6月25日(土) きょうの一杯    

きょうは忙しくてどこにも食べに行くことができずに、真壁小学校近くのさつき食堂というところから出前を取った。

最近は出前と言えばここから取っている。私が小学生の頃から営業している店で、もちろん蕎麦店ではないのだが、すべての料理が美味しく、且つ、ボリュームもあり価格も安い。そんなことで永く繁盛しているのだろう。

※生姜焼き定食は厚みのある豚ロース肉が、柔らかく焼かれてあり、ご飯の美味しさも秀逸しています。この上のランクの厚切り焼定食は豚肉の厚さも軽く10ミリを超える程で、肉好きにはたまらない逸品です。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月24日(金) きょうの一杯    

ジャンクっぽい味が好きで、時々食べたくなるラーメンだ。ネギラーメンと半ライスで満足な昼食。

麺も熟成されてなくて何となく粉っぽいところが好きだ。これぞ小麦を食っているという感覚。オープン時よりも昼時などかなり混んできた。この味のファンも多くいるのだろう。ともかく旨いっ。

※モツ煮込みがメニューから消えていましたが、秋になればまた復活でしょうか。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月23日(木) きょうの一杯    

ふわっ〜とした天ぷらが食べたくなり、今日の昼は鬼太郎蕎麦の天盛り蕎麦の大盛り。1100円。

ここの店も数ある店の中のローテーションのひとつで、中四日とは言わずとも、谷間のひとつの店で、中2週間ぐらいの頻度で来るだろうか。そういう意味では駒が足りない時の奇襲戦法のような感覚だろうか?

久し振りで美味しかった。蕎麦湯を何杯も飲んでお腹はパンパン。

※きょうはいつもの大盛りよりも蕎麦が多かったような・・・。嬉しい限りです。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月22日(水) きょうの一杯    

乾麺もその時の水回し、捏ね時間、乾燥時間などの良し悪しで製品の仕上がりも微妙に変わって来るのだが、そうあってはいけないのだが時には不良品なども出してしまうことがある。

そうならない為にも、常々、自社製品の試食などもしなければならない。もし、不良品などがあったら、未然に出荷等をストップしてその不良になった原因を追及して今後に活かす。

きょうはそんな自社乾麺の試食を兼ねて太うどんを官能検査してみた。概ねよく出来た製品で、明日からの出荷も心おきなく自信を持って市場に出してもOKということで一安心した。

※喉越しのよい乾麺は、夏の主食とも言われております。是非一日一食、乾麺を!!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月21日(火) きょうの一杯    

下館の「なかせい」というお蕎麦屋さん。ちょっと出掛けたついでにここで昼食とする。

勤行川沿いの街外れに所在していて、ここに店があると知っている人しか分からないような在に立地しているが、常連客も多く、オープン以来15年程だろうかそれなりに営業を続けている。

蕎麦は山形の板蕎麦風。鴨せいろの中盛り、1150円?を注文。蕎麦の色も良く、歯応えもあり美味しいが、風味乏しいのは季節柄、致し方なしか。床下には炭を敷き詰めてあるようで、所々にいろんな工夫が凝らしてあり、その営業方針も好感が持たれようというもの。

※蕎麦湯をいただき、濃い目の鴨汁を何回も割って飲むということは至福の喜びがあります。ただ、血圧の上昇は否めませんので程々に・・・がよいでしょう。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月20日(月) きょうの一杯    

今日の昼はおもいきり蕎麦が食べたくなったので、弊社、生蕎麦を茹でて食す。おおよそ300グラム前後のなまそばを茹でたので、茹で上がりは結構ボリュームもあり、その思い切り蕎麦を食べたい欲求も満たせたというものだ。

※3日前製造のものだったが、ちょうど香りが増して食べ時であると同時に、まだまだ蕎麦粉の状態もなんとか美味しく保たれているのが確認できた。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月19日(日) きょうの一杯    

きょうは横浜の戸塚区へ出掛ける。この4月より次男が大学へ入学して、そこに住んでいるので出掛けてみた。

7月8月はお中元やお盆の出荷体制で日曜日も休みを取ることができないので、4月に続き2カ月振りの訪問。小学校から続けている野球も、大学になっても続けているので大変だが、どうか頑張って欲しいというものだ。

ちょうどオープン戦が組まれていて、それを観戦。息子の大学の監督さんは元プロ野球の選手でもあったので、いろいろ見ているとかなりレベルの高いことを教えてるようでチーム全体のレベルももっともっと上がって来ればよいとは思うが、学業のほうもしっかりとしないといけない。

早めの晩御飯を焼肉屋さんで食べさせ、22時ごろ自宅へ戻った。朝も早かったので疲れた。

※あぶり屋という焼肉屋さん。このあたりに何店舗かあるよう。なかなか良い肉質でたくさん食べさせた。私はうどん。うどん専門店ではないが、コシが結構あり美味しかった。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月18日(土) きょうの一杯    

今日は土曜日で忙しく、昼飯を食べに行く時間が取れない。そんな時はコンビニ弁当で間に合わす。

面白いネーミングが目に飛び込んできたので、迷わずそれを選択。「一日分の野菜を摂れる冷やしラーメン」とかで、ホントかいな?と思いながら購入してみる。

確かにキャベツやモヤシなどが少し多めに入っているとは思うが、とてもとてもこれで一日分の野菜を摂取などできるわけない。まあでも、ついつい購入してしまうアイデアに脱帽。

※塩味のあっさりとした冷たいスープも結構美味しいもんです。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月17日(金) きょうの一杯    

今日の昼は丸三蕎麦店へ。天鶏蕎麦にしようかどうかと迷ったが、結局、カレー蕎麦と盛り蕎麦の組み合わせで。900円。

途中からはカレー汁へ盛り蕎麦を投入してカレー付け汁蕎麦として食す。旨かった!

※いつ何時に来てもブレることのない味です。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月16日(木) きょうの一杯    

つけ麺が食べたくなり、近くのラーメンだい友へ。ここではほとんどつけ麺を食べたことがなかったが、種物が美味ければつけ麺も期待できるということで。

オーソドックスな醤油つけ麺を注文。これも種物同様に優しい味でなかなかな物。具も多く工夫も凝らしてあり、ここのつけ麺がこれほど美味しいとは思わなかった。

これからも3回に1回くらいはつけ麺を注文するかもしれない。それくらいに気に入った。

※シコシコとした麺が、若干、魚介ダシの香る優しい汁と馴染み、幸せな気分に浸れる・・・そんなつけ麺です。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
   
6月15日(水) きょうの一杯    

常陽銀行主催の食の展示会で宇都宮のマロニエプラザというところへ行ってきた。茨城県を中心に、およそ600社ほどの規模で今年は北関東道の開通に伴い、宇都宮開催となった。

同業者、仕入先、得意先など、若干名知っている人がいたので挨拶などをして回る。結構面白い商品などもあり、まずまず有意義な時間を過ごせた。

お昼で切り上げ宇都宮駅の東口近くの本陣と言う蕎麦屋さんで、昼飯を食べて帰って来た。場所柄、近所のサラリーマンの人たちで店内は満席で、生憎相席となってしまったが、結構手打ち蕎麦が美味しかった。

※注文したものはもり蕎麦定食780円?というもの。お稲荷さんかおにぎりのどちらかを選択できます。コロッケが揚げ立てで美味しかった。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月14日(火) きょうの一杯    

今日の昼は、第二工場内直売所にて販売している乾麺の「手打ち風うどん」を茹でて食べた。かき揚げ天付きの温かい汁で。

麺線が少し太いので、茹で時間も12〜3分とたっぷりとかかるが、小麦の味のしっかりとするうどん本来の喉越しと弾力のあるコシに、熱烈なファンもこの製品にはついている。お試しの程を。350グラム3人前にて330円にて販売。

※太めの乾麺は茹で時間が長めですが、少し待ってでも美味しいものには代えられません。私はうどんはほとんどの場合、付け汁も温かい汁で食べます。蕎麦屋さんに入ったらうどんはまず食べないで蕎麦にします。うどんを食べるのは、ほとんどが自社製品の食味検査の場合です。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
   
6月13日(月) きょうの一杯    

娘がラーメンにハマッたというのできのうの日曜にこの日記でも最近取り上げた、下館の「夏の便り」という店に連れて行った。

娘、普通の醤油ラーメン、私はつい先日ラーメンは食べているので、チャーハン。強火でパラパラに炒めてある。塩味も利いていてちょーどよい味付けだった。娘も満足したようで連れて行った甲斐もあるというものだ。

※色は味が薄いように見えますが、しっかりと塩味が付いています。これはまさしく、THIS IS チャーハン そのものです。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月12日(日) きょうの一杯    

昨日の続きできょうの一杯ならずきのうの一杯。

これはごほう御膳に対して、まぐろ御膳950円?というもの。お袋が食べた。刺身もまぐろ、フライ物もまぐろ、すべてほとんどがまぐろづくし。

ごほうは、ここ岩瀬と下館に在るが、夜は何回も行っているが昼の部に訪れたのは初めて。メニューも昼用に定食物を中心に構成されている。1000円を超えるメニューが多いので若干空席が目立った。やはり、夜がこの店の中心時間帯であるというのは否めない。

※私が食べたごほう御膳よりは価格も抑えてあるためか、あら汁は付かないで普通の味噌汁だった。概ね、味は美味くまとめてある。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月11日(土) きょうの一杯    

お袋を県西病院というところへ定期健診で乗せて行き、帰りに「ごほう」という海鮮レストランで昼食。

ごほう御膳1280円という少し豪勢な昼食。魚ずくしだが満足満足。

※刺身盛り合わせ、魚のフライ、茶碗蒸し、あら汁、他小鉢物、ご飯お替り自由、で2杯いただいた。味もまあまあで良かった。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月10日(金) きょうの一杯    

埼玉営業といつもの蕎麦屋さんへ。今回はカレーライスが無性に食べたかったのでカレーのセットを注文。

パック物であることは分かっているのだが、食べたい欲求には勝てない。意外に盛り蕎麦とカレーライスは合うものでもある。カレーライスも国民食のひとつになっているようなもの。

尚、今回は一緒に注文した味噌田楽の、八丁味噌がなんとも良い味だった。これからの定番になりそうだ。

※店先に使用してない石臼が飾ってあり、さりげないがこんな演出もなかなか良いものですね。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月9日(木) きょうの一杯    

ちょっと用を足しに下妻の量販店へ。昼になったので2Fのフードコートで昼食。

お腹もそんなには空いてなかったので、かけうどん290円でも食べようと。ところが、会計をしようとショーケースの前を進むうちに、あれもこれも食べたくなり、結局810円まで膨らんでしまった。まあ、こんなもんだろう商売といものは。

※かけうどんだけでいいや、と思っていたのですが、イカ天に竹輪天、そして鶏から、最後に高菜のおにぎりまで付けてしまい、結局会計時には810円に。トホホッ。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月8日(水) きょうの一杯    

私の中では隠れた名店となっているのだが、久々に筑西市の「夏の便り」というラーメン店へ食べに行って来た。

細打ちの縮れ麺にトロトロの鶏肉のチャーシュー、そして薄めのように感じるのだが、しっかりコクのある汁。半チャンラーメンを注文するとパラパラと炒めてある美味しいチャーハンも付いてくる。

いやぁーやっぱりこの店は隠れた名店だ。親爺さんの仕事振りも素晴らしい。

※とにかく旨いラーメンです。チャーハンも強火で炒めてあり、しっかりと塩味が付いていて美味です。この店は暖簾や看板が出ていないので初めて行く人は、その存在すら気付かないと思います。目印は赤い提灯がぶら下がっていることかな。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月7日(火) きょうの一杯    

たまには洋食でも。ココス。

鶏肉のバジル風味焼というもの。サラダとポテトも添えて。飲み物は赤ワインで。

ココスに限らず、大手ファミレスは季節ごとに新メニューを出してくるので、それが楽しみ。

※和洋中となんでも揃っているので、その時の気分で食べたいものを選択。ドリンクバーも種類豊富で、特に紅茶類が素晴らしい。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月6日(月) きょうの一杯    

再訪のレストラン三枡屋。今回は松弁当で。1000円。

海老フライ、刺身、卵焼きなど全て手作りで温かみのある味。ご飯も炊きたてのホクホクでとても美味しい。

余談だが先週群馬の問屋さんより、新潟魚沼差のコシヒカリをいただき、この前購入した新しい釜炊き高級ジャーにて炊いてみたところ、あまりの美味しさにびっくりした。

やっぱり、弁当、定食類におけるご飯、蕎麦類における麺(そば)・・・これらはどうしても美味しくないといけない。でないと周りのおかずや汁が活きてこない。

※このような弁当を昼から食べられれば幸せな気分になれますね。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月5日(日) きょうの一杯    

先週出した共同折り込みチラシ(5万部)の影響からか、はたまたジメっとした蒸し暑さの影響からか、きょうは第二工場直売所は朝から冷麦やそうめんなどの乾麺類や、弊社製なまそば購入しに来るお客様がとても多かった。

私もシーズンの忙しい時は極力日曜日には予定を入れないで、そんな第二工場にて仕事をしている。曜日別でもやはり日曜日にお客様がいちばん多く訪れる。近くまで来ているお客様の道案内などもрノてしないといけない。きょうも千葉からのお客様が近くまで来たが迷ってしまった・・・なんていうрェあった。

業務用向け蕎麦粉は、震災以降若干の出荷数が鈍っているが、弊社はここ10年以上前から製造直売、また、ネット販売にも力を傾注してきているので、そんな業務用の落ち込み分をそれらで少しでもカバーしていかないといけない。あとは近い将来(とはいえ数年後にはなろうが)、製造直売プラスα有料試食処の開設なども視野のひとつに入れている。

さてそんな中、時間が少しもったいないという気もしたが、岩瀬まで出向き、山岡家のラーメンを昼に食べて来た。ここの中毒性のあるラーメンは、やはり、時々は食べたいものだ!

※今回は餃子も付けて。この餃子がまた旨いんです。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月4日(土) きょうの一杯    

こんなところにこんなレストランがあったんだ!と思わぬ発見をした時など、なんか少し得した気分になる。

先日、下館の法務局へとある資料を取りに行ったときに発見したレストランだ。三枡屋というレストラン。通りからは少し奥へ入っていて、尚且つ、マンションの1階部分のテナント店なので、ここにあるということを以前から知っている人でないと気付きにくい・・そんな店だ。

広々とした店内には、本日のランチであるハヤシライスのとても良い香りが充満していて、その匂いだけでもこの店の調理人の腕というものが推し量れるというもの。

さて、カラー写真版のメニューの中から、迷いに迷った上で「海老フライ定食」1000円を注文。プリプリとした海老が薄い衣に包まれて、噛んだ途端にそのプリッとした海老の旨味が口中に伝え渡って来る。中身がお粗末で衣だけ厚いフライではこうはいかない。調理人のひたむきさと丁寧な仕事振りがそこに垣間見ることができる。タルタルソースもベターな味だ。

近所のサラリーマンで店内はそこそこ賑わっており、蕎麦やうどんなどのメニューもある。非常に興味がそそられ、また、他に注文したいメニューなどもあったので、また近いうちに訪問したいことろだ。

※プリッとした海老の旨味に驚きます。レベルの高い逸品です。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月3日(金) きょうの一杯    

昨日見えた群馬の小麦粉の問屋さんが、「これ、美味しいから食べてみて」とラーメンスープを持ってきた。

では早速と思い、きょうの昼に弊社の棒乾麺の「中華そば」を茹でて、そのスープを使用して素ラーメンにして食べてみた。このほうのが、麺、スープともどもゴマ化しが利かない素材そのものの味が判るというもの。

真富士屋という静岡のメーカーのそのスープは、確かにこのような小袋のスープの割にはかなり濃厚で、とても美味しかった。

まだ少し残っているので、これからも少しの間は楽しめようというもの。

※なかなかこういう味の良いスープには出会えませんね。マルちゃんから浮気しちゃおうかな?

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月2日(木) きょうの一杯    

きょうの昼は丸三蕎麦店へ。天鶏蕎麦の大盛り600円。

ここのところ、もり蕎麦とカレー蕎麦の組み合わせが多かったのだが、外気のあまりの涼しさに冬場の定番の天鶏蕎麦とした。

蕎麦(麺)、ホクホクとした国内産鶏肉、汁の沁みたかき揚げ天、そして汁との四味一体の味を満喫してきた。より美味しく食べるコツは、その四味をリズムよく食べることである。満足、満足。

※丸三、天鶏蕎麦の大盛り。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月1日(水) きょうの一品    

きょうから6月だ。6月最初の日記は、きょうの一杯ではなくてきょうの一品ということで。

写真は筑西市の川田さんという生産農家の蕎麦。西荻窪の鞍馬他、有名店とお付き合いしてるそうで、私から見ても相当に良い常陸秋そばを栽培している。

都内新宿区・四谷の蕎麦善と言う店には丸抜きで納めているようで、その皮むき作業は弊社にて引き受けている。川田さんから持ち込まれた玄蕎麦を弊社にてむき実にして四谷の店へ発送している。

そういう川田さんの玄蕎麦も毎年購入出来ればよいのだが、不作の年などは弊社で買いたくても鞍馬やその他の店へ回す物で手一杯でなかなか弊社の買い付け分まで回ってこない。残念だ。

でも今年は先月にも良質な常陸秋そばも入荷してきたし、また明日以降も入荷予定である。巷は梅雨時期でじめじめとどうにも嫌な季節だが、こういう時期こそ皆様方に美味しい蕎麦を食べていただけるように、特に仕入れには気をつけている。生産農家の方々の人柄、仲買人に依頼して購入する場合にはその人柄をよく見て購入するように心掛けている次第だ。

※写真ではちょっと判りづらいですが、実物は相当に良い色をしております。5.0ミリ以上の大粒の割合が70%以上で、北海道キタワセなどとは比べるべくもないほどの良形の粒揃いです。かと言って、キタワセが悪いという訳ではありません。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
HOME  TOP
カレンダー
2011年 6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 前月   翌月 
過去の記事
 2011年05月 
 2011年04月 
 2011年03月 
 2011年02月 
 2011年01月 
 2010年12月 
 2010年11月 
 2010年10月 
 2010年09月 
 2010年08月 
 2010年07月 
 2010年06月 
 2010年05月 
 2010年04月 
 2010年03月 
 2010年02月 
 2010年01月 
 2009年12月 
 2009年11月 
 2009年10月 
 2009年09月 
 2009年08月 
 2009年07月 
 2009年06月 
 2009年05月 
 2009年04月 
 2009年03月 
 2009年02月 
 2009年01月 
 
 
 
 
 
プロフィール
【名前】 柿沼 勝雄
【血液型】 A型
【星座】 いて座
【趣味】 野球・仕事
【性格】 まじめ・頑固
【好物】 麺類・イカの塩辛