6月30日(月) 但馬牛ヒレステーキ    

但馬牛、ヒレステーキをいただいた。これは早速、食べねばなるまい。

塩コショウのみで味付けし、焼き方はミディアムレアで。

頬っペタが落ちる程美味しかった!ご馳走様でした!!

※久々に美味しい和牛を食べました。ロースよりヒレのが美味しいですね、年長者にとっては!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月29日(日) 美味しくないんだけど美味しい・・・。    

訳があってガスト岩瀬店でお食事。

注文してから出てくるのが異様に早い。半完成品を温め直して提供しているのではないかなと思う。

とりあえずは、美味しいんだか美味しくないんだか・・・。でも、最終結論的には美味しいとしておこう。

また行きます。ご馳走さま!

※サラダはどこで食べてもいっしょですね!(笑

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月26日(木) コクと旨味がこれから・・・。    

熟成庫で数週間エージングされた肉のように、夏場の蕎麦は、旨味とコクが際立つ。それは、端境期を迎えるまでの間、堪能できる。

この旨味と濃厚な蕎麦の持つコクが、夏場に食す蕎麦の醍醐味だ。このことが分かるようになるまで、いや、このことが分かる方は、それ相応の相当量の蕎麦を食されている方だ。

そう、夏には夏の蕎麦の良さがあるのである。それが、蕎麦のコクと旨味なのである!!

さあ、皆さんも美容と健康の為に、蕎麦をどんどん食べましょう!!

※写真は弊社のなまそばです。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月25日(水) モチモチッとしたうどん    

私は基本的に乾麺以外のうどんは、あまり食さないが、娘が美味しいから食べてみて!というので、買って来て食べてみた。

それはセブンイレブンの調理めんのうどんだ。確かにモチモチ感に優れていて美味しいうどんだ。これはワキシスターチの作用だろうか?

また時々は買って食べてみたい!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月24日(火) お取り寄せNO1の生蕎麦か?    

埼玉の取引先の開発した二八生蕎麦。汁と国産山菜が付いている。

私も仕事柄、相当量の蕎麦を食べているが、(蕎麦屋さん、通販の生、乾蕎麦、量販店の蕎麦など)もしかしたら、この蕎麦はそのような中でも三指に入るかもしれない、そんな高品質の蕎麦だ。

これだけクォリティが高いと、茹で方や、扱い方にも注意を払わないといけない。だが、そんなことが書いてある取り説も同封されているので安心。

この商品は、わざわざでも取り寄せて、蕎麦好きな愛好家には食べていただきたい逸品である。

ご馳走様でした!!

※この蕎麦の開発会社:埼玉県久喜市栗橋中央1−17−1 つむぎや0480-52-2111 

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
   
6月23日(月) 楽しい食事・・浜寿司    

居酒屋メニューあり、蟹味噌ラーメンあり、もちろん豊富なネタのにぎり寿司あり、はたまたお決まりの冷酒ありで、ここで食事をするのは楽しい。

味云々ではなくて、食事が楽しくなってくるのだから、時には訪れる。

狙い目は、可能ならば普段の日の晩御飯だ。週末は行列ができるから敬遠したい。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
 
6月22日(日) オリーブ塩ラーメン    

いただき物のオリーブ塩ラーメン。香川県の特産のオリーブオイルが麺に練り込んである。その影響からか、麺のコリコリ感が秀逸しているように思えた。

とても美味しかった。ご馳走様でした!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月21日(土) もっちりむっちり付けラーメン    

先日の卯月製麺製の製品を取り寄せてみた時に一緒に購入した中華麺。

魚介ダシが利いていて、麺も平麺に切り出されていて、もっちりむっちりでとても美味しかった。この商品は確かによく出来ていると思った。(蕎麦はそうでもなかったが・・・)

ご馳走さま!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
   
6月20日(金) たいして美味しくないんだけど、ついつい・・・。    

普段の野菜不足を補おうと、山田のうどんで野菜炒めのセットを注文。

大雑把な味付けで、蕎麦も言わずもがなの麺と汁。

ところが何故かついつい入店してしまう。不思議なパワーがそこにはある。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
   
6月19日(木) 父の日にもらったプレゼント    

石川県から長男坊が父の日に送ってきたプレゼント。私の好きなものだ。

冷凍品だが、電子レンジの今の世、温めて直して海の幸を満喫。

とても美味しかった。馳走さん!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月18日(水) 旨そうなカレーライスに見えるけど・・・    

某蕎麦店でカレーライスをオーダー。期待して待つも、運ばれてきたものを見てみると、さぁて、期待通りで旨そう。

ところが、食べてみてガッカリ・・・。これはパック物の冷凍品だと言うことに気づく。

トホホ・・・。こんな経験はありませんか?みなさん。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月17日(火) なかせい(筑西市)    

武勇の生冷酒と簡単なツマミでまったりとする。〆はせいろの並盛りで。ここの蕎麦はレベル高く美味しい。

ご馳走様でした!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
   
6月16日(月) ドライブインしんちゃん・・・ いずみの里(つくば市)    

鴨せいろ蕎麦を食べる。田舎系のごわごわとした蕎麦と、鴨汁との相性が抜群で美味しかった。他の料理も全部美味しそうだ。また近いうちに出掛けてみよう。

ご馳走様でした!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月15日(日) 蕎麦の食べ比べ    

山形は寒河江の卯月製麺の乾麺の蕎麦と、弊社の常陸秋蕎麦の食べ比べを行ってみた。卯月製麺の蕎麦は、なんでも聞くところによると、楽天かどこかの通販のお取り寄せナンバーワンの商品だと言う。

寒河江蕎麦は、田舎系の黒目の蕎麦粉を使用して、もっちりと太めに切り出されたゴワッとした蕎麦だ。よって茹で時間も8〜9分と長めである。

さて、弊社の常陸秋蕎麦は、呼んでその名の如く、『常陸秋蕎麦』という国内においても超優良品種である玄そばを丁寧に製粉した蕎麦粉を使用している。蕎麦粉も挽き立て使用で、製粉も兼務しているということに置いても、そこの所は他社には真似のできない強みでもある。

寒河江蕎麦が噛み応え十分なコシのある蕎麦であるのに対して、弊社の常陸秋蕎麦はソフトなタッチの喉越しと噛み応えである。スルスルっと、喉元から食道、そして胃袋へとおさまる。

卯月製麺の寒河江蕎麦も蕎麦らしい蕎麦で、とても良い製品だが、(その包装形態・・脱酸剤が入り、商品へのいたわり具合などが最高)、弊社の常陸秋蕎麦も、蕎麦の香りもきちんとして(乾麺ではなかなか難しいとされている)喉越しも良いと言う観点からも、その食べ比べの結果としては、甲乙つけ難い、ヒフティー、ヒフティーで五分五分であろうという結果に相成った次第である。

ご馳走様でした!

※上段の調理写真が、弊社の常陸秋蕎麦、下段の調理写真が卯月製麺のさがえ蕎麦です。 よく見ると、蕎麦の太さが違いますね。 細いほうが弊社の常陸秋蕎麦です。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
 
6月14日(土) 龍神麺    

龍神麺で久し振りに食べてきた。

今回、本当に久し振りの数ヵ月振りの訪店だ。佐野ラーメン風の手揉み中華麺なるものが新発売であったので、注文してみた。

これがなかなか美味しかった。サイドメニューも充実していて、美味しい割には、価格も差ほどではない・・・といったことも人気たる所以である。

何せ、真壁のようなド田舎でも夜でもそこそこに客が入っているということは、驚嘆に値すると言っても過言ではない。

遠方のお客様を引っ張っている証でもある。

どうもご馳走様でした!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
 
6月13日(金) にしむら蕎麦店の親子丼と山菜蕎麦    

娘と一緒に、にしむら蕎麦店へ食事に出掛けた。注文したものは、親子丼と山菜蕎麦。

どこかの○東○郎などとは違い、こちらは美味しいメニューが低価格で食べられるのが嬉しい。

このような食事の他に、グラスビールと生酒、そして酒のアテを2〜3品頼んでも、精々、3000円台でおさまる。

ところが○東○郎などと言ったら、この軽く倍以上の、おそらく8000円台になると思う。まあそれだけ掛かっても、料理に感動を覚えるのならまだしも、そうではないのだから達が悪い。

店の雰囲気も大切だが、京都の祇園あたりの一流料亭で食べているのではないのだから、あまり価格が張るのは考え物でもある!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月12日(木) ステーキ宮の国産牛    

先日、ステーキ宮へ食事に出掛けた折、たまには良い肉でもと思い、和牛のヒレのステーキを注文してみた。

そうしたならば、いつもの宮のタレが最初からドバッと掛かっているのではなく、別皿に塩やらそのタレやらレモン汁などと選択できるタレを持って来てくれた。

やっぱり、このような大きなチェーン店でも、国産和牛の良い肉には、いつもの玉葱と大根おろしベースの味の濃いタレでなく、肉そのものの味を堪能できるタレを持ってきてくれるんだなーと改めて感じた次第である。

どうもご馳走様でした!

※冷酒が置いててあるのは嬉しいですね!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月11日(水) 頂き物の流水麺のような冷やし中華    

きょうのお昼はいただき物の冷し中華。あらかじめ茹でてあり、水で晒すタイプの流水麺のようなタイプの麺だが、それなりに美味しかった。

ただ、水で晒していると、如何にも不健康そうな油みたいのが浮いてきて、それだけは戴けなかった。まあでも、もらい物なので贅沢は言ってられない。

確か、本家のシマダヤの流水麺も、いくら水で洗い流しても酢の匂いが少し残っていたのが気になるが、調理不要なのでどこかにそのシワ寄せは来る。

まあそんなもんであろうが、とりあえずはご馳走さま!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
   
6月10日(火) 乾蕎麦が美味しい!    

いよいよ梅雨本番だ。このようなジメジメ蒸し蒸しとした季節を迎えると、冷たい麺が恋しい。

さて、そんな今日のお昼ご飯は、小諸七兵衛蕎麦(信州星野製)を茹でて、冷たい汁に揚げダマを浸して食べた。(しのだ蕎麦) 揚げダマの香ばしさが、汁の旨味をより一層引き立たせる。

とても美味しくいただき、どうもご馳走さま! さあ、午後の業務へ突入だ!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
   
6月9日(月) 麦秋    

昨秋は常陸秋蕎麦を蒔いた弊社近くの畑。この春は小麦をつくった様だ。『さとのそら』という新品種だろうか。

季節は梅雨を迎えようとジメジメとした日々が続いているのに、小麦の実った穂先の茶色が一際あたり一面の初夏の色とは好対照だ。

『麦秋』とはよく名付けたようだ。とても良い言葉である!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月8日(日) 蕎麦屋で一献    

雨の日曜日。そんな憂鬱な日は、蕎麦屋で憩って日々の疲れを取る。こんな時間を過ごしたい!

オニオンスライス、モツ煮込み、冷奴、これらをアテに、冷酒で乾杯。〆は軽くせいろで。

ご馳走様でした!

※筑西警察署脇の松栄庵。ひとつひとつのメニューがプロの造る逸品です。皆様も是非どうぞ訪れてみてください。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月7日(土) 信州・滝沢更科の蕎麦    

そちらこちらの量販店で見掛ける滝沢更科の乾麺の蕎麦。

試食してみようと試しに購入。書かれてある茹で時間通り茹で、冷水にて晒し、皿に盛る。つゆはマルちゃん製の濃縮めんつゆを使用。このつゆは蕎麦には適合している。

山芋入りとあるので、独特のヌメリ感もあり、喉越しも抜群。乾麺の蕎麦にはなかなか無い、香りや蕎麦の味もする。

これは相当質の良い蕎麦粉と挽き立ての蕎麦粉を使用している証だ。

とても美味しくいただき、どうもご馳走様でした!!

※この夏、いや、年越しもこの蕎麦で今年はいける…そんな逸品です。お勧めの乾蕎麦です。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月6日(金) 真壁街中、みかど食堂で軽く打ち合わせ    

某社と御中元商戦の打ち合わせをする。今回は何年か前にリニューアルした常陽バンク裏手のみかど食堂で。

蒸し暑かったので軽くアサヒSDにて喉を潤し、〆は御中元商戦に勝つために、カツカレーで締めた。

ごく平凡の味だが、美味しかった。ご馳走様でした!

※今年の夏場は、カキヌマの原点でもある、乾麺を売る!ということに、より一層、力を傾注していこうと思っています。もちろん蕎麦粉も新しい鮮度保持のパッケージで、今までの倍増目指して、手は抜きません。よろしくお願いいたします。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月5日(木) 東京ドームへ行ってきました!    

先月、ドームへナイター観戦に出掛けた折、呑もうと思って買ったが、飲みきれず持ち返した日本酒。その名も、『東京ドームへ行って来ました』。

なんてこたぁない、月桂冠の上選である。カレーをツマミにこれで軽く晩酌。

ご馳走様でした!

※ついつい野球観ながら飲み過ぎてしまいました。これまで飲むと帰って来られなくなりそうでしたので、お土産とした次第です。試合のほうは巨人が負けてしまいました。

※最近の巨人が調子悪いのは、阿部、村田、長野あたりが打てないからです。みんな給料もらい過ぎで気持ち的にハングリー精神が欠如しているのが原因でしょう。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月4日(水) 三層加熱熟成麺    

大手乾麺メーカーの新しい製品だ。三層加熱熟成麺とやらで、なんだかずいぶんと手の込んだ造り方をしているようだ。

確かに、喉越しなども異様に滑らかでコリっとしている。でも、なんだか小麦本来の風味だとか、乾麺独特の味や弾力性とかが、あまりにも手の込んだ造り方の為に消されているような気がしてならない。

ただ唯一の利点は、茹で伸びがしないような気はする。それはとても良いことではあるのだが、茹で伸びした、ダラ〜っとした麺を食べるのも情緒があっていいものだ。

私などは、あんまり手の込んだ造り方の麺ではなく、あくまでも普通の乾麺が美味しいような気がするが、大手メーカーは最先端の食の嗜好性を研究探求した証の製品なのだろう。

たかが乾麺されど乾麺ということなのかもしれない。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月3日(火) 打ち合わせ    

某社との打ち合わせの為に、協和中央病院前の坂東太郎へ再び行く。夏場の乾麺の仕事の打ち合わせである。

先日、製麺機械を入れ替えたばかりなので、新しい仕事はとても有難い。設備をしたことで、新しい仕事も取って行かないと、その膨大な投資が無駄になってしまう。

弊社の乾麺造りは、戦後間もない時からやっているので歴史は古い。ただ、昭和50年代以降は、蕎麦粉の製粉に力を入れてしまったので、乾麺設備の更新もだいぶ同業他社よりは遅れてしまっていた。

が、念願の新しい機械がこの度入ったので、仕事量も増やしていかないと、と考えていたところだ。前向きに前進あるのみだ。新しいことも積極的に取って行かないとならない。

※冷酒・坂東太郎で喉を潤し、鶏軟骨揚げ、ごぼうのから揚げを酒のアテとし、〆はせいろ蕎麦をいただきました。店造りにお金が掛かっている為に、たいして飲み食いはしていないのに、料金が嵩むというのが難点ですが、これも仕方がないことなのでしょう。

※蕎麦の写真が撮った積もりが撮れていませんでした。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月2日(月) プロの成せる技    

下館警察脇の松栄庵は、すべてにおいてプロの商品を提供している。細かくいうと、蕎麦の締め具合、長さ、汁の冷たさ、鶉の卵付き、天つゆの別添え、それに付いてくる大根おろしとおろしショウガ、天ぷらの衣のゴマ油の利かせ具合、海老の延ばせ方・・・などなど。

パッと思い浮かべてもこれらのことがすぐに思い浮かんでくる。味が良いのは当たり前で、その他でこれくらいのことが浮かぶ。

普通は夜の部は苦戦する個人店が多いのだが、昨晩はあっという間に満席に相成った。味が良い、腕が良いというのは、お客さんも百も承知である。

どうもご馳走様でした!!

※〆の蕎麦湯で満腹満足也!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
   
6月1日(日) 近所の食堂でまったりと    

近所の食堂でまったりとした昼食タイムを過ごす。

キリンラガーを野菜炒めをあてに飲み干し、〆はタン麺で。普段の野菜不足を補うのにはちょうど良い。

一緒に行った社員は、ニラレバ炒め定食で。本格的な忙しさを迎える前に、栄養を付けさせないと・・・。(忙しくなればいいなぁという願望付きで)

どうもご馳走様でした!!

※どれもこれも普通ですが、美味しいです。キリンラガーも渋さがウリで美味しいですね。久々でした。缶ビールよりは瓶ビールのほうのが、香りが引き立っていますね。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
   
TOP
カレンダー
2014年 6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
             
 前月   翌月 
過去の記事
 2014年05月 
 2014年04月 
 2014年03月 
 2014年02月 
 2014年01月 
 
 2013年12月 
 2013年11月 
 2013年10月 
 2013年09月 
 2013年08月 
 2013年07月 
 2013年06月 
 2013年05月 
 2013年04月 
 2013年03月 
 2013年02月 
 2013年01月 
 
 2012年12月 
 2012年11月 
 2012年10月 
 2012年09月 
 2012年08月 
 2012年07月 
 2012年06月 
 2012年05月 
 2012年04月 
 2012年03月 
 2012年02月 
 2012年01月 
 
 2011年12月 
 2011年11月 
 2011年10月 
 2011年09月 
 2011年08月 
 2011年07月 
 2011年06月 
 2011年05月 
 2011年04月 
 2011年03月 
 2011年02月 
 2011年01月 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロフィール
【名前】 柿沼 勝雄
【血液型】 A型
【星座】 いて座
【趣味】 野球・仕事
【性格】 まじめ・頑固
【好物】 麺類・イカの塩辛