1月31日(月) やっぱり丸三    

今日の昼は久々の丸三蕎麦店。いつもの天鶏蕎麦の大盛り、550円(600円?)。

毎度のハーモニーを楽しんだ次第である!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
1月30日(日) きのこ鍋    

きょうの我が家の晩御飯はきのこ鍋だ。今年の冬は去年より寒いので、そんな寒い夜の夕げは鍋が嬉しい。

やはり鍋と言ったら〆には雑炊かうどんだろう。弊社は乾麺のメーカーでもあるので、そこは乾麺を茹でて鍋に放り込む。

煮込んでにゅうめんの状態でハフハフしながら食べるもよし、蕎麦のように汁に少しだけ付けて食感を愉しむもよし、いろんな食べ方で楽しめる。

皆さんも鍋の後には乾麺などいかがでしょう。うどん本来の喉越しと食感が楽しめますぞ。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
 
1月29日(土) 麺房・あづま庵(つくば西武百貨店内)    

昨年の話だが、宇都宮東武百貨店へ出掛けた時に、以前はあった最上階のレストラン街がなくなっていて、なんか少しがっかりした記憶があるのだが、デパートのレストランなどは、私が小学生の頃は、(40年くらい前でかなり古い話だが・・)そこで食事するのがとても優雅なことに感じたものである。

きょうの昼時に、ちょうどつくばの西武百貨店の前を通ったので、ここはどうなのだろうと最上階のレストラン街へ昼飯を食べに出掛けたならば、5〜6店テナントにて入っている店は、どこもそこそこに客が入っていて、なんかとても嬉しい感じがした。

さて、その中のあづま庵という蕎麦うどん店で、ランチのセットを食べたが、麺、かき揚げ丼など、どれも洗練されていて美味しかった。

田舎のほうの中小都市のデパートなどは、どこも集客に苦戦していて相次いで閉店していくケースが多いが、まだまだこのような最上階のレストランなどには頑張って営業を続けて欲しいと願って止まない今日この頃である!

※1枚目の写真は、同行者の食べた、地鶏親子丼。 鶏肉にコシがあり、なかなかの美味でした。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
1月28日(金) たもん庵    

そちらこちらのショッピングセンター内のフードコートに出店していて人気のある讃岐うどん屋さん。

このタイプの起源店は、はなまるうどんだろうか? そういえばはなまるうどんは、このあたりではあまり見受けられなくなった。このたもん庵がフードコート内の出店、丸亀製麺がロードサイド店で勢いがあるよう。

写真のはとろろごはんとかけうどんのセットだが、これで900円で食べられることはお客さんにとっても嬉しいのでは。

でも、私には概ね満足ではあるのだが、何かいまひとつ物足りない。本物の手打ち蕎麦店などで食べる熱々の天ぷらうどんなどと比較してしまう為だろうか?

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
1月27日(木) なめこ蕎麦(CV)    

きょうの昼も外に出るのが億劫になってしまったので、セブンイレブンのレンジでチンするタイプのなめこ蕎麦。

不味いだろうなと思って食べ始めたが、意外に美味しく食べられようもの。特に汁が鰹だしが抜群に利いていて良かった。

これと塩むすび2個でお腹一杯である!満足なり。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
1月26日(水) 通販ラーメン    

きょうの昼飯は通販のお取り寄せのラーメンだ。つけ麺タイプの。

まあまあ味良く出来ていて、居ながらにして専門店の味を堪能できる。便利なものである!

※つけ麺・十兵衛というもの。初めて聞くが、コリコリとした食感と、酸味の効いた鰹だし風味の付け汁との相性がとてもよかったです。GOODですね!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
 
1月25日(火) 中毒性のあるラーメン    

久々に山岡家・岩瀬店へ昼ご飯を食べに行った。

醤油ラーメンとミニチャーシュー丼を注文。数ヵ月ぶりの訪問だが、やはり、憎いくらいに旨いラーメンだ。

このラーメンはまさしく中毒性を持っていると言えよう。時々は食べねば気が済まぬというものだ。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
1月24日(月) そじ坊(小山駅ビル店)    

昨日の日曜日は寒い中、福島まで出張してきた。小山から新幹線を使うと1時間半ほどで着くので便利だ。交通網の発達のスピードはめまぐるしく速い。昔ならば福島往復はたっぷりと一日は掛かった。場合によっては宿泊などにもなりかねない。

さて、無事福島視察も終えて小山に戻った頃は夕刻になってしまっていたので、早速、晩御飯でもと思い、小山駅内をぶらぶらと散策していると、「信州蕎麦・そじ坊」の看板が目に入った。

都内などに行くと、駅ビルやその他、高層ビルの飲食街などで良く目にする蕎麦のチェーン店だ。大阪のグルメ杵屋という手打ちうどんチェーン店の蕎麦部門の店だ。

着席と同時に蕎麦茶と揚げ蕎麦が出てきたので、それではと思い、疲れを取るためにも生中を注文。喉を潤していると、注文しておいた辛み大根蕎麦のセットが運ばれて来た。

自家製麺ではなく、おそらく茹で冷凍麺使用だと思うが、蕎麦、汁ともまあまあの味だった。さすがに大手外食店のチェーン店と思われ、接客などのサービスは上手だった。

また、私が注文したものには付いてなかったが、ざる蕎麦などを注文すると生わさびが付いてきて自分で摩り下ろすスタイルのようである。そして、生わさびが余った時のお持ち帰り袋なども席に備わっていたのが印象的だった。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
1月23日(日) 690円のコストパフォーマンス    

私が時々昼飯を食べに行くラーメン屋さんでは、毎週金曜日にサービスデイとしてラーメン一杯290円というサービスを行っている。

写真はモツ煮込みとラーメンとの組み合わせなのだが、以前にそのサービスデイに食べたセット物のひとつである。

ラーメンのほうには分厚いチャーシューが1枚入っており、ご飯も小さい器ではあるがてんこ盛りによそってあるし、モツ煮込みもピリ辛に味良く出来ている。これで価格は690円。写真では伝わり難いとは思うが、それ相当のボリュームだ。

他にもいろいろなセットがあり、この店は普段も集客力のある店だが、金曜日はそのようなことで尚更、満杯の状態だ。

そちらこちら食べ歩いている私でさえ、これはおそらく採算ギリギリのところで勝負してるなぁ・・と感じてる。 でも、このようなサービスデイをつくりお客さんに喜んでもらい、店の事をよく理解してもらって永続的な繁盛に繋げる。

損して得取れ・・とよく言われるが、これを実践するのは簡単なようで難しい。

※2枚目の写真が蒸気で曇ってしまいました。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
1月22日(土) 屋上の集塵装置のメンテ完了    

月曜日から取り掛かっていた屋上の設備のメンテナンスがこのほど無事完了した。この後、来週月曜日に試運転、その後、屋根を被せて終了となる。

これで私がやっている間は、おそらく何もいじらなくても大丈夫だろう。やれやれ一安心といったところ。

※塗装も新しく、太陽光線が反射して眩しいです。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
1月21日(金) 都内出張の折、食べたカツ丼セット(富士そば)    

きょうは午前中、都内西新宿へ出張だ。3か月に一度程は何でもかんでも出掛けねばならぬ。

面倒だが、行かねば先には進まないし、だから、クルマなど使わずに身体も楽な電車(TX利用)にて、なるべく早く帰社できるような行き方を選択している。電車だと時間が読めるところが良い。

そんなことなので昼飯も時間勝負で、早く食べられ時間がかからないところで済ますように心掛けている。

きょうは西新宿の雑踏街で済ました。その名は「富士そば」。都内で駅や繁華街を中心にチェーン展開する路面店だ。

低価格、小面積店舗で回転率を重視し、薄利多売にて高収益を上げている優良企業だ。社長がこの度本を出筆し話題にもなっているよう。

メニューも単品丼物をはじめ、セット物など目移りするほどに充実している。 

さて、きょうの私はそのような中から、カツ丼セットのもりそば、690円を注文したが、その味は路面立ち食いの域を遥かに超えたなかなかの出来栄えの品だった。(特に蕎麦が正角に切り出されているところが良い)

これでは集客力も自然と高まることにもなるほど・・と納得せざるを得なかったというものでもある。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
1月20日(木) 釜玉うどん(永谷園の吸い物使用)    

テレビCMでもやっていて、一度試してみようと。(CMではパスタだったかな?)

乾麺のうどん使用だが、茹で立ての熱々の状態で食すと目が飛び出る程に美味しい。あのCMは嘘ではなかったようだ。

生うどん使用でも良いと思う。茹で麺ではダメだ。いくら温めても熱々の状態にはならないので。  実際に茹で上げる乾麺、生めん、それから冷凍麺でも良いと思うが、個人的には乾麺を使用した場合がいちばん美味しいのでは・・と思う。

ともかくこの食べ方はお薦めである。皆さんも是非、お試しあれ!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
   
1月19日(水) 昔ながらの単品丼物中心だが、味は一級品のお蕎麦屋さん    

学園吾妻庵という蕎麦屋さんを時々利用する。弊社から青かさねうすという蕎麦粉を納品させていただいてるのだが、それを機械打ちにて細めに仕上げ、とても美味しい蕎麦を提供している店である。

汁もまた格別の美味しさで、価格も低価格にて提供している為か、お昼時は相当に繁盛している。

カツ丼や天丼なども然り。低価格でボリュームもあり人気がある。出前もしているので、住まいが近ければ毎日でもお昼ご飯を注文したいところである。

実はこのような昔ながらの蕎麦屋さんは、単品丼物中心のメニュー構成ではあるが、その一品一品は素晴らしく良いものを提供していることが多い。

まだまだ捨てたものではない、このようなお蕎麦屋さんである!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
1月18日(火) テイクアウト    

先日もラーメンだい友のテイクアウト物をご紹介させていただいたが、きょうも麺類とご飯物のテイクアウトの紹介だ。

それはタンメンとチャーハンだ。野菜エキスとニンニクでパンチの効いたスープの美味しさはプロならではの逸品で、また、別格の美味しさがそこにはある。チャーハンも強火でパラパラと炒めてあり、こちらもプロ仕様。

家庭で美味い物を食べたいときなど電話一本で作っておいてくれるので、これからも時々利用しようと思う。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
1月17日(月) メンテナンス、改修工事の時期    

この時期は仕事のほうもかなり暇な時期となる。なので、毎年この時期になると、どこかしら機械類、設備類もメンテナンスや改修工事をする。

今回は倉庫屋上の集塵装置機器類が設置後25年くらい経ち、老朽も激しいので、ダメな物は新品交換、まだ使用できそうなものはメンテナンスといった具合にきょうから1週間くらいの予定にて機械屋さんが入る。

高い場所での工事となるので、機械屋さんもたいへんだ。寒いし。それにしても結構な予算もかかり、私的にはそちらのほうが気になるところだ。

まぁそれにしても、蕎麦粉屋なんて良いように見えても、維持していくのはかなりたいへんなことでもあり、これからの時代はおそらく新しく始める業者などいないだろうと思う。

それだけに新参業者がないということは、やり様によってはまだまだチャンスはそこかしこにあるのだろうとも思う。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
1月16日(日) じゃじゃ〜ん    

昨晩、何かのTV番組で群馬・ぺヤング食品のカップ焼きそばが、カップ焼きそばの業界にて草分け的存在の商品である・・というのを昔のテレビCMのビデオとともに流していた。

確かに今から30年以上も前からこの商品は販売されている。 食べてみたところ、味も以前とは変わっていない。

前橋出張の際には、このぺヤングの工場の前を通らなければならなかった。(ただ現在は、違う場所に移転して国道50号沿いには存在しないが)  だから、何かにつけて身近な商品でもあったのだが・・・。

ただ、私ももう中年の域もとっくに過ぎて、このような商品は年間にも2〜3回しか口にしなくなった。

久々にきょうコンビニに買い物に出掛けた折、この商品が眼に入り購入して食べてみた。

特大サイズでもあった為か、やはり全部食べきれず、たまたま第二工場直売所に遊びに来ていた若手の社員に残りを食べてもらった。

でもそこには、昔食べた、何とも言えない青春の懐かしい味がした。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
1月15日(土) 魚中心の割烹屋さんで天ざる蕎麦    

魚料理中心の大きな宴会場を持つ、「金来屋」という店で天ざる蕎麦を食してみた。蕎麦はおそらくどこかの製麺屋さんの生蕎麦を茹でたものだと思うが、乱切りに裁断された蕎麦は喉越しがとても良かった。また汁は申し分のないものだった。

200人入る大宴会場を持った店で、宴会シーズンには相当の予約が入るだろう。

私もこの店には何かと注目している。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
   
1月14日(金) ストレートめんつゆの試食    

弊社でもいくつかのめんつゆを扱っているが、このめんつゆはストレートタイプのものだ。(薄めずそのまま使用する)

早速、乾麺の蕎麦を茹でて試食してみた。関東風のしっかりとした濃いめの汁で、特に蕎麦によく合うつゆだ。

年末はこのタイプもかなり売れた。一食ずつに小分けされているもの受けているし、このまま継続して扱っていこうと思う。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
1月13日(木) 若手のホープ    

都内某問屋さんの若手の営業が見えたので、一緒に昼飯へ。

26歳と若手だが、大きな声でキビキビと礼儀正しく、見ていてとても気持ちの良い青年だ。

蕎麦粉製粉業界にも、このような若手の営業マンが育ってきているということは、とても良いことでもあり、まだまだ未来は明るい。親御さんの教育もしっかりとしていたのだろう。

尚、注文した唐揚げ定食もいつものように美味しく、若手営業も喜んでいた。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
1月12日(水) アルテリオしもだて美術館裏の蕎麦屋    

法務局へ出掛けたついでに、その近くのおはぐろ蕎麦という店で昼食に。

弊社から青かさねうすという銘柄の蕎麦粉を納入してそれを綺麗に手打ちにて提供している。 蕎麦、汁ともに平均よりもかなり高いレベルの品だ。

着席するとまず一番先に自家製のお漬け物がサービスで出てくる。それを玄米茶を飲みながらつまんでいると、程なくして注文しておいた天ぷら蕎麦が出てきた。天ぷらは揚げ立てのかき揚げだ。

食べ進むうちにそれが汁に馴染んで絶妙なる味を形成した。ライスが欲しいところだが、それは我慢。蕎麦も美味い。

店主は女性ひとりで切り盛りしている。お茶などはセルフなのだが、店内は木目基調の清潔感溢れる造りで、カウンター奥には日本酒、焼酎などの様々な銘柄の瓶が並んでいる。

是非とも次回は、夜の部に訪れたいものである!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
1月10日(月) テイクアウト    

近くのラーメン屋さんが出前ではないのだが、テイクアウトにて店のメニューをお持ち帰り出来ると聞き、電話で予約しておいて家で食べてみた。

申し訳ないのだが、私の住んでいるところの近くのスーパーの惣菜コーナーの料理はあまり美味しくなく、決して褒められる品ではない。あまり購入したくないが他にそのような惣菜を売っている店もなく、仕方なしに購入していた。

だが、このラーメン屋さんのマスターの腕はすこぶる良いので、温かいうちに美味しい料理が食べられる。餃子、肉ニラ炒め、生姜焼きともども、素晴らしい味でご飯が進んだ。

また利用したいと思う。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
   
1月9日(日) 牡蠣、鯵のフライ定食    

きょうは朝から直売所に張り付いた。日曜日なのでお客さんも結構見えると思い、当番のアルバイトと店番をする。

昼飯はいつもとは違う近所の定食屋さんの揚げ物の定食。出前がかなり忙しいようで、すべての出前の電話は1時間待ちのようだった。それでもここの料理は美味いので、誰も断ることはない。

やはり、商売はこうじゃなくてはね・・という見本のよう。商品力が弱ければいくら営業が上手くても1回転で飽きられてしまう。

※このほかに自家製の味噌汁と沢庵が付く。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
1月8日(土) 常磐道友部SA下り線    

この12月に常磐道下り線の友部サービスエリア内に「常陸庵」という常陸秋蕎麦を使用した手打ち蕎麦の専門店がオープンした。弊社からも結構ヘビーに御取引きさせていただいている。

そのようなことで、どんな様子か知りたくなり、早速御伺いして蕎麦を食べて来た。行くには高速道路にも乗らなければならないので、岩間インターというところまでクルマを走らせて友部SAに流れ込んだ。

3連休の初日ということもあり、はたまた昼時間ということも重なってか、店内は大混雑の状態ではあったのだが、店内中央の大きなカウンター席が運良く空いたのでそこへ席を通された。

彩華天せいろというメニューを選択。程なくして運ばれた蕎麦は、キリっと角が立ったレベルの高い手打ち蕎麦だ。美味い! つゆもすっきりとした中にもダシの旨味が十分に出ていて美味しい。

以前に手打ち蕎麦のコンテストで優勝した益子正巳さん(手打ち蕎麦・満志粉という蕎麦屋さんを現在は開業)という方の監修の下オープンした店で、手打ち蕎麦も4人の打ち手により提供されている高速道路では日本初の手打ち蕎麦専門店だ。

非常にレベル的にも高い店なのだが、ネックは隣の大衆物のフードコートと価格に見合った品の良し悪しをすべてのお客さんに分かってもらえるかどうか、その一点だけだと思う。

※二枚目の写真がちょっと見づらいですが、ガラスの向こうに「ミツカ」というメーカーのデモも兼ねた小さい石臼が、粉を挽いているところを通路から見ることができます。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
1月6日(木) 都内問屋さん見える    

都内の大手の問屋さんが、社長さん始めそのご子息さん、営業部長さんと3名でお見えになり、年始の挨拶に。

昼近い時間帯だったので、ひとしきり歓談したあとに近くの鴨亭という鴨料理の専門店へ昼食に誘う。ここ鴨亭は弊社のせいろ粉使用の手打ち蕎麦もメニューにあり、結構人気がある。

鴨の燻製で胃袋を覚まし、鴨せいろの大盛りに舌鼓を打つ。

商いをしていく上で、もちろん販売先も第一に大切ではあるが、良い原材料を供給してくれる仕入先もそれに準ずるくらいに大切だと私は考えている。

なのでここ数年間は、そのような良い原材料を供給してくれる生産者や問屋さん達と良好な人間関係を構築することに力を傾注しているという次第である。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
1月5日(水) 年始の挨拶    

年始の挨拶と言っても、今は外回りはほとんどなしなので、受けるほうなのではあるが・・。

埼玉の小麦粉営業が見えたのでにしむら蕎麦店へ。正月ということもあり、まずは生中で景気付けということで軽く喉を潤す。

何か種物が食べたく天ぷら蕎麦を注文する。ジブジブとした揚げ立ての天ぷらが丼の中に入っている。食べる程にそれが汁を吸い最高の旨さに。

ここにしむらは下地のダシが旨味たっぷりなので、ほとんどのメニューが味良い。それがほどほどに長く営業を続ける所以でもある。因みに埼玉小麦粉営業はアサリ丼のかけそばセット。こちらも美味しそうだった。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
1月4日(火) きょうから始動    

きょうまでが弊社の正月休みなのだが、私はきょうから始動した。

朝から注文の電話なども多く、さらに直売所は開いてるんですか?などという問い合わせも多く、10時より急遽オープンさせて店で客の応対をさせていただいた。

年始の乾麺のギフトや蕎麦粉のお客様があとからあとから来店して結構忙しかったともに、久々に売り場に出たので楽しく仕事ができたという次第である。

昼飯は頃合いを見計らい、乾麺の蕎麦を茹でて食した。

明日からが社員も出社して、本格始動である。

皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
1月3日(月) 三が日    

正月の三が日もきょうが最後だ。時が過ぎるのは早いものである。

夜はみんなで外食に。 つくば市のまるまつという和食レストランの後にできた「けん」というステーキやさんで。まるまつという店はチェーン店なのだが、いつ前を通っても繁盛しておらず、そうこうしているうちに閉店してしまったが、今度のステーキ屋さんはいつも一杯で大盛況のよう。

メインのステーキまたはハンバーグを注文すると、ライス、サラダ、スープ、そしてカレーライスなどは食べ放題で、また、別料金だが低料金にてドリンクバーやアイスクリームバーなどもあり、種類も目移りするほどに多く、そんなことが家族連れの客層を中心に受けているようだ。

ただ、肉の質は宮ステーキなどと同等で、冷めてしまったら・・・?という口の肥えている客にとっては物足りないだろう。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
1月2日(日) 湯島天神へ    

長女が今年高校受験なので、湯島天神へクルマで出掛けたのだが、あまりの人の多さ、また、駐車場がみつからず参拝は断念せざるを得ない状況に。(おばあちゃんもいっしょなので遠くへクルマを止めて歩くということが選択できなかった)

でも、せっかくなので天神下の道路にクルマ止めてそこで手を合わせて祈願してきた。

なんとも中途半端な状況ではあったのだが、帰りは北千住の駅前へ駐車場をみつけ、丸井の中の「赤坂四川飯店」の支店で食事をしてきた。

四川風マーボ豆腐、坦々麺、海老チリなどなど、どれも垢抜けて洗練された味だった。レストラン街のどの店も凄い行列で、こんなにも多くの人がそちらこちらに一斉に出掛けたのでは、我々が湯島天神参拝を断念したのも仕方なし、と妙に納得したということで帰路に、、、。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
1月1日(土) 元旦    

皆様あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

※写真は昨晩の我が家の年越し蕎麦。鴨汁をつくり、さらにかき揚げを揚げてもらい、かき揚げ天付き鴨せいろ・・という具合で。(鴨汁の写真取り忘れ)

もちろん蕎麦は弊社のせいろと田舎で。普段は蕎麦をあまり食べない次男も、せいろのほうをかなりの量食べました。茹で方がバッチリと決まり、食べている間中、美味しさを保つことができました。

やっぱり、「蕎麦っていいですねぇ〜」。日本人で良かった・・と。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
  TOP
カレンダー
2011年 1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 前月   翌月 
過去の記事
 2010年12月 
 2010年11月 
 2010年10月 
 2010年09月 
 2010年08月 
 2010年07月 
 2010年06月 
 2010年05月 
 2010年04月 
 2010年03月 
 2010年02月 
 2010年01月 
 2009年12月 
 2009年11月 
 2009年10月 
 2009年09月 
 2009年08月 
 2009年07月 
 2009年06月 
 2009年05月 
 2009年04月 
 2009年03月 
 2009年02月 
 2009年01月 
 
 
 
 
 
プロフィール
【名前】 柿沼 勝雄
【血液型】 A型
【星座】 いて座
【趣味】 野球・仕事
【性格】 まじめ・頑固
【好物】 麺類・イカの塩辛
 
 
 
 

こt