・タタキニンニク胡瓜、病み付きになる美味しさです。タコのから揚げ、スパイシーです。餃子、定番品、これは可もなく不可もなく。特製つけ麺、圧巻の美味しさです。麺のアップ、自家製麺の良さが出ています。汁、濃厚な魚介ダシ、インパクトがあります。夜の龍神麺。田舎ですが、この店は夜も流行っています。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
   
11月20日(木) 店内調理の惣菜が最高!(明野・台山デイリーヤマザキ)    

この近くの明野図書館へ行った時など、またはわざわざでも11時頃に出掛けて、揚げ立てのジブジブしたメンチカツやハムカツ、または鶏のから揚げなどを購入してきて、昼ご飯のおかずにする。

弊社からもクルマで15分くらいで着く、明野台山のデイリーヤマザキ。揚げ立ての惣菜は、スーパーやセブンイレブンなどの他のコンビニでもやっているが、ここのは一味違うような気がする。

調理人のセンスの問題に起因すると思われるが、いつも揚げ立ての惣菜をどうもご馳走さま! また行きます。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
 
11月19日(水) 私のストレスの発散方法    

嫌なことが続いたり、仕事が忙しく、全く休みが取れずに精神状態が限りなく鬱状態に近づいてきた時など、俗に言う、ストレスが異様に溜まった時、私の発散法は、至って簡単である。

それは、蕎麦屋さんに行き、明るいうちから昼酒を嗜み、〆に美味しい蕎麦を思い切り啜る。これで大体は平常な心に戻るとともに、疲れもスーッと、身体から抜けて行く。

昼酒を煽るなどという、言わば一種の罪悪感が、また溜まらないのである。疲労とストレスを異様に感じたならばこれに限る。

※今回は弊社から5キロほどのところにある大野家さんへ。もちろん、自転車で行きました。

※モツ煮込みをツマミに酒は銘酒、霧筑波。 霧筑波の浦里酒造(旧大穂町吉沼)のたぶん今は社長さんになっている浦里さんは、高校時代のひとつ先輩で、私の所属していた野球部の隣のグランドで、大きな身体をゆすりながら、ラグビー部で活躍していたのを思い出します。もう30数年も前のことですが、不思議なもんで、つい昨日のように感じます。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
11月18日(火) 蕎麦屋さんのカツ丼    

無性にカツ丼が食べたくなったら、迷わず蕎麦屋さんへ。今回も近くのにしむらさん。

ジューシーな豚肉が、甘みのあるタレに纏われ、一口、口に含んだ途端、脳の旨味中枢を刺激してくれる。

蕎麦屋のカツ丼、何故か旨い! トンカツ屋さんのカツ丼も食べたことがあるが、私は蕎麦屋さんのほうのが断然好きだ!

ご馳走様でした!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
11月17日(月) 信州とろろ蕎麦    

ストッカー真壁店にて購入。

白目のコキコキ、プリプリッとした食感が心地よく、しかも美味しい。ただ、蕎麦の味はあまりしない。

いくら乾麺とはいえ、蕎麦の味のするものはする。そういう点では、弊社、常陸秋のほうのが勝っているだろうか? とりあえず、ご馳走さま!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
11月16日(日) 凄麺・味噌ラーメン(ニュータッチ・潟с}ダイ)    

空気も冷え冷えとして来たし、温かいものが恋しくなってくる晩秋。

きょうは第二工場直売所の店番を朝からしていた。そんなきょうの昼ご飯は、近くのコンビニに行き、我が郷土の誇る八千代町のヤマダイの味噌ラーメン。それも格式高いワンランク上の凄麺版で。

パンチの利いた味にすっかり満足し、また、身体も温まり俄然、ファイトが湧いてきた。ご馳走さま!

※常陸秋新粉、納得するものを只今、準備中です。もう少々、お待ちください。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
11月15日(土) 麺ズクラブ真壁店    

ツマミ類もそこそこあり、生酒もありで、時々、心地よく訪れて一杯呑んでくる。

〆は、今回は野菜タン麺。なかなか美味しかった。また行きます。ご馳走さま!

※麺ズクラブはチェーン店でそちらこちらにありますが、真壁店はレベルの高い味を出している方だと思います。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
11月14日(金) きょうの晩酌    

新蕎麦の準備で朝からバタバタと忙しい。そうなってくると、必然と楽しみは晩酌。

きょうは浦霞の冷おろしを、煮魚等のツマミでチビリチビリと呑む。〆は、卵焼き。私は卵焼きは大好物でもあり(鶏肉と並んで)、少し甘めの物が好きだ。

すっかり疲れも癒されて、どうもご馳走さま!

※ニラ入りの卵焼きです。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
11月13日(木) 臨戦態勢?! 秋新初入荷!!    

昨日、都内大塚へ行く前の午前中、笠間は鍋屋米穀店の、小田部氏より、今年収穫された常陸秋蕎麦の新物が入荷された。

小田部氏は、穀物検査員の資格も取得しており、彼の持って来る蕎麦は、間違いがない。また、見る目を持っているので、秋蕎麦の中でも上物ばかりを入れてくれる。本当に有難いものだ。

今年は、10月の二つの台風の襲来により、不作であるのは事実ではあるが、そんな年こそ、彼の力に寄り、良い蕎麦を見つけてくれて、また、いち早く持ってきてくれるので、本当に弊社は助かっている。 持つべきものは、本当に人と人との良好な繋がりというものが実感される。

たいへんお疲れ様でした!!

※また、近々、JA物も大量に入荷してきます。近日中に準備も終わり、当、ホームページ上にて、予約販売の御用聞きも行わさせていただきます。もうしばし、お待ちの程を!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
   
11月12日(水) みとう庵という路面店?なかなか美味しい蕎麦だ!    

午後より、JR大塚駅近くの某店へ所用にて出掛ける。14時半頃、用件も無事終わり、遅い昼食となる。

路地裏に、蕎麦うどんの幟を見つけ、早速入店する。10坪無いくらいの広さの路面店の様だ。

券売機の上の方にある、お勧めとなる刻み鴨汁蕎麦と野菜天をオーダーしてみる。1000円で200〜300円のお釣りが来る。これで缶コーヒーもいける。格安だ。

味の方の出来具合は? 本格蕎麦店にも勝るとも劣らぬ素晴らしい出来栄えの蕎麦と汁である。

また大塚のほうに出掛けた折には再訪してみよう。 ご馳走さま!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
11月11日(火) 氷見うどん・・美味しいが、弊社の太麺のほうのが良いかな?    

氷見うどんを、金沢土産にいただいた。はじめて食すその氷見うどん。

コリコリッとして確かに美味しいが、秋田稲庭うどんのように、コキコキッとした澱粉入り麺の様な食感に違和感を覚える。

まあでも、いただき物なので、欲を言っても仕方ない・・・かな?  ご馳走様でした!

※昨晩の残り物のキムチ鍋汁にていただきました。いよいよ冬間近ですね!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
11月10日(月) 鴨亭の鴨せいろ、鴨南蛮が最高!    

先週の事、都内大手の問屋さんの常務さんが見えたので、いつものように一緒に昼ご飯を食べに行く。

向かった先は、今回は、近くの鴨で有名な鴨亭さんへ行く。鴨の飼育から手掛けているので、本気度が他店とは違う。

さて、注文したものは、常務さん、鴨せいろ蕎麦、私は鴨南蛮蕎麦。北海道産蕎麦粉(弊社製、せいろ蕎麦粉使用)の喉越しと風味が抜群で、汁との相性も最高。

いろいろ歓談且つ、氏の各地の産地情報を教授いただきながら、有意義な昼食タイムを過ごした次第だ。今度は、来月に私が都内へ行く予定があるので、その時にまたお邪魔する旨を約束をして散会した。

どうもご馳走様でした!

※部屋は個室になっていて、商談などにはうって付けです。また、窓からは名峰、筑波山が見渡せます。素晴らしいシチュエーションで、美味しい蕎麦に素晴らしい景色、日々の喧騒を忘れ、のんびりと過ごせます。紅葉もここらあたりは、これからが見頃となります。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
   
11月9日(日) チャイニーズ・こうりゅう(筑西市、旧協和町)    

美味しいファミリー中華料理が食べられるので、ときどき利用している。

いつも注文するのは、海老チリ、肉汁たっぷりの餃子、これは鉄板でいつも同じ。それとその日の気分で、チャーハンにするか、麺類にするかで悩む。

そんな中、きょうはあんかけ焼きそば。これがまた旨い。

田舎に所在で、立地的には厳しいが、味良く旨い中華料理で、いつも絶え間なくお客さんが入っている。 ご馳走様でした!また行きます。

※マスターの腕の良さは最高で、レトルト食品は全く使わず、美味しいファミリー中華料理が手際良く出てきます。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
   
11月8日(土) ステーキ宮下館店    

美味しいステーキが食べたくなったら、真岡市のカウベルというステーキ屋さんへ行くことも多いのだが、遠くて面倒な時は、ここステーキ宮下館店へ行く。

何より、冷酒があるのが嬉しい。最近は酒もビールや焼酎ではなく、日本酒の美味しさに目覚めて、外食時にはほとんど日本酒だ。

さて、ステーキ宮もメニューが豊富で、食事をすることが楽しくなってくるという店だ。肉質は専門店よりは落ちるが、他のサイドメニューがそれを補ってくれる。また、温かいうちに食べれば十二分に美味しいステーキだ。

ご馳走様でした。

※我が町、真壁町には外食する店が少ないのが悩みの種です。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
11月7日(金) 浜寿司下館店    

味は並の物ばかりが多いが、いろいろ変わった物がベルトコンベアの上を流れてくるので、食事が楽しくなってくる。

2〜3人で出掛けても、5000円もあれば結構お腹も膨れる。楽しい食事がしたくなった時は、迷わずここへ行く。

寿司そのものの味を堪能したい時は、回転寿司ならば、すし勢結城店、回転寿司でなければ、近くの末広寿司(真壁町飯塚)と決めている。

仕事柄、食べ物はいろいろなものを食べて、自分の仕事にも参考にしたいと考えている。そんなわけで、10周年を迎えているこの日記も食べ物中心、とりわけ麺類・・・と、いうことになる訳なのである。

※10年一昔と言いますが、この店長日記も平成16年秋に始めました。今年で10周年です。途中、更新も飛び飛びの期間も多少ありましたが、ここ数年は毎日更新しております。10年前は、確か、まだブログなどという言葉も無かったように記憶しております。

※古いのをひっくり返して読むと、その時の心境がよく分かります。また、参考にもなります。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
 
11月6日(木) つむぎやの冷凍しておいた蕎麦を食べてみた    

きょうの晩酌の〆に、以前サンプルでいただいた埼玉はつむぎやの生そばを、冷凍しておいたものを解凍して食べてみた。

製造後、すぐに食べる事の出来ない生そばなどは、賞味期限が過ぎる前に、一旦冷凍してしまい、ストックしておくことをお勧めする。

生だからといって賞味期限内に食べられるとは限らない。賞味期限が過ぎてしまったからといって捨ててしまうのは愚の骨頂でもある。

そんな時は、ともかく冷凍してしまえばOKなのだ。冷凍庫を整理すれば生そばのひとつくらいは入るスペースは、どこの家庭でもあるだろう。

ただ、茹でる時は、出来得るならば解凍してから茹でたほうが良い。時間がなく、解凍している間がない・・・こんな時は、凍ったままでも大丈夫だ。そういう時は、火力で蕎麦が少しほぐれてきたら、箸でやさしくほぐすように掻きまわしてやるとと良い。

蕎麦粉も、買ってしまったものの、すぐに打つ予定がない・・・こんな時はやはり冷凍してしまうことだ。ただ蕎麦粉の場合は、必ず自然解凍(完全に)してから打たないと、蕎麦がボツボツと切れてしまうので要注意だ。

※鮮度を維持したまま冷凍パック。1カ月後でもとても美味しくいただけます。つむぎやさんの蕎麦は、本当によく出来ています。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
   
11月5日(水) タコのから揚げと白ワイン    

先日、海鮮食事処ごほう(筑西市)へ食事に出掛けた折り、いつものようにアルコールは、ビールでもなく焼酎でもなく、はたまた日本酒でもなく、珍しく白ワインを注文してみた。

ツマミ類はいろいろ諸々頼んでみたのだが、その中のタコのから揚げがスパイスの利いた衣で、それがまた白ワインと絶妙に合い、とても美味しかった。

白ワインなどは、どちらかと言うと、洋風の食べ物が合いがちに思われるが、タコのから揚げなどという、どちらかと言えば和を強調した食べ物などとも十二分に合い、とても美味しいものだと、再発見した次第である。

※今回はお客様が見えたので、お誘いして『ごほう』を訪れました。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
11月4日(火) 大野家(筑西市)    

弊社近くの旧明野町に所在する大野家へ蕎麦を食べに行って来た。

セット物もあるのだが、ここは天ぷらと蕎麦とを普通に食べたかったので、オーソドックスに天ざるを注文。

海苔の乗っていない天せいろが本当はよいのだが、メニューに書いてないのでわざわざ言うのも面倒なので、そのまま天ざるを頼んだという訳だ。

ここの蕎麦は、純手打ち蕎麦なのだが、店主の腕の良さは特筆すべきもので、まるで機械打ちかのように、寸分とも違わず切り揃えられている。見事なものだ。

汁もダシが利いていて、江戸前風の少し濃いめだが、これぞ江戸蕎麦といった具合に、とてもよくまとまった蕎麦である。

ただ、唯一の欠点は、値段の割に(1000円台半ば)、天ぷらのネタが、若干チーブといったところであろうか?甚だ残念なのはそこのところだけなのである。

でも、美味しい蕎麦を十二分に堪能でき、どうもご馳走様でした!!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
11月3日(月) あぁ、天丼が食べたい!!    

無性に天丼が食べたくなり、にしむら蕎麦店へ食べに行って来た。天丼だけでも何なので、蕎麦も付けてセットにした。

天丼の醍醐味は、何といってもタレとネタとご飯との相性だ。これら三味一体が醸し出すハーモニーが合体された時に、最高の美味しさを味わえる訳だ。

いつものバランスの良い味付けの天丼を十二分に満喫した食事タイムであった。

ご馳走様でした!

※まず、天ネタをパクリ、次にご飯を、そして、最後にセットの蕎麦をズルル・・・最高のハーモニーですね!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
11月2日(日) つくば市、グランド東雲で結婚式へ出席    

つくば市のグランド東雲という結婚式場&ホテルへ、知人の結婚式へ出席するために出掛けてきた。

料理は、コース形式のフランス料理で、色彩、味付けとも一流で、美味しい料理を十二分に堪能してきた。

久々の結婚式への出席でもあったが、なかなかクライマックスでは盛り上がり、とても良い結婚式であった。

お二人には幸多きことを願うものである!

※メインの肉料理の写真を撮ることを忘れてしまいました。というか、隣の人と喋り込んでいたら、いつの間にか脇の人に食べられてしまいました。トホホッ(涙

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
 
11月1日(土) JR信濃町駅構内のスタンド蕎麦はなかなか旨い!    

都内出張の折、あまりにもお腹が空いたので、総武線、信濃町駅で一旦電車を降り、階段を上がって構内の立ち食い蕎麦屋さんへ掛け込む。ここは以前にも食べて美味しかった記憶があり、そのようにした次第だ。

券売機から、カレーセット、冷たい蕎麦を注文し、2〜3分で提供された。時間も無いので、急いで掻き込んだが、カレーはまあ普通であっても、蕎麦が立ち食い蕎麦なので、あまり期待はしていなかった。

ところが、冷たい蕎麦の基本中の基本でもある、蕎麦が冷えている・・・ということがしっかりとできていて、600円台という安さの割にはなかなか満足出来た食事だった。

冷たい蕎麦は、麺線をキンキンに冷やす・・・言うは易しだが行うことはきちんとした蕎麦店でもおろそかになることもあるのだが、このような駅構内の立ち食いでも、そのようなことがしっかりと出来ていて感心した次第である!

どうもご馳走様でした!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
TOP
カレンダー
2014年 11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 前月   翌月 
過去の記事
 2014年10月 
 2014年09月 
 2014年08月 
 2014年07月 
 2014年06月 
 2014年05月 
 2014年04月 
 2014年03月 
 2014年02月 
 2014年01月 
 
 2013年12月 
 2013年11月 
 2013年10月 
 2013年09月 
 2013年08月 
 2013年07月 
 2013年06月 
 2013年05月 
 2013年04月 
 2013年03月 
 2013年02月 
 2013年01月 
 
 2012年12月 
 2012年11月 
 2012年10月 
 2012年09月 
 2012年08月 
 2012年07月 
 2012年06月 
 2012年05月 
 2012年04月 
 2012年03月 
 2012年02月 
 2012年01月 
 
 2011年12月 
 2011年11月 
 2011年10月 
 2011年09月 
 2011年08月 
 2011年07月 
 2011年06月 
 2011年05月 
 2011年04月 
 2011年03月 
 2011年02月 
 2011年01月 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロフィール
【名前】 柿沼 勝雄
【血液型】 A型
【星座】 いて座
【趣味】 野球・仕事
【性格】 まじめ・頑固
【好物】 麺類・イカの塩辛