3月27日(日) ラーメン店にて卵かけご飯、旨し!    

良く行くラーメンだい友には450円で卵かけご飯がある。卵、ご飯お替り自由、おしんこ、味噌汁付きで450円とは、かなりのリーズナブルだ。ただ、これのみの注文ではダメで、他にラーメンなどのメニューを注文しないといけない。要するにサイドメニューなわけだ。

こんないろいろ諸々の工夫をこの店はしているので、それなりに客も入っている。もちろん、味も抜群に良い。好きだなー、ラーメンだい友!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
3月26日(土) 格安ランチ    

計画停電、節電で大きなブックセンターも夜の7時までで終了となる。必要ならばそれまでの時間に本など購入してくればよいのだから、まずは問題なし。

そのブックセンターの近くの福聚庵でランチを食べて来た。ミニ天玉丼とかけそばのセット。850円。この店は本物の手打ち蕎麦店で、蕎麦、汁ともどもレベルがかなり高い。私もしょっちゅう利用させていただいている。

本当にここは居心地がよい。程々に込んでいて、雑誌やスポーツ新聞なども充実している。それらを眺めながら美味しいランチ。世の中の嫌なことが全て忘れられる。そんな空間がそこにはある。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
3月25日(金) パワー源を求めて    

山岡家に久々に行った。醤油ラーメンとミニチャーシュー丼のセット。至福の旨さ。世の中が尋常ならぬ時など、可能ならばせめて美味しいものを食べなければ。

こういう旨いものを食べると、腹の底から俄然、やる気、ファイトが湧いてくるものである。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
3月24日(木) 蕎麦をツマミに一杯    

棚に乾麺の蕎麦があったので茹でて食す。ただ、今回は最近お気に入りのハイボールでのツマミにするためだ。だが、そのハイボールもエンジンが掛かってくるとソーダ水はほとんど入らずオンザロックとなってしまうことが多い。

茹で上がった蕎麦に塩を振り掛けると意外に美味しいことに気付く。ウイスキーとも良く合う。これだと身体にも良さそうだし、思わぬところでの蕎麦の消費増にもつながる。皆様も是非ともお試しあれ。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
3月23日(水) やっぱり美味いものは旨い!    

研究学園駅前のイーアスの中にあるラーメン屋さん。特製つけ麺を注文。太めの麺に魚介だしの利いた汁が旨い。

娘の高校入学の準備品などをこのショッピングセンターに買いに出掛けた折に食べて来た。ショッピングモールの中も人々が賑わって来ていて、徐々にではあるが普段通りの日常に戻りつつあるようだ。頑張らねば!!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
3月22日(火) 近所の食堂も復活    

しばらく閉めていた(震災の影響)近所の食堂が復活したので、食べに出掛けてきた。最近の私はガソリン不足などの為、移動はもっぱら自転車を利用。その自転車に乗り。

腹一杯食べたい時の定番メニューのチャーハンとラーメン。セットモノではなく単品単品にて注文したので、結構食い応えがあった。久々に「食ったー」という感じ。

写真ではよく分からないが、チャーハンなどもパラパラと炒めてあり、和風だしラーメンとの相性も抜群。脳の隅々まで旨さ中枢が行きわたり午後からの業務も捗ったというものである。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
3月21日(月) やっぱり麺類が恋しい    

震災直後は、停電や水など出ず麺類どころではなかったが、ようやくここへ来て生活自体は普段通りの生活に戻ってきた。

そうなってくるとやはり麺類が恋しくなってくる。そんなことで業務用の冷蔵庫の中を開けると、弊社のなまうどんが残っていたので早速とばかりに、昼ご飯に茹でて食してみた。

久々のうどん、いやぁ〜、それはそれは涙が溢れんばかりに美味しかった。やっぱり日本人に生まれてよかったと・・・。

設備面や世の中の経済状態等々、まだまだ復興には時間がかかるが、せめて美味しい食べ物を食べた時の感動というものは大切にしたい。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
3月20日(日) 徐々に回復しているが・・    

日常業務も徐々に回復してきているが、今後も計画停電の実施、被災地のある程度の復興などなど、この様な問題が解決されないと本格回復等は程遠い状態である。

それより何より、テレビで放映されるあの被災地の映像、亡くなられた方々のことなどを思うと、五体満足、機械設備、建物などなど、目立った被害などもないことに感謝しなければならない。

まだ地震直後の停電の時に、いち早く駆けつけてくれて水を持ってきてくれた埼玉の業者、またお見舞いに駆け付けてくれた山梨の業者の方、心配して水を送って戴いた島根のお蕎麦屋さん、それから励ましのお電話をいただいた仕入先の方々や蕎麦粉を購入していただいているたくさんのお客様から「無事ですか?」とご一報いただいたことに深く感謝申し上げます。本当にどうもありがとうございました。

 
3月18日(金) 地震から一週間    

早いもので地震から一週間が過ぎました。 まだまだどうなるか?  被災地の現状も甚だ厳しい現状のようです。いち早い復興を願うばかりです。

弊社においても、あれだけの災害の事、多少なりとも厳しい状況の現状です。

諸事情をかんがみて、以前より告知させていただいておりました、蕎麦粉の値上げに関しましては、据え置きとさせていただきました。

これからもどうかカキヌマセイフンをご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

 
3月17日(木) 本日より発送業務開始いたしました。    

地震の影響により中止していた発送業務を本日より開始いたしました。皆様方にはたいへんご迷惑をお掛けしましたが、今後ともよろしくお願いいたします。

但し、東北、北海道方面へのお荷物に関しましては、まだ見通しがたっておりません。関東地方及びそれより以西のお荷物に関してだけです。

また、平常よりもお時間が掛かることをご了解願います。どうぞよろしくお願いいたします。

 
3月7日(月) 究極の田舎蕎麦    

最近、石岡市(旧八郷町)にできた蕎麦屋さん。「麓(ふもと)」という店名の店。

絶品の田舎蕎麦を提供していると聞いたので早速出陣。

地元で獲れた蕎麦を自家製粉石臼挽きで蕎麦粉にしているよう。打粉並びにつなぎ粉は弊社から納めさせて頂いている。

出てきた蕎麦は確かに旨味たっぷりの蕎麦の味の濃い田舎蕎麦。私はこういう蕎麦もとても好きだ。美味い!とても美味しい蕎麦だ。

メニューも蕎麦のみで、それもせいろと野菜天せいろ、それとかけ蕎麦と野菜天蕎麦の4種類+そばがきで勝負している。(他にぶっけ納豆蕎麦や冬期限定けんちん蕎麦もあり)

久々に気骨のある腰の据わった蕎麦屋さんで、今後の益々の繁盛を願いたいものだ。田舎蕎麦が食べたくなったら私は迷わずここへ行く。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
3月6日(日) 出羽香りの蕎麦    

出羽香り品種の乾麺の蕎麦を戴いた。

早速茹でて試食してみた。茹で上げを冷水で締めて皿に盛り、希釈した添付のつゆをぶっかけて食してみる。

常陸の甘みと香りに対して、こちら出羽香りは野性的な旨味とえぐみが特徴に感じた。どちらも一長一短はあるが、それぞれにファンはいるだろう。

棒乾麺ではなく、手折乾麺なので汁の乗りはこちらの形状のがよいかなぁと感じた。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
   
3月5日(土) アルテリオ美術館内のカフェ(下館)    

この前に所在する法務局(下館)へ印鑑証明を取りに出掛けたので、ここで昼食とした。法務局脇には弊社の得意先である蕎麦屋さんもあるのだが、今回は敢えてこちらのカフェに入ってみた。

1階部分にあるカフェは広々としていて、所々に写真なども飾ってあり、さすがに美術館内所在ということを覗わせている。最高のシチュエーシィョンだ。

本日のランチ850円を注文。きょうのランチは二色ソースのオムライスだ。サラダとコーヒーも付いている。これで850円とはかなりのリーズナブルだ。

周りの写真を見ながら静かな店内でのランチ。いやいやこれは何とも優雅な気分に浸れるというものだ。オムライスもとても美味しく、たまにはこんな昼食も誠に良いものである!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
3月4日(金) やっぱり丸三    

雛祭りの時期は極力、街中へ入って行くのを敬遠していた。それは、観光客が歩行者天国と勘違いしているのか、クルマが迫っているのに退こうともしないで道路の真ん中を闊歩していたからだ。(週末は歩行者天国だが平日はそうではない・・)

そんな雛祭りも終わり、街中も落ち着き、私もこれで元に戻りとても良いことだと思ったものである。少し捻くれているが、在のほうに住んでいると雛祭りなどどうでもよいと思うものなのである。

さて、前置き長くなり何なのだが、クルマで街中へ入り易くなったため、久々に丸三蕎麦店の天鶏蕎麦の大盛りを食べて来た。たった600円で、至福の昼食タイムを満喫してきた。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
3月3日(木) 香味鮮2回目    

最近近所にできた台湾料理の店。一般の店に比べても2〜3割は安い価格設定だ。しかもボリュームも抜群に良い。

なぜなんだ?と考えた時に、ひとつは調理人からホールの人まで全てが現地人を採用していることなども考える。人件費がこちらより向こうのが遥かに安いだろうから。

もうひとつは普通の外食店だと粗利は50%以上取るだろうけど(要するに原価率を50%以内に抑える、おそらく30%くらい)、ここは粗利を30%くらいに抑えて、多売にて収益を出すようなシステムにしているのだろう。

今のところ昼夜とも満席で(曜日に関わらず)繁盛しているようなので、これからも是非とも頑張ってもらいたい。近くにはやはり夜に食べに行ける店があると便利なものなので。

※1枚目・・青菜炒め、塩味利いて味良し  2枚目・・台湾風チャーハン、凄いボリューム2人前くらいありそう  3枚目・・ワンタン麺、肉がギュー詰め  4枚目・・鮭粥、胃に優しい。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
   
3月2日(水) ちょっと変わったメニュー    

豚肉とネギが乗った蕎麦をピリ辛の付け汁で食す、そんなメニューが美味しい。

ピリ辛豚付け麺。大手食材問屋さんがプレゼンしているメニューである。豚肉はヨークシャー種とのこと。

弊社からもクルマで7分のところにあるつくば庵に、このメニューがあるので食べたくなった時には必ず行く。

ちょっと変わった蕎麦のメニューの提供の仕方で、こんなところからどんどん蕎麦屋さんを盛り上げていくことを望みたい。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
3月1日(火) 受難の時代の到来か?    

きょうから3月。粉食業界ももっと盛り上がってくれればなぁ〜と願うも、先々は様々な困難が待っている。

まず第一は輸入玄蕎麦の常軌を逸した価格の暴騰。ロシアの減産中国絡みの関係で、これから夏場の需要期に向けて挽砕計画にも調整とか、価格においても再値上げなどの必要が出てくる。ただ、弊社は以前より通販、直売所などの小売部門に比較的力を入れてきたので、まだ少しはマシ。

一筋の光明としては、農家の戸別所得補償制度の蕎麦への適用。これは我々蕎麦製粉業界にとっても明るい話題であることには違いない。作る人増えれば、比較的に安定して割安な国内産蕎麦が入り易い。さらに、生産農家の競争にも繋がり、品質の向上が期待できる。(※弊社の小袋製品は4月から100円値上げさせていただきます。理由としては、この20年ほど、ずっと同じ価格で頑張ってきたけど、少し無理が出てきましたので)

第二は、小麦の値上げ。これも頭が痛い。世界的に穀物の相場が上がっており、そこへ来て、ロシアやオーストラリアなどの不作。蕎麦は小麦粉を使用しないと生産できない製品なので、輸入の蕎麦自体が上がって来ているところへ小麦粉も上がってきてしまっては、蕎麦製品がさらに上がってしまい、益々の蕎麦離れ・・・蕎麦を食べていた人が牛丼やハンバーガーへ移行してしまうなんてことも考えられる。どちらにしても受難の時代で頭が痛い。

そんなことを考えつつ、きょうの昼飯は近所の食堂で、鶏から定食。 旨かった!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
  TOP
カレンダー
2011年 3月
    1 2 3 4 5

6

7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 前月   翌月 
過去の記事
 2011年02月 
 2011年01月 
 2010年12月 
 2010年11月 
 2010年10月 
 2010年09月 
 2010年08月 
 2010年07月 
 2010年06月 
 2010年05月 
 2010年04月 
 2010年03月 
 2010年02月 
 2010年01月 
 2009年12月 
 2009年11月 
 2009年10月 
 2009年09月 
 2009年08月 
 2009年07月 
 2009年06月 
 2009年05月 
 2009年04月 
 2009年03月 
 2009年02月 
 2009年01月 
 
 
 
 
 
プロフィール
【名前】 柿沼 勝雄
【血液型】 A型
【星座】 いて座
【趣味】 野球・仕事
【性格】 まじめ・頑固
【好物】 麺類・イカの塩辛
 
 
 
 

こt