4月30日(火) 途中切り上げ、そしてラーメン屋さんへ    

新しくオープンした蕎麦屋さんへ出掛けたのだが、注文したメニューがなかなか出てこない。舞茸の天ぷらはようやく出てきたが、肝心要のメインの蕎麦が来ない。

50分近く待ったが出てこない。TXの研究学園駅まで人を迎えに行かねばならず、メニューが出てくるのをあきらめて店を出る。

素人の人が趣味の延長で店を始めたらしく、働いているパートさんもどう見ても素人。この店の前途多難さを予想する。果たして一年先にはその存在はあるのだろうか?まあでもひとつ言えることは、蕎麦が相当に美味しければそんなことは関係なく繁盛するかもしれない。

さて、舞茸の天ぷらだけではどうにもお腹一杯にはならず、駅までの途中にある『一麺』という名古屋コーチンからダシを摂った塩ラーメンで有名なお店のラーメンでお腹を満たす。

この一麺は豊里本店と、あとつくば市の上広岡というところに支店がある。塩ワンタン麺などが絶品のラーメン店だ。

※写真は塩チャーシューワンタン麺。確か1050円だったかな。かなりレベルの高いラーメンです。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
4月29日(月) 大麦麺の試食    

某得意先から依頼されて製造する大麦麺。大麦の粉を練り込んで細めに切り出し、それを乾燥させたもの。

喉越しや味は、冷麦に似ているが風味がちょっと違う。それが大麦粉の香りだろう。

まあ、取り留めて特徴もなかろうが、健康志向と目先を変える意味でのインパクトはあるだろう。

※特注商品なので弊社では販売しておりません。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
4月28日(日) いやいや、何ともジャンキーなぺヤング蕎麦    

これぞ極め付け!ジャンキーフードの傑作品。

群馬はぺヤングのやきそば(カップ麺)ではなく、蕎麦製品。甘いタレが少し度が行き過ぎ。試しに購入してみたが、50代の私では年に一回も食べればそれで良し。

もうしばらく食べないであろうそれは、後味が化調??の悪いところが出てしまい芳しくない。タレが甘すぎる。

一回転して市場から消えることもなかろうが、ただ一つ言えることは蕎麦の消費拡大、底辺のボトムアップの為には、それはそれなりに役に立っている。

売れることを祈る!というか市場に出回って来ているということは、モニター試験なども経てのことだろうから、売れるのだろう。大手の蕎麦粉製粉所の蕎麦粉供給だろうけど・・・。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
4月27日(土) 家飯の合い盛りセット    

最近は体重も77キロ近くまで落ちて来て、目標の75キロまであと2キロに迫ってきた。前にも書いたが、昨年の今頃は85キロ超あったのだが、一年後の今現在は、77キロまで減ってきた。秘訣は特にないが、腹七分目ということだろうか?

さて、前置きが長くなってしまったが、私は夜の晩酌のあとは、炭水化物は食べないことにしている。そのようなことも体重自然減の要因でもあろうが、昨晩は素麺と蕎麦が一緒に茹でてある、いわゆる合い盛りが食卓に並んだ。しかも温かい肉汁付きでだ。

これはいくら晩酌のあと、食べないとはいえ、こうも美味しそうな好物が揃っていては食べねばならない。

乾麺の蕎麦と、素麺とのハーモニーを楽しんだ次第である!

※いよいよ5月。GWもまじか。乾麺の美味しい季節となってきました。弊社、第二工場直売所『つくばの里のそば工房』はGWも休まず営業しています。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
   
4月26日(金) 取引先社長来社    

埼玉の取引先の社長が見えたので、昼ご飯に誘った。行先は近くの『鴨亭』。

鴨せいろと鴨肉の燻製に舌鼓を打った。

久々に来社された社長さんは、やっぱりいろんな話が練れていて、ついついこちらもその話に引き込まれてしまった。そこが社長たる所以でもあるのだが・・・。

小一時間ほど歓談してお開きとなったが、取引の過程においてはいろいろなことが起きるが、これからもお互いにこの埼玉の会社とは良い意味での関係が保たれてお付き合いできるだろう。

良い取引とは末長く続く事だと思う。この埼玉の会社とも、もうかれこれ40年以上お付き合いさせていただいている。そういうものである!!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
4月25日(木) 都内へ急遽出張    

きょうは都内へ急遽出張。GW前に決めておかねばならない案件があったので、朝、急々と真壁を出る。研究学園駅からTX利用にて。荷物ない時の都内行きはこれに限る。

とりあえず、一軒目の用事を済ませてJR代々木駅付近を歩いていたならば、代々木庵という街中蕎麦店を発見。そこで昼飯とする。

蕎麦も食べたかったが、ご飯も食べたかったので、メニューを見てもセットものなどあるようにも思えず、迷った末に天丼を注文。

これが大当たり。900円だが大振りの海老が丼から溢れんばかりに硬めのタレの掛かったご飯の上に乗っている。旨いっ!と思わず唸ってしまった。都内の街中蕎麦店の恐るべしパワーをこのあたりにも垣間見ることができる。

用事もすべて済んで、夕方近く秋葉原駅まで来たら小腹も空いてきたので、そこはやっぱり蕎麦も啜らないと都内へ来た甲斐もない。

かけ蕎麦を構内の立ち食いで啜り込み帰路へ着いた。それにしてもきょうの昼ご飯の天丼は美味しかった!!

※都内街中店ではセットものはないやと思いきや、後から入ってくる客が盛りセットというのを注文していました。常連さんはほとんどこればっかりでした。出てくるのを見てみたら、美味しそうなカツ丼と盛り蕎麦のセットものでした。次回、この代々木庵という店の近くを通ったならば、今度はこれを食べてみましょう。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
4月24日(水) コンビニ麺での昼食    

きょうの昼飯は、コンビニ麺&コンビニ飯での昼食。

麺は麺と言っても、パスタ。春キャベツを使用した白物パスタ。結構、ヘルシーで美味しい。ご飯ものは、ドリア。 名称は忘れたが、オムライス風のデミグラスソースの掛かったドリア。

レンジで所定どうり温めて食べると、フーハーフーハーで熱々で美味しい。

このようなコンビニ飯の昼食も時々は美味しい。いつもだと飽きてくるが・・・・。

※両方とも完食すると相当カロリーは高そうですね!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
4月23日(火) 知人と蕎麦屋で食事    

きょうのお昼ご飯は、知人と蕎麦屋さんでの食事。下館の『なかせい』という蕎麦屋さん。

知人、なめこおろし蕎麦の温かいタイプ、いわゆる、種物の蕎麦。私は鴨せいろ蕎麦と、ミニマグロ丼。ミニマグロ丼は半分は食べてもらった。

1年振りくらいにこの店を訪れたが、店内も綺麗だし、ホールの方の応対もキビキビとしていて小気味よいし、肝心要の蕎麦と汁が美味しい。

真壁にこの様な店がないのが残念だが、わざわざでもまた訪問し、美味しい蕎麦を満喫しに行きたいと思う。

※もとしろ蕎麦店(下妻)と同じに山形は板蕎麦タイプの蕎麦の提供の仕方です。なんとなくメニューなども似ているので、店主がそれぞれどこかで同じ釜の飯を食べたかもしれませんね。あくまでも推測ですが・・・。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
   
4月22日(月) カレーうどんと白飯のにぎり飯    

きょうのお昼ご飯は、カレーうどんとにぎり飯。カレーうどんは乾麺タイプのスープを入れて煮込んでいくもの。にぎり飯は、白飯の塩むすび。

質素だけどとても美味しかった。たまには、こんなシンプルなお昼ご飯が嬉しい。

※もちろん、カレーの汁は後ろ髪を引かれる思いで、全部は飲み干しませんでした。もったいないですが、健康を考えた上でのことなので仕方ありません。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
4月21日(日) 焼うどん    

良く利用させていただいているほかほか弁当。きょうはそのメニューを良く見ていたならば、焼うどんを発見。で、早速購入。

醤油味で味付けされた熱々で太めのうどんは、思いの外、美味しい。

これは酒のツマミにもなるし、ご飯のおかずにもイケる。恐るべしうどんパワー。

いいぞ、焼うどん!!

※もちろん、これのみの食事もオーケー。これはなかなかの隠れメニュー。また、注文しますっ! (七味、一味を振るとより一層、美味さが引き立ちます。)

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
4月20日(土) 八重桜がきれい!    

弊社の裏手を通っている筑波リンリン道路。以前、筑波線というディーゼル車が、岩瀬から土浦まで走っていて、それが昭和61年に廃線となり、そのあとにできた散歩路である。

ちょうど弊社裏手のあたりには、八重桜が植えてあり、ちょうど一年の間でも今頃が見頃である。

今から40年程前、私が小学生の高学年だった頃、この筑波線を利用して土浦までよく行った。

そして、駅前の丸井やヨーカドー、さらに少し離れて京成や小網屋などという、土浦駅前のデパート街を歩いて、その後、屋上の遊具施設で遊んで、腹が空いたらその下の大食堂でオムライスやらカレーライスなどを食べる。

そうして、一日遊んできたのを、このリンリン道路を見る度に思い出す。もうあれから早、40年以上経つ。だが、筑波線後は、こうして八重桜満開のリンリン道路という形で受け継がれている。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
4月19日(金) 蕎麦を食らう!    

繁忙さが限度に近付いてくると、ストレスが溜まってくる。そんなストレスを解消するには、私の場合には、蕎麦を思い切り食らうことだ。

人間、誰しもストレスはある!その解消の仕方も人それぞれ。

私は蕎麦を思い切り食べれば解消される。至極単純明快でよろしい、都合がよい。

※弊社、乾麺の蕎麦を茹でて食べたのですが、とても美味しかったです。いよいよ、GWまじか。乾麺の蕎麦の美味しい季節になってきましたね!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
4月18日(木) 打ち合わせ    

来年、設備を更新しようと考えている乾麺機械の現場打ち合わせの日だ。機械メーカーさんに来社いただき、現場を見てもらい設計、見積もりをしていただく。

これにより、機械設備の第一歩が始まった。入念にも入念過ぎるくらいの準備をして事に当たる。失敗は許されず真剣に前へ進んでいかないとならない。

ひとしきり現場見学、打ち合わせが終了したら、仲介の商社さんともどもN蕎麦店へ移動して昼食。

天盛り蕎麦の大盛りを注文したのだが、私の言い方がまずかったのか、天ぷらがいつになっても届かない。そこでしかたないので、ビールを注文して天ぷらが届くのを待つ。

おかげで蕎麦が少し延びてしまったが仕方なし。しっかり頼んまっせ!おかみさん。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
4月17日(水) 綺麗な店で蕎麦も美味い(もとしろ)    

下妻市に所在するもとしろ蕎麦屋。店が綺麗で蕎麦も美味しい。

近くに行った際には、時々寄り食事をしてくる。きょうはそんなもとしろ蕎麦店でカツ丼セットの食事。とても美味しかった。

店が綺麗で蕎麦も美味しいが、働いているパートの仲居さんも綺麗なのは何かの関連性があるのだろうか?そんな風に思った次第である!

※平打ちにされた蕎麦が喉越し抜群で美味しいです。店主の腕も相当にレベルが高いようです。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
4月16日(火) 丸うすアラ挽き蕎麦粉外一での昼食    

本日の昼食は、昨日に続き蕎麦粉の状態を見る為の、試食を兼ねての食事となった。きょうは丸うすアラ挽き蕎麦粉を外一で打った蕎麦だ。

外一(ソトイチ又はトイチと呼ぶ)は、蕎麦粉1Kの場合、つなぎを100g入れて打った蕎麦の事を言う。配合率だと9.1対0.9といった割合となろうか?要するに9対1よりも少し蕎麦粉の割合が多くなる。

さて、外一の割合だときこうちほどには扱い方、茹で方とも神経質にならなくてよかろう。つなぎの小麦粉が一割弱入ることになると、その扱い方もそれ以上に易しくなってくる。この様な事は蕎麦の七不思議の(特に不思議が七つあるわけではないけど)ひとつでもある。

食べた印象もこのつなぎが1割弱入ることにより、モチモチ感と弾力性が生まれ、食感的には美味しくなる。私はどちらかというとつなぎが多少入っていたほうのが好きである。

まあともかく、蕎麦はいろいろな配合割合があるが、十人十色でどれが良いも、どれが悪いもない。要は食べる人が美味しければ良いだけなのだ。

ただ、蕎麦粉については鮮度の良い石臼挽き粉使用のほうのが好ましいと思う。

※昨日の写真のせいろ蕎麦粉100%の蕎麦とは微妙に違いますね!食感もかなり違います。香り甘みは下のきこうち蕎麦のほうのが良いですね。ともかく、微妙な違いです。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
4月15日(月) せいろ蕎麦粉きこうちでの昼食    

蕎麦打ち職人に打ってにらった、せいろ蕎麦粉を使用したきこうち蕎麦にての昼食だ。蕎麦粉の状態を見る為の試食も兼ねてである。

出来の悪いきこうち蕎麦だと、食べるのも大変だが、上手な人が打った蕎麦ならば美味しくいただける。写真の物は、まさしく上手な人が打ったきこうち(十割)蕎麦である!

きこうち蕎麦は、何せつなぎが入っておらず蕎麦粉の持つ水溶性のタンパク質のみで繋がっているので、とにかくデリケートな代物だ。取り扱いには注意の上にも注意を重ねて当たらないといけない。

茹でている最中も、箸等で掻き混ぜようものならばブツブツと切れて短くなってしまう。きこうち(十割)蕎麦は打ち手の技術ももちろん高等なことは当たり前だが、食べる側の扱い方、特に茹で・・・これなども高等技術でないといけない。

そのような事がすべてクリアされて初めて美味しく食べられることなのであろう!そんな面倒な事など嫌だ!・・となるならば、きこうち(十割)蕎麦などは、食べないことに越したことはない。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
4月14日(日) 天丼セット    

前を通り掛かって、時間を見たらちょうど昼時。迷わず滑り込み、メニューと睨めっこ。最近よく行く、S庵蕎麦店。

さぁて、きょうは何を食べようか?そんなことで、野菜天ざるとミニ天丼に決定。

天ぷらのオンパレードだが、この店の天ぷらはごま油が利いていて、私好みの風味の天ぷらである。とても美味しい。

だけど、脂ものの取り過ぎには注意しないと。こんな昼ご飯を食べた時は、夜はさっぱりとしたものを軽く。それでよいのだ!!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
4月13日(土) 某蕎麦店の土産蕎麦    

水戸方面の某蕎麦店のお土産蕎麦。頂き物なので価格は分からない。 が、汁と揚げ玉も付いていて、わくわく気分。

このように頂き物の初めて食べる蕎麦を茹でる時は、ワクワクとして楽しくなってくる。

で、茹でて早速食べてみたが、香りは弱いが、コシは十分。汁はまさしく蕎麦屋さんの手造り味で、揚げ玉も入れて味わうと、もうそこは蕎麦屋さんで食べている感覚。

美味かった!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
   
4月12日(金) まだまだ入荷!    

JA下妻産の常陸秋蕎麦。今年はまあまあの豊作で、この時期でも大量入荷。収穫後、もうかなり時間も経つので、品質も安定している。しばらくはここの物で石臼粉を挽く。

その後は、JA北筑波物が入荷の予定。今年は原料的に不足の心配はないが、問題はそれがどれだけ売れるのかが今後の課題となってくる。

蕎麦粉は野菜を粉末にしたような物なので、鮮度が命。粉屋もそこのところを肝に銘じて扱わないといけない。もちろん、ユーザーも同様にだ。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
4月11日(木) ヒグマラーメン?    

永谷園で販売の乾麺を製造している北海道のF製麺。そこのインスタントタイプの土産ラーメンをいただいたので、早速、試食してみる。

コシの強い、しっかりと色の付いた縮れ麺は、まさしく北海道物。スープもきりっとした醤油味でこれもまさしく北海道の味。なかなか美味しい優れ物。

味噌味もあるのでこれは次回のお楽しみ!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
4月10日(水) カツ丼セット    

取引先の営業と昼飯へ。近くのN蕎麦店。全品が合格点レベルの味の店だ。

きょうは久々にカツ丼が食べたく、カツ丼セットの温かい蕎麦にて。

それにしても、蕎麦屋のカツ丼は何故か旨い。肉の味ならば、トンカツ屋で食べるカツ丼のが美味いかもしれないが、タレの味だとか、総合力ではどういうわけか、蕎麦屋のほうのが旨い。

何故なんだろう?

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
4月9日(火) 十割蕎麦    

頂き物の十割蕎麦で昼食を。ともかく、十割蕎麦は女心と一緒でデリケート且つ難しい。また、旬の時間も短い。

それこそ本当の打ち立てを茹でて食べないとブツブツと切れる。もちろん、十割蕎麦にふさわしい蕎麦粉を使用して始めて十割蕎麦は成り立つ。

茹でている間に箸でかき混ぜようものならば、やはり、ブツブツ切れる。つなぎである小麦粉を使ってこその蕎麦なので、十割蕎麦はどちらかというとマニアックな異次元の世界とも言えようが・・。

なるべくならば二八とか七三とか、そのあたりの配合の蕎麦のほうのが美味しく感じることもある。程々で良いと思う。何事も腹七分目の程々のほうのが、精神衛生上も良いものである!!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
4月8日(月) 浜寿司    

回転ずしチェーン店の浜寿司、下館店で食事。

メニューに鴨南蛮蕎麦があったので、目を惹き興味津々で注文。鴨ダシ利いて蕎麦も美味い。なかなかのレベルだ。磯うどんやら天ぷら蕎麦など、他の麺類ノメニューも充実。

8皿食べてお腹も膨れたのでそれにて終了。昔ならば15皿行けたが、今は自重というかそんなに食べられなくなった。

魚(マグロかな?)のフライが、熱々で美味しかった。また食べに行こう!!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
4月7日(日) 風強し    

爆弾低気圧の影響で風が強い。また、昨晩は筑波山麓のこのあたりも、雨が猛烈に降った。

昨年も確か、ちょうどこの時期に大荒れになったが、春は移り気早い女性の心のように、めまぐるしくお天気も変わる。

さて、きょうのそんな昼飯は、某得意先の特注物の乾麺の蕎麦の試食を兼ねて。シコシコとした食感に、コリっとした乾麺特有の歯触り。そして、ほのかな甘みと香り。

既製品ではあるが、ダシの利いためんつゆにて食べるととても美味しく幸せな気分に浸れる。そんな風の強い休日の昼下がりだった。

※国産最高級の石臼挽き蕎麦粉指定の乾麺の蕎麦なので、そんじょそこいらのスーパーマーケットではお目に掛かれないくらいレベルの高い蕎麦です。桜川市の某所の農産物直売所にて販売していますとのことです。とりあえず。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
4月6日(土) 家庭向き電動石臼    

最近、家庭向きの電動石臼を仕入れてみた。試験挽きもしてみたが、丸抜きを投入してみて3回ほど繰り返して挽くと少々粗めだが、どうにか蕎麦粉になる。

直径は21センチと小型なのが難点で、重さがないぶん一回では粉にならず三回必要となるわけだ。

ただ、小型なので重量も20キロ弱と、持ち運びできるのが利点。また、鮮度の良い挽き立ての蕎麦粉を使用できるのも大きな武器だ。何せ、蕎麦粉は野菜を粉末にしたようなもので、鮮度が命となる。

弊社、直売所に展示してあるので興味のある方は是非!!価格は126000円。取り寄せ販売となる。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
4月5日(金) 洋食屋    

常磐線の常陸野牛久駅は、最近めっきり開発が進み、大きなマンションや商業施設がたくさん建ってきている。今から10年以上前は野っ原だったのが、この10年で大きく変わった。

ちょうど行く機会があったので、駅前をぶらぶらしてお店の立地環境なども興味があり調べていたのだが、蕎麦屋さんはまだ一軒しかないようだ。入ろうとも思ったのだが、今回は洋食のレストランへ入る。

ステーキのセットものを注文する。それとサラダ。肉質は硬いが、温かいうちならば食べられるというもの。

でも思うが、人口はこれから先はどんどん減って行く中、こうして開発が進む地域もあれば、それ以上に過疎が進む地域もあるんだ・・・ということも認識せねばなるまい。

※サラダにステーキ。アメリカンチックな食事。ただ、ライスとパンどちらか?と問われたのでもちろんライスを選択。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
4月4日(木) 稲庭温素麺    

チキンラーメン方式で、丼にお湯を注ぎ蓋をして4分で出来上がる。稲庭温素麺。350円と価格は少し高めだが、弊社直売所にて販売中!

ブランド物の素麺が350円という価格で食べられると思えば納得というもの。油で揚げていない自然乾燥麺なので、健康にも良い。

限定にて50個のみの販売。是非!!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
 
4月3日(水) 麺三昧    

きょうの昼ご飯は、コンビニ麺で。ネバネバが特徴のオクラ入りおろしぶっかけ蕎麦と極太つけ麺。ダシが煮干しの利いた和風物。

どちらもまあまあ食べられるレベルだが、けして美味しいとは言えない。どうにか食べられるという感じ。

年度始めにて雑務多く、昼ご飯が食べに行く時間がないから仕方がない。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
 
4月2日(火) 割烹・小島    

4月に入り、過去の出来事を書いて甚だ恐縮なのだが、月末が棚卸やら給与計算などで忙しく、更新できなかったので悪しからず。

さて、先週の土曜日、知人後輩と軽く一杯呑もう・・・ということになり、下妻市の割烹屋さんへ行って来た。昼は定食屋さんだが、夜は居酒屋のような割烹屋さんとなる。

下妻市小島に所在する小島さん。素晴らしいコストパフォーマンスの店だ。写真のような物を飲み食いし、一万円でかなりのお釣りが来る。刺身などは二人前で頼んだが、どうみてもその倍の4人前ありそう。イカの天ぷらも衣フワフワ、中身プリプリ。鯵フライは身が分厚く食べ応えあり。いずれにせよ、かなり満足できる店だ。

このような品と価格で満足できる割烹屋さんは我が真壁町にはないので、わざわざでも17〜8キロ離れた所まで出掛けていくというわけなのである。

とても美味しくどうもご馳走様でした。また、行きます。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
 
4月1日(月) 日高屋    

先日、長男の社員寮への引っ越しで、船橋市の西習志野(習志野市ではなく、船橋市の西習志野なのである、どういうわけか)というところへ行って来た。閑静な住宅街で静かで良い環境だ。

とりあえず、荷物も部屋に上げて飯でも食おうということに。普通、引っ越しというと、引っ越し蕎麦なのだが、駅前(新京成線、北習志野駅又は東葉高速線、北習志野駅、船橋市なのにすべてに習志野が付く)に行ってみると、そこそこお店関係はあるのだが、蕎麦屋さんは見当たらない。

時刻も15時近くになっていて腹もかなり空いていたので、仕方なく駅前の日高屋に入店。都内近郊で駅前立地の格安中華店で、最近勢力を伸ばしている店だ。

さて、普段の野菜不足を補うために野菜たっぷりのタン麺を注文。それと餃子。これで確か、680円だった。格安な割には味の方もまあまあで、あの幸楽苑のラーメンよりは美味しい気がした。

ただ、引っ越し蕎麦を食べれなかったことは残念だが、初めての土地なので仕方ない。帰って来て調べたら、満留賀とか藪そばなどの暖簾屋さんが近くにあったので、それは是非、次回の楽しみとしよう。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
TOP
カレンダー
2013年 4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
             
 前月   翌月 
過去の記事
 2013年03月 
 2013年02月 
 2013年01月 
 
 2012年12月 
 2012年11月 
 2012年10月 
 2012年09月 
 2012年08月 
 2012年07月 
 2012年06月 
 2012年05月 
 2012年04月 
 2012年03月 
 2012年02月 
 2012年01月 
 
 2011年12月 
 2011年11月 
 2011年10月 
 2011年09月 
 2011年08月 
 2011年07月 
 2011年06月 
 2011年05月 
 2011年04月 
 2011年03月 
 2011年02月 
 2011年01月 
 
 2010年12月 
 2010年11月 
 2010年10月 
 2010年09月 
 2010年08月 
 2010年07月 
 2010年06月 
 2010年05月 
 2010年04月 
 2010年03月 
 2010年02月 
 2010年01月 
 
 
 
 
 
 
プロフィール
【名前】 柿沼 勝雄
【血液型】 A型
【星座】 いて座
【趣味】 野球・仕事
【性格】 まじめ・頑固
【好物】 麺類・イカの塩辛