8月 30日(月) ごまだれうどん・味噌だれ(にしむら)    

夏季限定のにしむら蕎麦店のごまだれうどんに人気がある。薄く幅広に伸ばした手打ち風うどんとごま味噌だれとの相性が抜群である。

うどんも茹で上げの状態で出てくるので喉越しが最高だ。(蕎麦屋さんでのうどんは意外に茹で置きのものが多いのも現実)

つゆは鰹だしが利いているところに味噌と炒ったゴマを自分ですりおろして味を調整するので、プロの味を楽しめる。家庭では造れない味でもある。

まだまだ猛暑が続くが、秋にはメニューから消されてしまうので、早いとこもう数回は食べに行かないとまた来年まで待たなくてはならない。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
8月 29日(日) 真壁にも美味い鰻がある    

喜代美食堂というところから出前してもらった。何日か前に予約しておいた。通常いつでもあるかどうかというのは不明。

うな重2000円、肝吸い付きだ。以前にも一度、土用の丑の日に出前してもらったことがあるが、その時に美味しかったのを覚えていたために今回また注文してみた。

つくば市小田の村山や、東大通り沿い松の家と大差なく、とても良い鰻だ。価格を考慮するとこちらのほうのが上かなと思う。

真壁にもまだまだ他所に出しても引けを取らない美味いものがあるということだ。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
8月 28日(土) 清六家(つくば市)    

以前は壱番亭があったところに今年に入ってこの店が出来た。横浜家系。いわゆる豚骨醤油味だ。

美味しいのだが、私にはやっぱり山岡家のほうのが上のように感じた次第である。奥のほうに所在しているので場所は解かりづらい。このほかに筑波大学近くにも姉妹店があるようだ。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
8月 27日(金) 那由多(つくば市)のせいろと田舎    

ビールを注文すると何故か温泉卵が出て来た。それをツマミにチビリチビリと呑っていると、程なくして注文しておいたせいろと田舎が運ばれて来た。

伸びないうちにと思い、間髪入れずに田舎のほうから手繰っていった。蕎麦の芳香が口中に残るうちに次にせいろを一気に啜り上げた。やはり上品な味わいが口中に流れる。それは田舎の野性的な旨味を洗い流すかのようだった。

蕎麦湯で余韻を愉しみ食事を終えた。この店の蕎麦はレベルが高い。感動すら覚える蕎麦である。今度は新蕎麦の時期にでも再訪してみよう。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
8月 26日(木) 天鶏蕎麦(丸三)    
やっぱりいつ食べても美味しい。大盛りだと大食漢の私でもかなりお腹が膨れる。ローテーションを組み時々は食べに行かねば。
 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
8月 25日(水) ココスの夕食    
ポテトのチーズ焼みたいなもの、和風きのこ雑炊、ハンバーグ、私のお気に入り料理だが、ハンバーグをおかずにして雑炊をご飯替わりにして食べる。このパターンが絶妙である。
 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
   
8月 24日(火) ウエストハウス(つくば市)のランチメニュー    

ウエストハウスのランチメニューが格安で美味しい。写真は鶏肉料理だが、この他にサラダやスープなども付いて1000円で100円以上の釣りが来る。なので、客も鈴なりの状態でほぼ満席の状態になる。

このランチから中休みなくティータイムが続き、そして夜の部に入る。夜の部もさらに客が増える。

この店はまさしく勝ち組に入るだろう。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
8月 23日(月) 美味いけど化調が少し強いかな?    

ラーメンチェーン店の幸楽苑は、リーズナブルで程々に美味しいので、いつも賑わっているが、久々に出掛けてみてその化学調味料だと思うのだが、その多さに辟易としてしまった。

下館店は昨年だか一昨年にオープンしたのだが、なかなか行く機会がなくこの程初めて入店してみた。午後7時のゴールデンタイムということもあり店内はかなり混み合っていた。

注文したのが早く出てくるのもこのチェーン店の特徴なのだが、スープも味良く出来ていてなかなか美味いのだが、口中に残る後味がいまひとつ芳しくない。

寸胴でグツグツとダシを取っている様子もないので、あらかじめセントラルキッチンにて調理されたスープの素などが、そのような後味の悪さにつながっているのかもしれないと思った。

いずれにせよ、このような格安さを前面に出したチェーン店に専門店の味を求めても、それは酷ということ以外に他ならないだろう。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
8月 22日(日) 那須フィッシングセンター    

涼を求めて遅い夏休みを一日取り、那須方面へ日帰り旅行に出掛けて来た。

第一の目的は渓流釣りである。渓流釣りと言っても、山奥のほうの川へ素人が出掛けてもクマにでも遭遇して怪我でもしてしまったら拉致が開かないので、管理の釣り場とした。

ここには数回来たことがあるが、素人でも比較的簡単にヤマメやイワナが釣れるので、お盆が終わったとはいえ、まだ夏休みの最中であるのでかなり混んでいた。

釣り上げたヤマメやイワナはその場で塩焼きやフライに調理してくれる。また、肉や焼そばのバーベキューなどもいっしょに出来るので、家族連れやグループなどの客に人気がある。

第二の目的は那須の山、茶臼岳を真近で観て涼を味わおうということである。那須の山はいちばん奥までクルマで行くと、ロープウエイが山頂付近まで出ている。まだそれには乗ったことがなかったので初めて乗ってみた。

標高1900m付近まで一気に登るロープウエイから見る下界は壮観な眺めそのものだ。途中、野生の月の輪クマなども見ることができてなかなか面白かった。また気温も23度くらいとクーラーの中に居るような感じで、かなりの涼を求めることができた。

結構有意義な日帰り旅行だった。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
8月 21日(土) ロング使用品    

弊社の包装紙は、もかれこれ30年くらい同じものを使用している。写真のように緑色をした包装紙である。これ以前に黄土色のものを一時期使用していたこともあったが、その後はこの緑色の物で統一している。

主な包むものとしては箱物の乾麺類が中心となるが、時には蕎麦粉の小袋物や天ぷら粉の小袋、そして、生めんの箱物などなど多種多様だ。

包装紙の色やデザインは、その企業の持つイメージにも繋がるので、あまり変えないほうのが良いのかと思い、30年もの長い間統一しているという次第だ。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
8月 20日(金) 回転寿司のうどんも良いものだ!    

浜寿司という回転寿司チェーン店は、手元の画面で食べたいものを注文できるのでたいへん便利だ。会計もその画面上の会計ボタンを押せば店員さんが来てくれて計算してくれる。

実は回転寿司と言えども、目の前の握っている人へ(敢えて職人さんとは呼ばない=回転寿司なので)あれを握って、これを握って・・と声を掛けるのも意外に勇気がいるものだ。そういう煩わしさを払拭できたという点においても、この浜寿司は画期的なシステム運営である。

海老の天ぷら蕎麦や、きつねうどんなどのメニューもあり、私はここへ行く度にそのどちらかを注文している。あら汁やあさりの味噌汁などもあるのだが、むしろ私は寿司とこのような天ぷら蕎麦やきつねうどんのほうのが良く合うと思う。そういえば、「すぎのや」や「坂東太郎」「華屋与兵衛」なども寿司とそれら麺類との組み合わせメニューである。というのも寿司も蕎麦うどんも日本独自の食文化の中で育まれてきたものであるからだ。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
   
8月 19日(木) 揚げ立てのロースカツをカツ丼にしてくれるのが嬉しい    

筑波大学グランド口近くの蕎麦屋さん「砂縞」は、格安メニューを手作り感覚で作ってくれるので、とても美味しくまた嬉しい限りだ。蕎麦うどんとの組み合わせメニューや定食類が多いのも、客の大半は運動部の学生さん達だからだ。

カツ丼のセットなども1000円でたっぷりとお釣りがくる価格設定だし、標題のようにカツが揚げ立てなのがいちばん嬉しい。麺類もモリ、温かい麺、冷やし麺と3種類から選べるのも工夫が凝らされている。

昼夜とも時間帯は日焼けした運動部の学生さんたちで賑わっている。ここの食事でそれぞれのスポーツ界で活躍している選手がいるかもしれない。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
8月 18日(水) 黒豚つけ麺(つくば庵)    

面白く且つ美味しいメニューに脱帽である。汁に特徴がある。ベースは鰹節ダシのそばつゆなのだが、そこへラー油と一味がたっぷりと入っていて、一口飲むとかなりピリッとした辛さが舌の上を張る。麺は蕎麦かうどん、どちらかを選ぶようになっており、その麺の上に茹で黒豚が乗っている。その茹で黒豚とピリ辛汁との相性も抜群である。

東京の新橋のほうに所在する港屋という立ち食いの蕎麦屋さんが、そのような汁で話題となっていたようだが、それを真似たものだろう。

某大手の食材問屋さんがプレゼンしてそちらこちらの店に広めているようだが、いまひとつ元気のない蕎麦屋さん業界にとっては革命的なメニューになるかもしれない。

ともかく、また食べてみたくなる逸品であることに違いはない。

※3枚目の写真が黒豚つけ麺。麺はうどんで。蕎麦でも美味しいと思う。次回は蕎麦で。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
8月 17日(火) 食事会(ごほう・岩瀬本店)    

海鮮類では近隣でもすこぶる評判が良く、いつも賑わっている店だ。この日記でも以前取り上げた下館店とは姉妹店にもなっている。

写真のようなものを注文し、ワイワイガヤガヤ食す。キンキンに冷えているビールも日々の疲れを癒してくれる。

仕事柄、この客の入りだと軽く一日の売り上げも百万円を超えるな・・などと思いながら食べる。大型店にして雰囲気だけに目が行きがちになるが、刺身盛り合わせなどの中トロなども脂の乗り、鮮度など申し分なく、非常にクォリティー的にも洗練された店だ。それがイコール客の入りにも繋がっている。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
 
8月 16日(月) 醤油ネギラーメン(ラーメンショップ椿)    

今年のお盆はかなり忙しかった。第二工場直売所もオープンして9年目に入るが、年末やお盆などの季節的な繁忙期には、倍々ゲーム的に売り上げが伸びてきている。誠に有難い限りである。

さて、お盆の最終日のきょうも結構なお客さんが入った。その合間を縫い、ラーメンショップ椿へ昼食に出掛けて来た。ジャンクっぽい味だが、時々無性に食べたくなるラーメンだ。

外は気温36度の猛暑。そのような中、クーラーの効いた部屋で食す熱いラーメンもなかなか乙なものである。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
8月 15日(日) 華屋与兵衛の寿司と麺のセット(土浦店)    

和食のレストランで寿司や蕎麦もまあまあの味で客も一杯入っている。電車の時間が決まっていたのでハラハラしたが、最初に店員さんに料理が出るまでには40分くらいかかります・・と言われていたので覚悟はしていた。

案の定、確かに40分掛かり料理は出て来た。なので電車を1本遅らすハメになったが、美味しかったので納得した。特にうどんのダシが関西風の薄口タイプで美味しかった。寿司もなかなか良かった。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
8月 14日(土) パリパリジューシーな鶏のから揚げ    
片栗粉でとても良い具合に揚がっている。なので月に1〜2度は必ず行き食べている。そんな近所の食堂のから揚げ定食。850円。
 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
8月 13日(金) 宮崎名物の冷汁定食    

土浦イオン内の五穀という店のメニュー。1134円。鰹のタタキなども付いている。美味しいし、店員さんの応対もキビキビとしているし、競争激しいショッピングモールの中で揉まれ洗練されている。

他には西京焼などの焼き魚類なども豊富で、食欲をそそるメニューも多いので是非とも再訪したいところ。中高年向きの店である。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
 
8月 12日(木) いただきものの鰹節が余ってしまったならば・・・    

私はそれを煮出してダシをつくるようにしている。これをつくっておけば、市販のめんつゆなどをこれで割ると旨さが倍増するし、ダシ巻き玉子などにも使えるし、味噌汁にも使える。要するに、これひとつあればいろいろな料理の元として使用できる。こんなに重宝なことはない。

さらに昆布などがあれば尚更よいのだが、昆布などはそんなに引き出物などとしてはいただくことが少ない。

本日はこれを利用して市販のめんつゆを割りうどんつゆを作り、塩イカとジャガイモの天ぷらも揚げてもらい、さらに乾麺を茹でて天ざるうどんとして食した。

市販のめんつゆだけでも十分に美味しいのだが、このダシを使って割ると、上品な鰹節の香りが麺をすすると同時に鼻孔へ突き抜け、至極満足な食事になること請け合いだ。満足、満足。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
   
8月 10日(火) ラーメンだい友    

以前は街中の真壁高校近くで営業していたが、およそ2年前頃、南椎尾という真壁でも在のほうの地に新しく店を造り新店舗にて営業している。

真壁高校近くの時にはちょくちょく会合の後などに利用させてもらってたが、在のほうに出てからはトンと行く機会が少なくなってしまった。

でも、人間、美味しいものを食べた記憶というものは忘れることはできずに、時々は食べないと気が済まないものでもある。

餃子も然り、タンメンや味噌ラーメンなどなども、麺、汁ともどこへ出しても十分に対抗できる洗練された味を醸し出している。そう考えると真壁などと言う人口密度の少ない商圏規模の小さい街で営業しているのも、もったいないという気がしないでもない。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
8月 8日(日) 横綱手打ちそば・飛島    

常総市にある蕎麦屋さん。大きな街道筋にあり目立っていたので以前から気になっていた。

天ぷら蕎麦900円と天丼1000円を注文。天丼には蕎麦かうどんのミニ丼が付く。店の隅のほうで実際に手打ちをしているので、打ち立ての蕎麦を提供しているようである。

まあまあに出来ている蕎麦で、特に汁の味は良かった。メニューも豊富で、他にもいろいろ食べたいようなメニューがあったので、再訪してみたいところだ。でかい看板があり、よく目立っているのも客の入りに役立っているだろう。

常総市水海道山田町1316−1 元祖横綱手打ちそば・飛島

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
8月 7日(土) 体調を整える    

生の野菜ではないが、近所の食堂の野菜炒め定食は野菜がたっぷりとあり、野菜不足を補うには絶好のメニューでもある。

野菜炒めとはいえ、肉もふんだんに入っているので肉野菜炒めとしてもいいのではないのだろうか・・といつも食べながら思っている。750円とリーズナブルなのも嬉しい。

サービスで出てくるアイスコーヒーを飲んで、元気も100倍アップである!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
8月 6日(金) にしむら蕎麦店のカレー南蛮、天ざる蕎麦うどん    

昼時に来客があったのでにしむら蕎麦店へ出掛けて来た。

いつもは天ざるの蕎麦を注文するのだが、今回はカレー南蛮のうどん、それから、天ざるのうどんも注文してみた。

日清粉の中力粉、「白椿」使用の機械風手打ちうどんの喉越しの滑らかさ、ツルツルシコシコ感、いくらでも入るような食べ易く、しかも、美味しいうどんだった。

あらかじめ茹でておいた茹で置きのうどんではなく、注文を受けてから茹で上げの状態で提供してくれるのも好感がもたれる。

蕎麦もそうではあるが、うどんもやはり、茹で上げがいちばんである。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
8月 5日(木) 夏一番定食    

ネーミングが面白かったので注文してみた。某レストランで。

そうめんを中心に、いなり寿司、かき揚げなどなど、豊富な品構成で見るからに豪勢だ。これで価格も800円台となかなかリーズナブル。

味のほうは特筆すべきものはないが、そうめんの麺はもしかすると揖保の糸か?汁は薄口タイプのめんつゆ使用で、日々の食生活を減塩志向に切り替えている当方にとっては有難いことでもある。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
   
8月 4日(水) 哀愁の肉汁蕎麦    

昔、子供の頃、家庭での食卓に、熱々の肉汁に乾麺のうどんを茹でて冷水で〆たものを付けて食す、いわゆる肉汁うどんを頻繁に食べていたことを思い出す。

昔は今とは違い、売り上げのほとんどは乾麺で、弊社もその頃は近所では、「うどん屋」とよく言われていた。食べさせる店のうどん屋ではなく、製造所としてのうどん屋である。

現在は乾麺も夏場は若干は製造はしているが、売り上げの大半は蕎麦粉製粉のほうで、時の移ろいというものを感じるものでもある。

そんな以前によく食べていた肉汁の麺が食べたくなり、そうなるとそのメニューそのものがある山田のうどんに行かざるを得ない状況となってしまった。人間、食べたい欲求というものも抑えきれないことがある。

山田のうどんのそれは、麺こそ伸びていてイマイチではあるが、肉汁のほうが昔、家で食べていた味によく似ていて、とても郷愁をそそられる食事となったことは言うまでもない。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
8月 3日(火) 焼うどんならぬ焼冷麦    

暑いときの昼ご飯などは、素麺や冷麦などが涼感たっぷりで嬉しい。ところが、たくさん茹で過ぎてしまった時などは、その処分に困ることがある。捨てるわけにもいかず、かと言って夜にまた食べようとすればフニャフニャの腰抜けになってしまい美味しくない。

そのような時などは、焼うどんのごとくその余った冷麦を使い、焼冷麦などにすることをお勧めしたい。作り方は焼うどんと同じである。味付けはめんつゆなどを使用した和風仕上げのほうがいいだろう。

酒のつまみにもなるし、ご飯の代わりの主食としてもいける。焼そばはソース仕立てだが、この焼冷麦は焼そばと同じような感覚で食べ易く、しかも醤油仕立てなので意外にさっぱりとしたその食感に病み付きになるだろう。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
8月 2日(月) 内麦小麦のモチモチ麺がたまらない美味しさ    

近くの麺ズクラブというラーメンチェーン店の強麺というつけ麺メニューがたまらない美味しさだ。

大盛りや特盛りといったボリュームのアクセントもきいているし、付け汁も辛味噌やにんにくおろしも皿の脇のほうに最初から盛られていて、なかなかに工夫されている。

麺はモチモチ感たっぷりだし汁もとても味良くできている。チャーハンなども平日はサービスで提供される。

そちらこちら、いろいろなところに工夫が施されていてとても頑張っている店だと思う。なのでいつも昼時などは満席のようである。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
8月 1日(日) あまりに暑いので    

あまりに暑いので湯楽の里という日帰り温泉施設へ出掛けて来た。サウナに入るためである。いや、実はサウナの後の水風呂が気持ち良いので、サウナというよりは水風呂目当てだ。

ここの施設はとても綺麗になっていて清潔なので心地よい。そしてまた、施設内のレストランの食べ物も美味しいので、たま〜に出掛けて英気を養っている。

汗をたっぷりかいて、その熱りを水風呂で冷やし、その後は食事処でキンキンに冷えた生中を煽り、〆に麺類。本日は海老天おろしうどん。至福のひと時を過ごし、また明日からの1週間を乗り切る積もりである!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
  TOP
カレンダー
2010年 8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 前月   翌月 
過去の記事
 2010年07月 
 2010年06月 
 2010年05月 
 2010年04月 
 2010年03月 
 2010年02月 
 2010年01月 
 2009年12月 
 2009年11月 
 2009年10月 
 2009年09月 
 2009年08月 
 2009年07月 
 2009年06月 
 2009年05月 
 2009年04月 
 2009年03月 
 2009年02月 
 2009年01月 
 
 
 
 
 
プロフィール
【名前】 柿沼 勝雄
【血液型】 A型
【星座】 いて座
【趣味】 野球・仕事
【性格】 まじめ・頑固
【好物】 麺類・イカの塩辛
 
 
 
 
こt