8月31日(日) 早刈り蕎麦の功罪    

そろそろ北海道産を皮切りに新蕎麦が出回り始める時期がやってきた。弊社においても9月10日ぐらいまでに、北海道産新蕎麦がコンテナで数車入荷してくる。中旬過ぎには皆様にも、当ホームページ上にてご紹介したいと考えているところである。(早刈り物ではないのでご安心の程を)

さて、昨今、蕎麦の早刈りが色目と香りが違う・・・などと話しているのを度々聞くことがある。そういことを聞く度に、チョーヤの梅酒のCMではないが、「そんなことあるかい?」と、甚だ疑問に感じているところである。

トマトや柿などの果物、また、ミカンでもよい。早刈りしたそれらを食してみると良い。それらを早刈りしたものを、甘みやコクがあると感じる人は少なかろうと思う。際立つのは酸っぱさと固さだけであろう。

蕎麦にも同じことが言える。早く刈った物には、まだ未熟粒として十分に栄養分が粒全体に備わっていないから、蕎麦の持つ味とコクが出てこない。そこにあるのは、早く出回りさせて、希少価値でたくさん売ってしまおう・・・こういった強欲だけである。

早刈り物は風味と香りと色目が違うなどと本気で話している人に、そんな果物の早く刈り取りしたものを食べさせてどう思うか?こういうことも考えてみると面白い。

県内にも秋蕎麦の早刈り物を提唱して販売している業者もあるようだが、そのようなものを良いと思って購入している店などはそれはそれで個人の勝手であるから、どうこう言う事もないわけだが。

中には十割蕎麦をウリにしている某蕎麦店なども、早刈り物でメニューに載せて、いち早くと言わんばかりに、11月も早々から秋蕎麦の新物で打ったせいろ蕎麦を販売しているが、以前、一度そんな早刈り蕎麦を食べてみて、全くこの蕎麦はコクと香りと味がしないと思ったものである。店主の腕が良いだけにもったいない。

さあ、前置きがたいへん長くなってしまったが、そろそろ初秋を迎える今、北海道から段々と南下して来る『新蕎麦前線』。 皆様もよ〜く吟味されて、これといった蕎麦粉を手中に収めて益々の蕎麦打ちライフを謳歌してもらいたいと思う、きょうこの頃である。

※春先に第二工場直売所に付けた看板です。これだけでも多少どういうお店なのかと主張でき、客の入りに違いが出るとよいです。

※きょうも石臼は休む間もなく回っています。が、一時よりは外気温が差下がった為か、気持ちよく、また、機嫌よく蕎麦を挽いてくれております。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
8月28日(木) 美味しい天せいろ    

最近何かにつけて行くのだが、全体のバランスがよく、特に天せいろが美味しく私のお気に入りのひとつにもなっている。 筑西市警察脇の松栄庵。

にしむらさんも良いが、『手打ち』ということでこちらのほうに軍配は上がるかもしれない。おそらく、問屋さんを通して弊社で挽いている蕎麦粉も使用していただいていると思う。関連のあるポスターを見掛けるので・・。

さて、筑西市では「なかせい」という蕎麦屋さんがその営業をこの8月の初旬に幕を閉じた。おおよそ15年間くらいの営業期間であっただろうか?

昼もそこそこ客は入っていたのだが、奥まった立地環境からか、夜は相当厳しかったろうに違いないと推測できる。

昼時間に30人も客が入っていれば、かなり忙しく見えるが、客単価1000円と計算しても売り上げはたったの3万円だ。なかせいは借り物の土地建物でもあったので、地代家賃なども払わないとならない。夜、客が来なくても、灯りや、釜の火はつけておかないとならない。

そうなると、3万円の売り上げでは(推測の域は出ないが)、パートさんの人件費やその他諸々の維持費を考慮すると、営業的に厳しかったのであろう。

やっぱり、店を開く場合、自分の土地建物で・・・これは田舎で行う場合、特に大切なのかもしれない。

話は横道に逸れてしまったが、こちら松栄庵は夜もそこそこに客は入っているので大丈夫だろうとは思う。個人蕎麦店が数的に減っていってしまうのは、弊社などにとっても痛いことである。

※蕎麦の冷水での締め具合、天ぷらの揚げ具合、薬味などなど、とにかくバランスよく調理されております。喉越し抜群の蕎麦です。秋蕎麦使用なので、噛み締めると蕎麦の味も堪能できます。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
8月27日(水) くっ付いていない調理蕎麦・・何か秘訣でもあるのだろうか?    

近くのストッカーというカスミ系列の格安スーパーに行くと、独特のくっ付いていない調理蕎麦があるのだが、ついつい手に取って購入してしまう。

どこで造っているのかは不明だが、もしかすると宇都宮の清原工業団地内にある関東大徳食品あたりが製造しているのかなとも思う。

下手な立ち食い路面店で食すよりもこちらのほうのが断然美味い。

なんの業界でも飽和状態にある今の世、生き残るためには、この『なんとなく、どことなく他社との違いを打ち出せる』ということが、キーポイントになると思う。

かくいう弊社も、競争激しいなかで、鮮明な他社との違いは打ち出せず、日々、格闘している最中だが、「商い」だけにそこは「飽きない」でコツコツと一歩ずつ・・・これしか今の所、解決策は見当たらない。

※PS:この蕎麦を造っているのは、関東大徳ではなく、カスミ系列のかすみがうら市に所在するローズコーポレションというところでした。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
8月26日(火) 今夏の乾麺の売れ行き    

今年の夏場の弊社の乾麺の売れ行きは、春先に乾麺ライン総入れ替えなどが功を奏してか、昨年より一割程度売り上げが増えたように思う。まあそれには、消費税が5%から8%へと3%も上がったのだから、その3%分は差し引かないといけないが・・・。

でも、その分を考慮しても、弊社の第二工場直売所における小売り売上は増えたように思う。機械一新などの影響で、品質もグレードアップしたのが要因だと思う。

業務用においては、もう蕎麦屋さんなどでは長冷麦などのメニューもなくなっていることも多いし、また、一部に卸している問屋さん向けも頭打ちで、こちらは若干の売り上げ減だ。

乾麺自体、昭和30年後半から40年代にかけて、その消費が日本国内でも30万トン超あったものが、なんと現在では20万トンを切ってしまっている。全盛期の半減とは行かなくても、3割は裕に減ってしまっている。

でもこれも致し方ない。冷凍麺の発達やパスタ類の台頭があるからだ。今後は、今までのように乾麺の消費は激減はしなくとも微減はいて行くように思う。人口の自然減少があるからだ。

ただ、乾麺という日本古来からの麺文化はなくなることはないから、やり方に寄っては今後も十二分に商いにはなる。そういうことを見込んで弊社も乾麺機械を新品にしたのであるから。

手前味噌になるが、そんなことで今夏の弊社における乾麺の商戦は十分に健闘したように思う。

※弊社の16番切り刃の中細うどんを、ゴマ味噌ダレにて食してみました。何よりのご馳走ですね。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
8月25日(月) カップDE蕎麦    

こういう商品名ではなかったが、近くのセイコマートというコンビニを覗いていたら、新しい蕎麦の商品があったので、早速購入してみた。

細長いカップに入った調理蕎麦である。つゆと薬味をぶっかけて箸で掻き混ぜて食べるタイプのものだ。

こうすることで、カップ内で蕎麦が汁に絡まり、調理蕎麦特有のボサボサ感、パサ付き感が解消される。蕎麦が滑らかに食べられるというもの。

これはなかなかのアイデアの商品だと思う。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
8月24日(日) 旨い寿司と越乃寒梅    

結城・すし勢で高級回転寿司に舌鼓を打ってきた。つい10日ほど前に来たばかりだが、またまた旨い寿司が食べたくなり、わざわざ25キロの道のりを経て来たのである。

ここの寿司を食べると、格安回転寿司などは食べられなくなる。舌がここの味を覚えてしまうからだ。

ガソリン代や格安回転寿司店より3倍くらい価格は高くつくが、私も食品業界に身を置く身であるために、それが血となり肉となり自分の身に、そのうち返ってくるであろう。(そんなの返ってきません・・と言われりゃそれまでだが・・・)

※越乃寒梅のすっきりとした飲み口が、寿司とよく合います。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
8月23日(土) 癒しの湯・・・岩瀬ゆららの湯    

サウナと水風呂を繰り返し入る為に、岩瀬ゆららの湯へ行く。これをやると疲れが取れて、明日からの英気に繋がる。

〆は2階に上がり冷酒で乾杯。これで撃沈となる。夜も8時間ノンストップ睡眠できる。

私の健康法のひとつでもある。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
8月22日(金) ウエストウッド(下妻市)    

下妻市のウエストウッドへ再びの訪店である。今回はアルコールも嗜む。ツマミは豆腐サラダに鴨のハム、メインはチーズドリアをオーダーする。オニオンスープが付いた。

とても美味しかった次第である!ご馳走様でした!!

※ひとつひとつが丁寧に丹精込めてつくられております。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
 
8月21日(木) 試食検査    

弊社の二八生蕎麦は、丸うすアラ挽き粉とせいろそば粉を8割混入して、つなぎには日清製粉のスーパーキングという最高級パン用粉をそのつなぎとして使用している。

そして、その粉の状態(蕎麦粉とつなぎ粉)や、生蕎麦の出来具合を見る為に、時々試食している。

暑い夏場、条件としてはあまり良くないが、蕎麦粉もその保存状態や挽き立ての蕎麦粉を使用しているので、まだまだ蕎麦も味わい深く、かなり良い出来栄えの蕎麦のように感じた。

端境期の蕎麦も、滋味深いふくよかな香りがあり、今の時期にしか味わえない濃厚な蕎麦の味を感じ取ることができる。とても良い蕎麦で、これならば蕎麦粉も自信を持って販売に当たれるというものである。

※薬味には関西風のネギをたっぷりと添えてみました。美味しかったです!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
8月20日(水) 夜のお楽しみ    

暑い一日が終わっての楽しみは、何と言ってもプッハッーと、ビールを煽ることである。そこには、何物にも代えがたい美味しさがあるとともに、一日の疲れがその一杯で吹っ飛んでいく。

ビールだけでも何なので、キンキンに冷えた日本酒も美味しい。きょうは結城市の武勇の吟醸酒だ。いただきものである。

これで明日からも頑張れるというものである。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
8月19日(火) 問屋さんとにしむら蕎麦店へ    

都内の問屋さんの常務さんが見えたので、にしむら蕎麦店へ昼食に出掛ける。ここのところ、事務所飯が多かったので久々の訪店である。

お盆までの間は、昼時間も第二工場直売所にはお客様が多く見えるので、昼時間も自ずと空き時間に簡単に済ませていた。そういう意味においてはお盆過ぎの今頃、来社されるのは有り難い限りである。

さて、本日のサービスランチの親子丼セットの冷たい蕎麦を注文する。950円。

きょう見えた問屋さんからは、7,8月と原料の切り替え時期で、あまり原料を取らないでしまっていたが、これも一時期のタイミングの問題でもあるので、少し気も引けたが、すっかりご馳走になってしまった。また、9月からはたくさん原料をいただく予定でもある。

いつもの良いバランスの味付けの蕎麦と親子丼に舌鼓を打ちつつ、有意義な昼食タイムでもあった。

どうもご馳走様でした!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
   
8月18日(月) きょうから本格始動    

今年のお盆前後の弊社の小売の売り上げは、昨年対比で5%くらいは伸びたであろうか?そういう意味においても、いくらかは田舎の方も景気は回復はしてきているのであろうか?

さて、きょうからはお盆明けの本格始動である。仕事の方は、かなり暇となるが、それはそれで、これからの秋から年末へかけての準備も始まっていくというものだ。

野菜たっぷりの夏カレーをつくったので、それを食べてきつい残暑を乗り切るしかあるまい。

※カレルーは、このような野菜たっぷりのカレーには、バーモントが合うような気がします。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
8月17日(日) すし勢(結城市50号国道バイパス沿い)    

旨い寿司が食べたかったので、わざわざ結城市の高級回転寿司(回転寿司かい?)すし勢まで出掛けてきた。我が家からも25キロの道のりがある。

でも、このすし勢は、わざわざでも行きたい回転寿司店でもある。ネタなども普通の寿司店と変わらないものを提供している。 母体が、小野瀬水産と言う会社なので、それもそのハズだ。水産会社が運営しているのだから・・・。

美味しい寿司に舌鼓を打ってきた次第である。ご馳走様でした!

※一貫で600円のマグロなどは脂も乗っていて最高です。(写真は、鰯とウニです。)

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
8月16日(土) 何よりのご馳走?    

今日は朝から涼しい。吹く風もどこか涼しい。

また、きょうは送り盆でもある。午後、御墓に行き先祖様をお墓まで見送って来た。

さて、そんな中のお昼ご飯は、乾麺を茹でてサラッとざるうどんにて食した。きょうはいくらか涼しいが、やはり乾麺は夏場の主食とはよく言ったものである。

食欲なくてもいくらでも胃の中におさまっていく。ご馳走さま!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
8月15日(金) 海鮮丼(岩瀬・ゆららの湯)    

身も心も疲弊した身体を癒す為に、岩瀬ゆららの湯に行って来た。サウナ&水風呂を数回繰り返し、すっかり安らいだ。

その後2階に上がり、生ビールで渇きを潤す。〆は、イクラがたっぷり乗った海鮮丼。

とても美味しかった。どうもご馳走様でした!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
8月14日(木) 美味しいハンバーグ・ウエストウッド(下妻市)    

下妻市から見える労務管理事務所の先生が、ハンバーグが美味しいから行ってご覧・・・そう言われれば行くしかあるまい。

ウエストウッドと言う店名のハンバーグ&ステーキ屋さん。今回は、そのお薦めのハンバーグをオーダーする。

オシャレな店内で食べるハンバーグは、確かに美味しい。表面はパリッと、中からジューシーな肉汁が出て来て、評判通りの美味いハンバーグである。

とても良い店を教えていただき、なんか得した気分になる。

また行きます。どうもご馳走様でした!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
8月13日(水) 新麦うどん(埼玉・つむぎや)    

埼玉は栗橋(現久喜市)のつむぎやさんの新麦うどん。

新蕎麦はよく聞くし、また、その新蕎麦を使ったいろんな商品は販売されているが、新小麦でのこのような商品は、甚だ珍しい。

さて、いざ食べてみると、埼玉県産の6月に収穫された小麦粉で造ったこの乾麺のうどんは、よく噛みしめてみると、小麦の味がほんのりとする。

あとは秀逸なのは、小麦のモチモチっとした食感だ。これが埼玉県産小麦の目立った特徴とも言えよう。

より一層の新小麦の特徴を提供するためには、このような乾麺以外に、生うどんや半生うどんでの提供の仕方などもあると、もっと差別化も図れるというものかもしれない。

ご馳走様でした!

※薬味は茗荷を切り刻んで。 茗荷のあの香りと食感がたまらない美味しさです。素晴らしい名脇役ですね。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
 
8月12日(火) 桜川市の隠れた名店    

桜川市の隠れた名店。塙世というところに所在するいさみ食堂。

モツ煮が圧巻の美味さだ。今回はモツ煮をおかずにカツカレーと上カツライスを食べた。美味い!!あっぱれだ!!!

※息子と一緒に晩御飯を食べに行きました。最近は胃袋も小さくなったためにカツライスのご飯は食べ切れませんでした。小ライスで十分です。

※照明が薄暗いので写真が映えませんがあしからず・・。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
   
8月11日(月) 浜寿司のラーメンと蕎麦    

浜寿司下館店にてお食事を。

魚介ダシラーメンと天ぷら蕎麦をオーダーしてみる。天ぷら蕎麦はなんか以前よりカップ麺っぽい感じ。魚介ダシラーメンは、ラーメン店で食べているようで美味しい。

よって、この勝負はラーメンの勝ちである。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
8月10日(日) 蕎麦前    

ダシ巻き玉子焼きと板わさをアテに軽く一杯・・・。

至福のひと時。この時間(とき)を求めて、日々頑張っていると言っても過言ではない。

このあと、〆はせいろで・・・。あぁ、日本人に生まれて良かったと・・・。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
8月9日(土) まぁこんなんでも・・・    

昼時間が忙しくて、ここんとこ外に食べに行くことができないので、たまにはこんなでも食べて蕎麦屋さんで食べてる気分に・・・。

コンビニの調理めん。くっ付きさえなければいいのに・・・。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
8月8日(金) 信州そば・そじ坊    

研究学園駅前のイーアスというショッピングモールの中に入っている蕎麦店。グルメ杵屋による運営だ。そちらこちらで見かけるチェーン店。

さて、辛み大根蕎麦を注文してみる。まあまあそれなりに美味しいが、どうも蕎麦が乾麺っぽい食感だ。まさか乾麺使用ではないとは思うが、(いや、別に美味しければ乾麺でも良いと思う。乾麺だからダメ・・・では、乾麺メーカーとしても甚だ残念だ。)汁などはかなり評価出来る味だ。

このような大手チェーン店で提供される蕎麦粉は、果たして月間何袋くらいになるのだろうか?いつも食べながら、そのようなことを考えてしまう。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
8月7日(木) 蕎麦屋で一献    

美味しいので再訪。筑西警察脇の松栄庵。

生貯蔵酒を、なめこおろしをアテにサラッと呑み、〆には天せいろ。至福のひと時を堪能してきた。

さあ、お盆まであと1週間。頑張ろうではないか!!

※すべてにおいてプロの技の逸品を提供しているお蕎麦屋さんです。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
8月6日(水) 利き酒三種盛り    

某居酒屋さんで注文してみた。一人娘(常総市)、公明(桜川市)、来福(筑西市)の大吟醸三種盛りだ。

違いは、こうして改めて飲み比べてみると、微妙に分かると言うものだ。同様のことを蕎麦で行っても面白いだろう。

余裕のあるお蕎麦屋さん、限定メニューにてやってはみませんか?面白いと思います。

※ツマミは鰹の刺身とマグロステーキです。日本酒とよく合う最高のアテですね。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
8月5日(火) 鶏だし塩蕎麦    

近くのセイコマートというコンビニで売られていたカップ蕎麦。

どういうものか?いざ食べてみると、これがなかなか美味しかった。蕎麦の塩ラーメンバージョンだ。

この商品の開発者に万歳だ。あっぱれ!!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
8月4日(月) たまには美味しいステーキでも    

自慢ではないが、私は正月の3が日を除いては、年間のうちでも休日らしい休日は取らない。というか取れない。

何かしらの仕事があり、朝起きて、あぁ、きょうは一日何をしようかな〜などと休みの予定を立てることなどは、正月の3が日以外にはないのである。

前回の少しゆっくりできた休日らしい休日は、5月7日の日に宇都宮に日帰り温泉と餃子を食べに行ったときくらいだ。そのときも朝と夕方以降は何かしらの仕事をしていたので、完全休養日ではない。

まあ、そんなことから最近、異様なほどに疲労も溜まっていたのが実感できたので、昨晩は美味しいステーキでも食べて精でも付けようと思い、宮ステーキの下館店へ出掛け、国産牛のヒレステーキと野菜と冷酒で、元気を取り戻して来た次第だ。

これであと2週間、お盆の16日まで頑張れるであろう!!!

※さすがに和牛には、味の濃い宮のタレではなく、わさび醤油、塩、あとは味の薄いタレといった具合に、店の人も肉の良さを消さない工夫をしてますね!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
   
8月3日(日) モッチモチの手打ちうどんも、小麦の味と風味が潤沢で美味しい!    

弊社に小麦粉を買いに来るお客様より、手打ちうどんを購入し、試食してみた。そのお客様は、その小麦粉で手打ちうどんを打って、常連のお客様に販売をしている。それで、結構商売になっているようでもある。うどんの他に手打ち蕎麦も販売しているようである。

さて、昨日は乾麺のうどんで、その喉越しを堪能したが、きょうは弊社小麦粉(栃木県の某メーカーのものであるが・・・)で打った、モッチモチの手打ちうどんに舌鼓を打った次第である。どうもご馳走様でした。

※今回は一手間掛けてゴマ味噌ダレをつくり、いただきました。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
8月2日(土) 弊社乾麺・ざるうどんが美味しい!    

切刃16番の細めに切り出した乾麺のうどんが美味しい。

やっぱり夏場の主食は乾麺にありき!と、行っても過言ではない。暑い夏、食欲も落ちる頃、キンキンに冷えた細めのうどんは何よりのご馳走になる。

今回の薬味は茗荷と大葉にて。これが最高の薬味となる。

さあ、皆さんも暑くて食欲が落ちる時は、こんな風に乾麺をどんどん食べましょう!!

※今回はスーパーのタイムセールで買ってきた、かき揚げ天とイカ天も添えてみました。最高のご馳走っすね!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
8月1日(金) 海鮮料理店『ごほう』の更科蕎麦    

海鮮料理で有名な筑西市のごほうへ行った。

以前から、メニューにうどんはあったのだが、蕎麦もあればいいのにな〜と思っていたところ、ようやくこの度、蕎麦がメニューに載った。

そうなれば食べるしかあるまいと、早速注文する。出てきた蕎麦は、たぶん、生冷凍蕎麦あたりを使用しているものと思われるが、蕎麦もキンキンに冷えているし、汁もダシを取るのも普段から行われているだろうから、とても美味しい。

これならば、十分にお客さんも注文するだろうと考えられる。こんな風に、いろいろな店で蕎麦が提供されるのは、我々、蕎麦製粉業者にとっても、良かれ・・・と、こう思うところである!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
TOP
カレンダー
2014年 8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 前月   翌月 
過去の記事
 2014年07月 
 2014年06月 
 2014年05月 
 2014年04月 
 2014年03月 
 2014年02月 
 2014年01月 
 
 2013年12月 
 2013年11月 
 2013年10月 
 2013年09月 
 2013年08月 
 2013年07月 
 2013年06月 
 2013年05月 
 2013年04月 
 2013年03月 
 2013年02月 
 2013年01月 
 
 2012年12月 
 2012年11月 
 2012年10月 
 2012年09月 
 2012年08月 
 2012年07月 
 2012年06月 
 2012年05月 
 2012年04月 
 2012年03月 
 2012年02月 
 2012年01月 
 
 2011年12月 
 2011年11月 
 2011年10月 
 2011年09月 
 2011年08月 
 2011年07月 
 2011年06月 
 2011年05月 
 2011年04月 
 2011年03月 
 2011年02月 
 2011年01月 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロフィール
【名前】 柿沼 勝雄
【血液型】 A型
【星座】 いて座
【趣味】 野球・仕事
【性格】 まじめ・頑固
【好物】 麺類・イカの塩辛