8月 27日(水) 日記再開    

さて、7月の13日を境にして、この店長日記もすっかりご無沙汰の状態だったが、またボチボチ再開しようと考えている。

この約40日間、兎にも角にも忙しい日々の連続と、異常なほどの高温多湿で、なんとか粉挽き、その他の業務も無事にこなせてホッとしたというのが本音である。まだまだ暑い日もあろうとは思うが、とりあえずここ2〜3日はすっかり秋めいた陽気ともなってきた。(単なる曇りや雨の日が多いだけというのもあろうが)

ただ、7月の終わりから8月の初旬にかけて、日中の気温がここ茨城県西部でも35〜6度を指した時があった。そのような時はもちろん工場内部も優に30度を超えているわけなのである。いくら良い粉を石臼で挽こうとしても、そのような時は良い粉など挽けるハズもない。そこで夜間に粉挽き業務を行なうわけなのだが、そのように日中異常なほどの暑さのなかでは、夜間もあまり気温は下がらない。ロール挽きの粉ならまだしも、石臼の粉ではそのような時は、外側の甘皮の部分が挽けず(切れが悪い)、石臼から出てくる粉は、打粉のような白いサラサラとした粉。

自分でもまったく納得などいく筈もなく、いっそのこと、第一、第二工場ともども、石臼粉は生産もストップしようなどとも考えたものである。そのような時に、若干の繋がりの悪い蕎麦粉、品質の悪い蕎麦粉が納品されてしまったお客様には、この場をお借りしてお詫び申し上げます。異常な程の高温多湿な気象条件がそうさせたのであって、原料を落としただとか、手を抜いただとか、いい加減な仕事をしたなどということではないことを、ご理解いただけたなら・・と考えることでもある。

さあ、そのような中、特に挽けの悪かった石臼の目立て交換、そして、これは石臼ではないが、第一工場の10台のロール製粉機の交換、メンテナンス(これは月に1台ずつ交換していくので、来年の5月までかかる大プロジェクトなのだが)などなど先週、無事終了し、カキヌマセイフンでは、常に前向きに良い蕎麦粉を挽きたいと考えている所存ですので、今後ともご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

1枚目・・束の間の晴れ間の筑波山です。

 
HOME  TOP
カレンダー
2008年 8月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 前月   翌月 
過去の記事
  2008年07月
  2008年06月
  2008年05月
  2008年04月
  2008年03月
  2008年02月
  2008年01月
  2007年12月
  2007年11月
  2007年10月
  2007年09月
  2007年08月
  2007年07月
  2007年06月
  2007年05月
  2007年04月
  2007年03月
  2007年02月
  2007年01月
  2006年12月
  2006年11月
  2006年10月
  2006年09月
  2006年08月
  2006年07月
  2006年06月
  2006年05月
  2006年04月
  2006年03月
  2006年02月
  2006年01月
 
 
プロフィール
【名前】 柿沼 勝雄
【血液型】 A型
【星座】 いて座
【趣味】 野球・仕事
【性格】 まじめ・頑固
【好物】 麺類・イカの塩辛