6月 30日(水) 明野アグリショップ内の蕎麦屋さん    

いろいろやっていたなら昼食時間が遅くなってしまい、2時を回ってしまった。こうなると近くの店は中休みになってしまうことも多く、隣町のここへ出掛けてみた。ここは中休みもなく、むしろ、12時から1時の間は行列ができるほどに混んでいるので、このように遅い時間帯のほうのが都合が良い。

かけ天蕎麦(天ぷら別盛りのかけ蕎麦)750円を注文。この店の蕎麦は、蕎麦粉も自家製粉で鮮度も良いし、汁も昆布だしまろやかに味良くできているので美味しい。弊社からはつなぎの小麦粉と打ち粉、それから先方で買い付けた玄蕎麦の磨き精選を行い届けている。

尚、話変わり宣伝ではないが、きょうTV東京の人が来社して弊社の石臼、その他諸々、撮影していき、7月2日(金)16時からの番組で近くの鴨亭という店との絡みで少し放映されるという。聞いたら、時間は数十秒かもしれないうというので甚だ残念ではあるが、ご興味のある方は、その時間帯テレビに見入ってくだされば弊社の様子も放映されます。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月 29日(火) 冷やし塩ラーメン    

武蔵村山市(東京都)まで配達に出掛けたので、途中、圏央道のPA内の店で購入してみた。

見た目同様良く冷えていて、とても食べ易くて美味しかった。今から10年前ではこのような商品は考えられなかったが、技術の進歩、進化というものは恐ろしいものである。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月 28日(月) 乾麺の試食検査    

乾麺などもその季節の到来で活発に動き出してきているが、時々は製品の官能検査もしなければならない。

いちばん多いクレームは、茹でている時に短くなってしまうということであるが、これは急激に乾燥させてしまうとそのような状態になることが多い。

蕎麦粉もそうではあるが、これからの夏場はとにかく1年のうちでもいちばん製品の出来具合には気を付けないといけない季節でもある。

自社製品も蕎麦粉も含めてどんどん試食してみて安全性を確認していかないといけない!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月 27日(日) 蕎麦と寿司を一緒に食べたいと思ったら    

迷わずここへ行く。坂東太郎。蕎麦も寿司もまぁまぁ良い味に出来ているからだ。

土日のゴールデンタイムなどに行くと行列ができていることが多いが、どこの支店も大型店舗なので比較的回転率も早い。

ばんどう御膳なる2000円くらいのメニューを注文してみたが、写真のようなとても豪勢なものでとても満足のいくメニューだった。蕎麦も香りこそ少なかれ、喉越しは良かった。

寿司も寿司専門店ではないのであまり高望みしてもいけないが、結構な味であった。ここ十年くらいの間に、このような蕎麦寿司の大型店が乱立してきているが、個人店舗は大型店とは違った角度で勝負していかないと厳しいかもしれないと感じた次第である。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月 26日(土) たぬき蕎麦(佐野SA)    

小腹が空いたので高速道路のSAに入ってみた。東北道の佐野なので佐野ラーメンが有名ではあるが、あえて蕎麦を食べてみた。

最近よく思うのだが、このような高速道路のSA、PAなどの立ち食いや駅構内の立ち食いなどの蕎麦がとても味がよくなってきている。種物なので汁と一緒にかき込むからなのかもしれないが、ほとんどの蕎麦が味良くなってきているのは確かである。

冷凍麺使用が多いが、そのような冷凍麺の製造技術も見違える程に進歩しているものと思われる。近いうちに高速道路のSAなどでも蕎麦の専門店などもできてくるような話も聞いている。それほどまでに蕎麦は魅力的な商材なのかもしれない。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月 25日(金) 本格派の味噌ラーメン    

店名は忘れてしまったが、宇都宮市内で入ったラーメン店の味噌ラーメンがとても美味しかった。もっとも、その店は味噌ラーメン専門店のようだったので当たり前と言えば当たり前なのだが・・。

いくらか太めの麺に、いろんなダシの効いた深みのある味噌スープが絶妙だった。それこそ、札幌のススキノあたりで食べる本場の味そのものだった。併せて注文した半ライスとの組み合わせで満足のいく昼食だった。

店名は覚えていないが、場所は覚えているので、また向こうのほうへ出掛けた時に再訪してみたいと思う。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月 24日(木) 弊社の冷やし中華(乾麺)    

暑いので弊社の冷やし中華を食べてみた。乾麺特有のコシ、喉越し、ツルツル感、とても美味しかった。麺もほんのりとかん水特有の風味が絶妙で、汁も吟味して選んだので、我ながらとても良く出来ている製品だと思う。

通販、第二工場直売所等でお手元に入るので、暑い時の昼食時などに是非!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月 23日(水) カレー南蛮、鴨せいろ蕎麦(にしむら)    

埼玉の営業マンとにしむら蕎麦店へ昼食に。早速、サービス品の一品が出てきた。これが思いの外、結構美味しい。

メインはカレー南蛮蕎麦(営業マン)、鴨せいろ蕎麦(私)を注文。カレー南蛮を少し味見させてもらったが、なかなか良い味をしていた。それから、鴨せいろはきょうは特に蕎麦がコシがあり、とても良かった。

固形燃料使用で汁が冷めないのはひとつのアイデアでもある。特に冬場には尚更良いであろう。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
 
6月 22日(火) 十割蕎麦の店    

昼過ぎにここの店の前を通ったので昼食とした。十割蕎麦の専門店で過去にも何回か入ったことがあるが、とても食べ易い十割蕎麦だったと記憶している。

おそらくここの主人の蕎麦打ちの腕前は、相当なものだろうと思えるほどに食べ易くつながっている十割蕎麦だ。6月も20日過ぎになると蕎麦粉の質も落ちてなかなかよくつながらないことが多いのだが、この店はどれも20センチ以上長さのある十割蕎麦で、最後にせいろの上に切れ端が残ることもない。

暖簾も出ておらず営業中の看板がぶら下がっているだけなので、どうぞ分かる方だけお出でになってください・・というような営業姿勢にも好感が持たれる。欲を言えば汁にもう少しダシの旨味が出ていると尚更よいとは思うのだが、十分にレベルの高い店でもある。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月 21日(月) 冷やし坦々麺    

ココス続きでたいへん申し訳ないが、どうも最近行く機会が多い。以前はラーメンやうどんなどのメニューも揃えてある時期もあったが、現在は期間限定などのメニューでしかないようである。

冷やし坦々麺なるものがあったので食べてみた。麺にコシがあり、味付けは子供さんも食べるためだろうか、甘めに味付けしてあった。全体としては合格点というと語弊はあるが、よく出来ていると思う。この麺のコシは秀逸でとてもよかった。

これだけでもお腹一杯にならなかったので、テレビCMで放映中のハンバーグも注文してみた。こちらは牛肉100%のミンチ肉が特徴的で美味しかった。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月 20日(日) 朝カレー、朝焼そば、朝そうめん    

ココスが週末は682円にてバイキング方式の朝食となっているので、最近は利用することも多い。トースト1枚にコーヒーで十分という朝食の人たちにとってはあまりメリットがないが、たくさん食べる人たちにとってはメリットが多い。

そこできょうは、ありきたりの麺類を中心に、朝カレーといった具合にたっぷりの朝食を摂ってきた。カレーは野菜中心でいくらかスープ風に作ってあり胃に優しい感じだ。そうめんはまぁ至って普通。焼そばは塩焼そばで味薄めで私好みの味付けだ。

これだけ食べて682円とは嬉しい限りである。他にもサラダ、スープ、ドリンクバー、他いろいろ合わせて全部で30品〜50品くらいの種類が置いてある。パンも4〜5種類ある。ここの朝食はとてもお勧めである。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月 19日(土) 週末は・・・    

ここのところ週末は丸三に行くことが多い。理由などは特にあるわけではないが、たまたまである。先週はカレー蕎麦を食べた。今週は天鶏蕎麦である。たいがい、いつも大盛りにする。もちろんきょうもだ。

理由などなくここの蕎麦は食欲ないときでも、美味しく食べることができる。でも最近は汁は半分くらい残すようにしている。

午後も石臼の見回り管理に気を取られそうである。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月 18日(金) 精を付けるために    

つゆに入り、いよいよ高温多湿になってきた。原料管理はある程度自信があるので、挽いているムキ実の品質はとても良いのだが、何せ環境が良くない。こうも温度と湿度が高くてはなかなか良い挽きっぷりというわけにはいかない。

少しでも挽けがおかしいな、、と思ったら石臼を止めて、上下の臼を開けて簡易式目立てをしないといけない。だから、自然と効率は上がらない。夜間の気温の下がった時間帯や早朝の時間帯を上手に利用しないといけない。

そんなことである程度夏場は、根気と体力が必要となってくる。ニラレバ炒めでも食べて精を付けるしかない。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月 17日(木) ドライカレーのような物    

とあることでココスで食事をすることになったのだが、食欲もあまり出ずに食べたいものもなかったので、メニューの後ろのほうに載っていたドライカレーのような物を注文してみた。

メニュー名は忘れたが、ドライカレーの上に鶏のから揚げと目玉焼きが乗っていて、かなりスパイシーな味がした。おそらくこれは東南アジアのほうでの人気のあるメニューのようだったと思う。

ときどきはこのような物も食べてみて味覚を磨かないといけないのかもしれない。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月 16日(水) かやぶき亭(桜川市岩瀬)    

岩瀬から益子へ抜ける街道から脇のほうへ入った山間に位置している。周りはのどかな山の麓といったところである。

立地的にはあまりよくないが、街道には大きな看板が出ているので、その看板のとおりにクルマを走らせれば辿り着く。

各種セット物が豊富だが、今回は天丼のセットを注文してみた。1890円と価格は張るが内容が充実していて納得もいく。

蕎麦は地粉を使用していてどちらと言うと田舎系だ。香りは強い。つゆも蕎麦の味に負けないようにしっかりとダシ、濃さも取ってある。

風光明媚なロケーションの中、かやぶき家屋の店内で手繰り寄せる蕎麦は、日々の疲れを癒してくれるというものである。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月 15日(火) 安楽亭    

同じようなチェーン店の宝島よりは、若干こちらのほうのが肉質は劣るだろうか?でも、店内は若い人たちで賑わっていた。格安さがウケているのだろう。

ところが特上の肉を注文すると差ほど悪くもない。ただ私は、コムタンスープとライスさえあればもう十分である。ここのコムタンスープは濃厚でとても美味しかった。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
   
6月 14日(月) 坂東太郎の味噌煮込みうどん    

固形燃料付きで熱々の状態を保ったまま食べ進むことができる。基本は冬場の商品だろうが、夏でもこのメニューはある。ここの看板メニューだからである。

八丁味噌を使用してあり、それがうどんとよく絡む。半ライスなども一緒に注文すると尚更よいだろう。

ともかく、暑い中フハフハしながらこれを食べて元気を出したいものである!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月 13日(日) 丸三のカレー蕎麦    

カレー蕎麦の大盛り550円を食べに行く。

昔、私の小学生時代にここのご子息さんと同じクラスで、そのご子息さんが足を骨折してしまい、長期間学校を休んでいる時に、みんなで代わる代わる勉強を教えに来た時があった。

そのお礼に帰りがけ、ここのカレー蕎麦をご馳走になった時があった。その時はそのスパイシーな辛さに我慢しながらよくやく食べたという記憶が残っているが、今はそのスパイシーな辛さが何とも心地よい。

やっぱり、カレー蕎麦なら丸三である。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月 12日(土) 乾麺の季節到来    

6月も早10日も過ぎて、いよいよ初夏ともなり乾麺の季節がやってきた。食べてもコリコリと喉越しさわやかで美味しいし、これからのお中元や盆の引き出物にもちょうどよい。

弊社の起源は乾麺の製造でもあるので根強いファンもそれなりにいる。乾麺の作業場は第一工場内にあるが、昔ながらの手作り感覚でコツコツと麺を製造している。

第二工場直売所には弊社の乾麺製品が陳列されてるので是非ともご参照いただきたい。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月 11日(金) 豊富なセット物    

近くのつくば庵のセット物の商品。格安で美味しい。外食不況でどこの蕎麦屋さんも集客には苦労しているが、このような格安商品で客を引っ張る手立てにもしたいところ。

鶏のから揚げのセットを注文したが、蕎麦も定食も美味しい。弊社からは石臼挽きの特上物の次のクラスを蕎麦粉を納品している。自家製麺で出来たての蕎麦を提供している。

写真をクリックするとセット物の詳細が見えますので参考までに。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月 10日(木) 困った時は・・。    

時間がない時、でも美味しい昼ご飯を食べたいときは、いつも近所の食堂で済ますことが多い。常連さんしか来ない店なのでそんなに混まない。時間が読める。

そこではいろいろなパータンの品を注文するが、この鶏唐揚げ定食もそのひとつ。サクサクのカラッと揚がった鶏唐揚げが絶妙な味を醸し出している。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月 9日(水) 美味しいセット物    

すぎのやのセット物の昼食。きのこ蕎麦とミニ天丼。1000円をいくらか超えるが、お腹も膨れるし、特にきのこ蕎麦が美味しかった。

きのこのダシが効いていて、油揚げも入っていて、その旨味成分のダシをよく吸っていた。チェーン店だけれどとてもよく研究されていると思う。集客力もかなりあるので街中店もより以上頑張らないといけない。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月 8日(火) ネギラーメンとモツセット(ラーメンショップ椿)    

950円のセット物。ここラーメンショップのラーメンは家系風で私の好みの味付けだ。ネギラーメンを注文すると、シャキシャキとしたネギがタレに絡まりたくさん乗っかっているので、実際はあんまりヘルシーではないのだが、そのように思えるのでいつもネギラーメンを注文する。

モツ煮はピリ辛風でご飯がすすむ。備え付けの沢庵で旨さ倍増だ。

とても良い昼食タイムだった。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月 7日(月) ステーキが食べたい!    

久々にステーキが食べたくなったので宮ステーキに食べに行ってきた。サーロインの240グラム。ミディアムを熱いうちに食べるとこのステーキはとても美味しい。

スープバーのスープも美味いし、ドリンクバーも種類豊富で何から飲んでいいのか迷う。ここつくば店はリニューアルオープン間もないようで、店員さんの接客もとても良い感じだった。それから、スープバーのスープの種類も3種類から5種類に増えたのも嬉しい。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月 6日(日) らーめん和(のどか)旧協和町    

とても良い店名だ。店主のセンスの良さがうかかえる。

期待していた味のほうもとても良い味で、店名と同じように素晴らしいセンスをしている。和風のすっきりとした煮干し系のダシが効いていて、麺との相性も抜群。丁寧な仕事振りがそこには垣間見ることができる。餃子も大振りで肉汁たっぷりでGOOD。近くのこうりゅうの餃子に勝るとも劣らない餃子だ。

まだまだ客は少ないようだが、この味なら自然と客も増えてきそうだ。オープン間もないが、久々に良いラーメン店が近くにできて嬉しい限りである。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月 5日(土) ココスの夕食    

土曜日なので外食に出掛けた。行先はあまり気乗りしないココス。しかし、多数決で決定したならそれに従わないといけない。日本は民主主義国家である。

さて、注文したものは和風きのこ雑炊にココスのウリのひとつであるハンバーグ。雑炊はサッポロ一番塩ラーメンのスープの中にご飯が入っているような味付けで、これはこれでなかなか美味しかった。ハンバーグもウリのようなのでこれもなかなかの一品だ。もう少し生の場合の肉を焼く鉄板部分が熱ければもっとよかったのだが、、。

まぁともかくいずれにせよ、ワイワイガヤガヤ賑やかに食す晩御飯は楽しいものである!

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月 4日(金) アルコールを注文するとサッと出てくる    

ビールを注文したらすぐに揚げ蕎麦と蕎麦味噌のお通しが出てきた。そのフットワークの軽さが嬉しい。蕎麦味噌=日本酒といきたいところだが、私は日本酒は飲めない。

メインで注文したカレー南蛮の蕎麦も、その汁が素晴らしく美味しい。これのうどんはもっと美味しいような気がした。

店の内装もとても重厚で落ち着いた雰囲気だ。そのようななかでの食事は、まさしく憩いのひと時だ。店の名は、そば坊つくば店である。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
   
6月 3日(木) セット物が充実しているにしむら蕎麦店    

昨日の水曜日は同級生の取引先の営業マンが来る日だったので、情報交換をしようと思い近くのにしむら蕎麦店に昼食に出掛けた。

私はいつもの天ざる蕎麦を注文して、彼はおろし蕎麦の大盛りを注文した。いつもこの店は味がまとまっていてとても美味しいのだが、特に昨日は蕎麦にコシがありいつも以上に美味しかった。

話は変わるが、この店は近所のつくば庵と同じくセット物がとても充実していて、こちらもかなりの人気があるようだ。ネギトロ丼と蕎麦とのセットや鰻とのセット、そしてまた、鯖の味噌煮や鯖塩焼きとのセット、もちろん、カツ丼や天丼とのセットもある。(詳しくは写真をクリック)

また、ちょい呑みにも嬉しいメニュー(こちらも写真をクリック)があり、いろんな面で工夫をしていて頑張っているので時々は出掛けてその味を堪能している。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
   
6月 2日(水) 壱番亭のあっさり中華そば    

壱番亭のあっさり中華そばがとても美味しかった。ここの普通の醤油ラーメンも悪くはないのだけど、脂が多いのが以前から気にはなっていた。そこで、メニューをよく見ていたら、あっさり味の中華そばがあったので初めて注文してみた。

これがメニューどおりのあっさり味で、煮干し味の和風だしで私の好きな味だった。麺も細めの縮れ麺で、硬めに茹でてあり、食べ進むうちに程良い硬さとなりこれもなかなかの熟練の技であった。

ついでに注文した餃子もあっさり味で、ラーメン同様とても美味しかった。そんなことで店内はとても混んでいて活気があったのはいうまでもない。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
6月 1日(火) ココスの夕食    

あまり行きたいわけではないが、どうしてもお付き合いなどで行かねばならない時もある。そのような時は、メニューをよく見て本当に食べたい物だけを注文して食べる。全部食べられる訳ではないので、残ったものはみんなで分け合いながら食べ合う。

そんなことで今回は、鰹のタタキ丼。海鮮スープスパゲティ。鶏肉のガーリック焼。この3品を注文した。みんなそれぞれ味も良く、特にスープスパゲティのスープの酸味が何とも言えず素晴らしかった。

小まめにメニューを観察してみると、今までは見えなかった面白いメニューがここココスにもあるのが分かった。これでファミレス苦手も少しは解消できたかもしれない。また出掛けてみたいと思う。

 
(写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。)
  TOP
カレンダー
2010年 6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
 前月   翌月 
過去の記事
 2010年05月 
 2010年04月 
 2010年03月 
 2010年02月 
 2010年01月 
 2009年12月 
 2009年11月 
 2009年10月 
 2009年09月 
 2009年08月 
 2009年07月 
 2009年06月 
 2009年05月 
 2009年04月 
 2009年03月 
 2009年02月 
 2009年01月 
 
 
 
 
 
プロフィール
【名前】 柿沼 勝雄
【血液型】 A型
【星座】 いて座
【趣味】 野球・仕事
【性格】 まじめ・頑固
【好物】 麺類・イカの塩辛
 
 
 
 
こt