12月28日(水) きょうの一杯    

かなりバタバタしていて飯の時間が取れない。直売の売り上げも三桁突入も近い将来、来ると嬉しいが・・・。

さて、きょうの昼ご飯は、弊社の乾麺の棒中華麺を茹でて備え付けの醤油スープにて、あっさりとしたラーメンにて。

にぎり飯二個添えにて、まあまあの充実した昼食。ただ、限られた短時間の中で胃袋へ流し込んだという感じ。だが、心は充実している。

あと3日で今年も終わりだ!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
12月27日(火) きょうの一杯    

きょうの一杯は弊社なまそばの試食。やはり戴き物の鴨の燻製を入れて。なかなか美味なり!

汁は少し薄めだったが、ダシが利いていて蕎麦の味が引き立つ。蕎麦粉の状態も非常に良いようだ!

※この鴨肉は都内の問屋さんから毎年いただくのですが、この戴き物が食卓に出てくると、私の中で1年ももうそろそろ終わりなんだなぁという実感がひしひしと湧いてきます。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
   
12月26日(月) きょうの一杯    

最近テレビCMでよく見かける。鍋ひとつで調理できる茹でこぼし不要のインスタントラーメンタイプの方式。

確かに美味しいが、若干のヌメリ感あり。その分マイナス。出来れば蕎麦が茹で上がったら、きれいに水洗いして調理したほうがより美味しく戴けるだろう。

それにしても近頃の永谷園、乾麺の需要拡大にはとても役立っている。業界の発展の為にはとても良いことだと思う。

※戴き物の鴨の燻製があったので、それを入れてみました。美味なり!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
12月25日(日) きょうの一杯    

今年最後の日曜日ということもあり、また、差し迫った仕事もあるので、きょうは全社員出勤で仕事にあたっている。この時期はどうしても受注に対して供給が追い付かなくなる。

さて、きょうの昼飯はにしむらへ。最近どうしても陽気のせいだろうか、種物が恋しい。

メニューからけんちん蕎麦に目が留まり、早速注文した。野菜がふんだんに入っていて汁の味もちょうどよく、蕎麦の茹で加減も丁度よい。これぞプロの成せる技!といったところだろうか。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
12月24日(土) きょうの一杯    

時間が取れず近所の食堂で昼食。交代制で昼食を摂っているのでコンビニ弁当か近所の食堂で・・ということになる。

きょうは腹もかなり空いていたのでラーメンライス。ラーメン550円とライス200円。おしんこと小鉢一品も付いてくるので、この組み合わせを最近は結構注文している。旨しっ!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
12月23日(金) きょうの一杯    

祭日だがきょうは年末と言うこともあり営業している。

第二工場直売所もおかげさまにて10周年を無事に終えて、かなりのお客様に認められて客足も年々増えてきた。とても有難いことである。

正月の三が日を除いて年中無休なので、お客様にとってもあそこへ行けば、いつ出掛けても開いていて便利だ・・ということなども客足が伸びた原因のひとつだと思っている。

また、粉や麺に関する物ならばほとんど商品が揃っていることなども重宝されてるのだろう。

さて、そんなことを思いながら、合間を縫って近所の食堂にてカツ丼の昼食。煮カツの味付けが美味しく3分ほどで平らげて帰社した。

慌ただしい昼食だったが、どうもご馳走様でした。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
12月22日(木) きょうの一杯    

きょうの一杯は弊社のなまそばを茹でて。温かいけんちん汁で付けけんちんとした。

晩酌を飲った後なので、より一層美味しく感じた。弊社のなまそばは、手打ち式製法にて、縦横縦横と伸ばしていき、最後は包丁切りなので食感が独特で結構人気がある。

年越し蕎麦用に27日〜29日にかけて量産体制に入る。このなまそばの大量生産の時期が来ると、いよいよ押し詰まり一年の終わりだなぁ〜という実感が湧いてくるというものである!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
   
12月21日(水) きょうの一杯    

きょうは水曜日。埼玉から小麦粉の営業マンが来る日だ。きょうは昼飯を一緒に食べようと思い、昼時間に合わせて来てもらう。

いつものにしむらへ。普通なら天ざるを注文するのだが、きょうは外も寒いので種物で。天ぷら蕎麦。

揚げ立てのジブジブとした海老天とかき揚げ。食べ進むうちに衣に汁がしみ込んで最高の美味しさへと。

これぞ天ぷら蕎麦の醍醐味を堪能しつつ食事を終えた。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
12月20日(火) きょうの一杯    

挽けども挽けども挽いた傍からなくなってしまう蕎麦粉。年間のうちでも今がピークだろうか?

12月も20日を迎えていよいよ押し詰まってきた。あと10日間、ラストスパートへ向けてエンジン全開。

さて、そんな中、きょうの昼飯は丸三へ。カレー蕎麦と天ぷら蕎麦の種物二品。種物のオンパレードだ。

結構満腹。汁はもちろん半分残した。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
12月19日(月) きょうの一杯    

近所の食堂の牡蠣フライ定食での昼食。

宮城産だろうか?それとも広島産だろうか?大振りの牡蠣がプリプリとしていて、また、濃厚な味で、なかなかの逸品だ。

やるな!近所の食堂。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
12月18日(日) きょうの一杯    

頂き物の稲庭うどんを茹でて昼食とする。秋田名物の手延べうどんだ。

茹で時間は5〜6分と普通の乾麺のうどんに比べて恐ろしく早い。滑らかさと喉越しの良さには目を見張るべきものがあるが、いつもコシの強いうどんを食べ慣れてる当方にとっては、なんか滑らか過ぎ、プニャプニャの腰抜けのようで物足りない感じも。

まあでも、この稲庭うどんは全国的にも名の通ってるうどんで、名品であることに変わりはない。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
12月17日(土) きょうの一杯    

思い切り蕎麦が食べたくなったので隣町の蕎麦屋さんへ行く。最近はここへ行く機会が増えた。

田舎系の蕎麦なのだが細めに切り出しているので、ボソボソ感がなく滑らかで喉越しも良い。蕎麦打ちの技術も相当高いように思う。

深めのザルにたっぷりと盛ってありお腹一杯だ。口直しのおしんこも嬉しい。なかなか面白い蕎麦屋さんで、これからも行く機会が増えるだろう。

クルマで20分くらいと近距離なのも有難い。

※きょうの出来栄えは今までで最高レベルでした。ざる蕎麦中盛り750円。啜っても啜ってもなかなか減ってきません。この店はあまり忙しくなって欲しくない店です。蕎麦の質が落ちてしまっては、元も子もありません。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
12月16日(金) きょうの一杯    

最近テレビCMでよく見かけるので試しに購入。製法特許も取ってあるようだ。

いわゆる、油で揚げていない蒸し麺を自然乾燥のように仕上げてある麺だ。つゆも粉末ではなくて液状のもの。スープはあらかじめ丼にお湯をさしてつくっておく。そこへ茹で上がった麺を入れて出来上がり。

確かによく出来たラーメンだが、これを即席めんとして売り出しているところがミソなのだろう。マルちゃん正麺というネーミングも興味深い。

※即席めんでは最高レベルのラーメンです。役所広司がCMをやってまっすね。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
12月15日(木) きょうの一杯    

私は鶏肉が好きなので蒸し鶏とトマトのサラダを作ってもらい、これをツマミに一杯。なんともヘルシーな感じの夕食だ。

トマトの酸味と蒸し鶏のハーモニーもなかなか合う。最後に蒸し鶏をおかずに炊き立てのご飯で締める。至福の晩御飯タイムだ。

疲れが癒されるというもの。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
12月14日(水) きょうの一杯    

近くのさわやか直売所というところで、五目ちらしと焼そばを買って来て昼食とする。

焼き鳥なども以前は売っていたのだが、今回はどういうわけかなかったので焼そばをおかず代わりにちらしをパク付く。

それなりに美味しい食事。たまにはこんなのも良いものである!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
12月13日(火) きょうの一杯    

セブンイレブンの汁なし坦々麺。美味しそうに見えたので、きょうはこれでの昼食。

カロリー高いが元気が出そう。味もまあまあ美味しかった。

少し味が濃いのが五十路にとっては少々きつし!なんだが・・。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
12月12日(月) きょうの一杯    

石臼粉が足りず(受注が供給を上回っている状況)、第一、第二、第三工場ともども石臼は24時間操業になってきた。見回り等もある為に熟睡できないが、そうなるとさすがに食欲も少し減退気味だ。

近所へ用足しに出掛けたついでに、山田のうどんにてたぬき蕎麦での食事。きょうはこれだけでお腹一杯だ。あと20日余り、気力で乗り切ろう!!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
12月11日(日) きょうの一杯    

きょうは日曜日。第二工場直売所はもちろん営業しているのだが、12月の今頃は夕方5時になると宵闇も迫ってくるので、仕事もほどほどに切り上げて夕食を食べに行く。

近くの香味鮮という中華屋さんに行く。とにかく、凄いボリュームの店で味付けは大まかな時も多いのだが、夜の時間帯はしっかりとした味付けで美味しい。なので、ここ真壁という田舎町でも夜も結構、繁盛している次第である!

※一枚目・・・海老チリ。2枚目・・・五目焼きそば。3枚目・・・蟹チャーハン。どれも普通の店の2倍の量のボリュームです。価格もびっくりするほどリーズナブルです。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
12月10日(土) きょうの一杯    

きょうは土曜日。本社工場から応援が来たので昼飯は外へ蕎麦を食べに行く。

ここ最近の日記では、私が時間取れなくてコンビニ弁当で済ます事が多い・・・ということを書く機会が増えて来たのだが、蕎麦粉や乾麺類を主な業務として商いをしていると、お盆前と年末にその大半の注文が来るので、本当に時間がないのである。

この時期を逃してしまったならば、このような商売などしないほうが良いのである。いわゆる、「ボンクラ商売」ならぬ「盆暮れ商売」なのである。食品類を扱う商売だとこのような時期に注文が集中するケースが多い。

さて、話が横道にそれてしまったが、久々の蕎麦屋さんはいつもの街中の丸三蕎麦店。定番のカレー蕎麦と盛り蕎麦の昼食。900円也。

いつものハーモニーを満喫した次第である。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
12月9日(金) きょうの一杯    

東京の外れの武蔵村山というところへ乾麺のうどんの配達に行ってきた。

道中一部、圏央道という高速を利用すると9時過ぎに出発して夕方の5時前には帰社できるので以前よりは近く感じた。

昼食は道端の山田のうどんにて済ます。トラックの運転手さんでいっぱいの最近人気急上昇中の蕎麦うどんの外食チェーン店だ。

ミニ豚丼と肉汁付け蕎麦。結構満足で美味しかった。特に肉汁が味付け良くできている。

店舗も以前よりは清潔感に溢れ、人気の高さがうかがえるというものだ!

※大きめの油揚げの入っている肉汁が以前より薄口になっていて美味しいです。けして淡泊ではなくてコクもそれなりにあります。研究心旺盛でとても良いと思う汁です。蕎麦(麺)は、まぁこんなもんでしょう。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
12月8日(木) きょうの一杯    

きょうの昼は家うどんにて済ます。弊社製、本生うどんを茹でて食す。

最高級の小麦粉をさぬき麺機製の手打ち式製麺機にて、たっぷり熟成させて造るので本当に美味しい逸品である。

大量生産効かないが、それが手間暇かけている所以。400グラム300円にて弊社直売所にて販売している。

小麦本来の旨味と讃岐顔負けのコシと喉越しを堪能したい方は是非!  第二工場直売所は12月31日まで休みなしにて営業中。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
12月7日(水) きょうの一杯    

きょうも時間が取れずコンビニの蕎麦。コンビニ蕎麦は種物に尽きる・・というのが私の持論だが、きょうもその通りにレンジでチンするタイプの天ぷら蕎麦だ。

少し平麺風の蕎麦が茹で伸びしていないでなかなか美味しい。汁に関してはコンビニ麺は研究され尽くしているので言うことなし。

海老天もそれなりにパリッカラッ感に優れていて美味しい。これとおにぎり二個で満腹だ。

まぁとりあえずはこれで良しということにしよう。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
12月6日(火) きょうの一杯    

なかなか時間が取れず昼飯も外に食べに行くことができない。きょうはご飯類がどうしても食べたくコンビニのチャーハンを買って来て昼ご飯とした。

レンジでチンして温め立てを食べるととても美味しい。味付けが醤油味でチャーシューも良く出来ている。

コンビニエンス=便利という意味だが、ここ四半世紀というものの、コンビニの猛発達(発展)にて外食産業会もすっかり様変わりしてしまったようである!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
12月5日(月) きょうの一杯    

きょうは私の誕生日というわけではないが、新蕎麦粉にて製麺した乾麺の常陸秋蕎麦を茹でて昼飯とする。

新蕎麦ということもあってか、心なしか色目と香りと甘みが普段より強く感じられる。とても美味しい乾麺の蕎麦だ。

製造量に限りがある為に量販店などには卸せないが、弊社の直売所にて販売している。

コキコキ感と喉越しが心地よいので200グラムなどペロリと平らげてしまう・・・そんな乾麺の蕎麦だ。甚だ手前味噌ではあるが・・・。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
12月4日(日) きょうの一杯    

JAから食材を週に3回ほど宅配してもらっているのだが、結構な頻度で麺類も入ってくる。今回は写真の半生うどんだった。

近隣の製麺所にて製造されたものなのだが、うどんはうどんでも手延べのうどんだったので、滑らかさが普通のうどんより優れていてとても美味しかった。

私はほとんど毎日晩酌をやるのでこのような美味しい麺類に巡り合えると、とてもハッピーな気分になれるというものである!

※やっぱり飲んだ後の〆には麺類が最高ですね!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
12月3日(土) きょうの一杯    

都内から玄蕎麦と小麦粉の大手の問屋さんが見える。いつものようにわざわざ、昼時間に合わせて来社いただいている。昼食を共にするためである。

にしむら蕎麦店へ行く。久々のにしむら。粉食業界の話などをしつつ、厚揚げと天ざる蕎麦の大盛りを食す。

甘めの汁だがダシが利いているのでコクがジンワリと感じ取られて美味しい。蕎麦もほのかな香りとコシがある。十分に合格点の蕎麦である。

こちらへ来ていただいた時には私の方でお代も持ちたいのだが、押し問答しても仕方がないのですっかりご馳走になってしまった次第である。どうもご馳走様でした。

※2枚目のさつま揚げがかなりの美味です。これをツマミにビールなども美味しそうです。天ざるはいつもように言うことなしです。万能向けに食べ易くできております。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
12月2日(金) きょうの一杯    

きょうの昼はやはり食べに行く時間がなく、コンビニ蕎麦。国産石臼挽き蕎麦粉仕様のざる蕎麦。

星粉を入れて、・・らしくは見せているが、ボソボソ感が何ともし難い。はっきり言ってあまり美味しいものではない。

やはりこの手のコンビニ蕎麦は、種物でないとその特徴が出ない。創意工夫はあるていど評価できても、ボソボソの食感では・・・???である。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
12月1日(木) きょうの一杯    

きょうから師走。つい先日、あけましておめでとうの正月を迎えたと思ったら、もう早、12月だ。時の流れは本当に早いものである。

と、同時に、私的にもなんだかんだと忙しなく、一日がとてもバタバタとしていて昼飯等も食べに行く時間が取れない。

そうなってくると、必然的に自社製品を調理して蕎麦を堪能するしか蕎麦に接する手立てがなくなってくる。

そんなわけで、きょうは弊社の製品である「地蔵っ子蕎麦」を茹でて食べる。この製品は麺の長さも20センチに抑えてあるためか、啜り上げて飲み込むには丁度よいアイテムだ。

さながらこれを使い、わんこ蕎麦大会などでも開催すれば、面白いことになるかもしれない。

そんなことを開催することも夢見て、日々、目の前の仕事をこなしていくことこそが今の私の役目である!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
 TOP
カレンダー
2011年 12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 前月   翌月 
過去の記事
 2011年11月 
 2011年10月 
 2011年09月 
 2011年08月 
 2011年07月 
 2011年06月 
 2011年05月 
 2011年04月 
 2011年03月 
 2011年02月 
 2011年01月 
 2010年12月 
 2010年11月 
 2010年10月 
 2010年09月 
 2010年08月 
 2010年07月 
 2010年06月 
 2010年05月 
 2010年04月 
 2010年03月 
 2010年02月 
 2010年01月 
 2009年12月 
 2009年11月 
 2009年10月 
 2009年09月 
 2009年08月 
 2009年07月 
 2009年06月 
 2009年05月 
 2009年04月 
 2009年03月 
 2009年02月 
 2009年01月 
 
 
 
 
 
プロフィール
【名前】 柿沼 勝雄
【血液型】 A型
【星座】 いて座
【趣味】 野球・仕事
【性格】 まじめ・頑固
【好物】 麺類・イカの塩辛